FC2ブログ

レイアウト製作 ~第1本線 Aブロック側中間駅の線路敷設(1)~

Byがおう☆

寒くなってきましたねぇ~
寝る前作業も暖房を付けないと、”部屋に戻る→ベッドに一直線→そのまま寝る”になってきて、夜な夜な作業も続かなくなってます(笑)

そうも言ってられないので、昨日はちょっと暖房を付けて頑張りました。

中間駅の路盤も固定したので、コルクシート貼り付けと線路敷設を少し始めました。

第1本線 (53)-1

コルクシートを貼っている途中は画像を撮り損ねました(笑)
それだけ短時間集中でやってます。

画像のカーブポイントと次の中型ポイントは、ジョイナーで繋いで事前にハンダ流しで連結しています。
そこに本線のカーブを延長してきて、さらにその本線のフレキシブルレールとジョイナー部ハンダ流しで合体させたところです。
まだ固定をせず、浮いた状態でジョイナー部の枕木空白部に補助枕木をレールに接着して継ぎ目を消しています。
きれいに枕木が並んでいるでしょう?


第1本線 (53)-2

ポイント群のコルクシート部です。
サーボ固定枠の分を避けつつ、周りをコルクシートで埋めています。
構内のポイント部は、バラスト節約もありますが、ダミーのポイントモーターも横に付けるので、敷地を出来るだけフラットにしています。

フログ補助給電の配線は、真下に穴を開けて逃がせば綺麗で良いのですが、実はこの下は路盤を支える大事なベースがあります。
そこでそれを避けられる位置まで、配線を横に逃がして安全圏から下に逃がしています。
画像左側のフログ補助給電線は、線路を外まで越えるところまでコルクシートの溝を這って、まだ開けていませんが穴を通して下に逃がします。


第1本線 (53)-3

先程のジョイナー部は〇で囲った位置です。
きれいに枕木が続いているように見えます。

画像奥のY字ポイントは、絶縁ジョイナーで繋ぎますので、そこの補助枕木は付けてありません。
絶縁ジョイナーは太いので、補助枕木が入りにくいんです。
そこで絶縁ジョイナーのところは、設置固定後に外したフレキの枕木を3分割にして植え付ける予定です。


第1本線 (53)-4

ゴム系ボンドをコルクシートに塗って、画像の範囲は一気に固定しました。

当たり前の事ですが、主本線は分岐直線側になるようにしています。
定位側です。

鉄道模型レイアウトでは、全体のスペースやプランの問題で、ポイント分岐側を主本線にしているものも見られますが、本来それでは分岐部で大きな通過速度制限を受ける筈です。
駅を通過するのに、分岐カーブを減速もせずに走り抜けるのって変でしょう?
意外にそういうものを、出来るだけ正規に配置するだけで実感度が上がり、違和感が少なくなりますよ。

私もプラン作成時には悩みましたが、PECOを使う事でこれらを解消しています(^-^)
これからレイアウトを作ろうかと思う方はぜひ参考に・・・
もちろん走行性に関しても、たとえ鉄道模型でも安定する筈です。


第1本線 (53)-5

路盤下の部分です。
路盤を支える事が重要ですので、最低限でサーボの交換が出来るスペースを捻出しています。

先述したように、サーボ優先で欠き取りを作ったので、フログ補助給電線は少し避ける事が必要なんです。
サーボとフログ補助給電線が離れるので、バックヤード側で配線に札を付けた方が良いですね。


第1本線 (53)-6

フレキ側です。
フレキシブルレール下には1mm角棒を挟んで、カントを作ってあります。

右の線路はまだ延長前ですが、左も同じようにカーブ途中で途切れてました。
途切れている先から、新しいフレキシブルレールを真っすぐで良いのでジョイナーで繋いで、そのジョイナー外側にはんだを流して固定します。
それから任意のカーブに曲げると”カックン接続”にならずにきれいなカーブを描けます。

PECO#55レールは事前に曲げた状態で保持も出来ます。
でも、その形でジョイナーを通すより、カーブの仕上がりは直線で繋いでから曲げる方が自然な連続の曲線になります。
一部には、事前にある程度曲げておかないと、フレキ接続がしにくい場所もありますが、カーブさせてから継いだ場合では、施工結果から見ると、カックンでは無いけれど、少し継ぎに曲率の変化が出てきます。
これは私の体験談です(^-^)

昨夜の作業はここまでです。
続きは休日に・・・(^^)/


関連記事
スポンサーサイト



Comments 6

There are no comments yet.

Gut  

こんばんは。
仰るとおりポイントの使い方は実物を意識するというのはうなずけます。
分岐側って模型の世界では緩やかなカーブですけど、本物は凄い急カーブになってますもんね。
そこをスピード出してぐねぐね通過する姿はちょっと興ざめです。
模型の世界でも脱線のリスクが上がるのでポイントの使い方はよく考えた方がいいです。

2019/11/22 (Fri) 20:57 | EDIT | REPLY |   

nari-masa  

カーブポイント

がおう☆さん お早うございます。
カーブポイントって駅構内の有効長稼ぎに便利なアイテムですね。
補助枕木のお蔭で2つのポイントが違和感なくつながっていて、こういうちょっとした手間がリアル感を出しています。
日本製の模型のポイントってシステム線路に組み込む関係で分岐側(反位側)が一定の曲率の円になっていることが多いですが、PECOは実物と同様に出口側が直線に近くなっているんですね。
この辺もリアルな線路配置には大切なポイント(^^)ですね。

FCIA指令は1532
EF15、EF53?
やはり季節的にDD15とかDE15でしょうか。
先日EXCIA指令もDD15を指令しておりましたね。

2019/11/23 (Sat) 07:49 | EDIT | REPLY |   

トータン  

カックン接続

我が家のレイアウトは至る所カックン接続です 走行には問題ないのですが景観が悪いです 事前に曲げ癖付けているつもりですが経年でカックンになった部分が殆どなんです 線路が落ち着くまでに相当の期間が掛かるようです これも私の経験からですが バラストで固定した後でも成ってしまいます これだけの仕上がりになっているので特にカックン接続になるのが勿体ないので接続部分周辺には犬釘部分に瞬着を垂らしてやるように・・・・・ただし効果のほどはまだ判りませんけれどね~
最近はポイントの動きも確実性がなくなってしまい切り替えたのにタングレールが半開き状態だったりで辟易感たっぷりなんですよ(^^;

2019/11/23 (Sat) 08:20 | EDIT | REPLY |   

がおう☆  

Re: ポイントの使い方

Gutさん、こんにちはです。

私も偉そうに言ってる感じですが、プランを作成している時に何度も悩んだ部分でした。
雑誌などのプランでも分岐側を主本線としている例も多いですし、広さという制約の中で希望を実現しようとすると仕方がない部分もあろうかと思います。
でもPECOと出会ってからは、分岐距離が延びるとか言いますが、実際はそれほど影響が無く、逆に自由な発想を実現できることになりました。
ちょっとしたことなんですが、通過列車はまっすぐに分岐を渡ってくるというのを再現するだけで、印象は変わってきますね。
PECOの分岐は、分岐側も直線ではあるのですが、それでもそこを主本線にすると変な感じは拭えません。
日本のメーカーのように分岐側が決められた曲線では尚更ということになりますね。

2019/11/23 (Sat) 10:49 | EDIT | REPLY |   

がおう☆  

Re: カーブポイント

nari-masaさん、こんにちはです。

TOMIXと違ってコンパクトで半径も大きなものですから、気が付かない人も居るかも知れませんね。
このカーブポイントの存在が、主本線側を定位側にするのに大きく役立っています。
あと副本線の入口のY字ですね。
これらの組み合わせで少し斜めに構内に入っていきたい構想を実現しています。
だいぶ組み合わせは試行錯誤しました。
PECOのポイントは形と共に多種な分岐を提供してくれているのが大きいですね。
分岐先もおっしゃられるように直線ですから、実物と遜色のないポイントと言えます。
もともとシステマチックな組線路という概念がありませんからね。

DD15・DE15、雪の季節ですね。うちにはDD53のラッセル装備がありますね。単機でも運転できるようになってますけれど(笑)
EF53、なんとか出してほしい機関車です。KATOさんお願いします!

2019/11/23 (Sat) 11:08 | EDIT | REPLY |   

がおう☆  

Re: カックン接続

トータンさん、こんにちはです。

フレキシブルレールの戻ろうとする力は、すごく大きいですね。
もともと真っすぐになって無いとダメなところですが、それを曲げて使うわけですから、当然と言えば当然なんですが・・・(^-^;
とくに「カックン接続」になるつなぎ部分は、一番の負荷がかかる部分でしょう。
最初は私も曲げ癖などで対処しましたが、やはり戻ってきますね。
このはんだ付け後の曲げ工程が一番手っ取り早くて安全確実です。
カーブで継ぎを作らないというのは、超小型のものを除いて、ほぼどういうプランでも無理じゃないですか?
私のプランのネックは、分割台枠のところに2か所カーブ部分がある事です。
ひとつは、接着剤大量塗布で抑え込んでいますが、これは後々に改良しないとならないでしょうね。
もうひとつは、これからの部分ですが、そこで改良型の施工を編み出そうと思っています。

2019/11/23 (Sat) 11:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply