Nゲージレイアウト製作 ~第1本線の基礎建設(20)~

Byがおう☆

第2本線を跨ぐコンクリート跨線橋の製作の続きです。


第1本線 (58)-9

第1本線の跨線橋前後に、25mm厚の線路面ベースを固定しました。
これで25mm×2となり、高さが50mmになります。

PC跨線橋が載るところは、20mm厚を設置して4mmベニヤを受けられるようにしてあります。
1mmの差は、プラ板で調整をします。


第1本線 (58)-10

レイアウト内側の方から。
こっちは1直線にしてましたが、向こう側と同じく段違いにするために、三角にベニヤを切って付け足しました。

でも左側は少し余分に思ったので、再び除去しています。


第1本線 (58)-11

一番見えるレイアウト外側です。
ここは線路間が27mmに戻ろうとする途中で徐々に狭くなっており、10mm厚そのままでは設置が出来ないので、5mm厚まで奥から線路間に合わせて削いでいます。


ここまでは作業中だったのですが、前回の記事でぼち吉鉄道さんより、10mm厚はスケール的に太くない?とご指摘を受けておりました。
自分自身でも実のところ、実物換算1m50cmは太いと感じていて、「来たか!」と思いましたね。
でもレイアウト内側の出口側が、グッと線路間が広がっていくので、これでも良いかと感じていました。

しかし・・・


第1本線 (59)-1

引っ剥がしました(笑)
やっぱり太いですわ(^-^;

それに中央以外のところは、GMの水平橋脚を使うつもりでしたが、このパーツの合いが非常によろしくない。
隙間を埋める作業などを考えると、無理に使う必要も無いので、ここもスチレンボードから作る事に・・・
であれば、10mm厚にした根拠も無くなるので、やり直した訳です。

うん、自分でも気になってるところに、ナイスなツッコミ!(爆)


第1本線 (59)-2

再度5mm厚のスチレンボードに、マーキングして窓を開けました。
2枚を接着しないのであれば、曲げにも対応出来るので、余計な手間も減っています。
合わせ目の無く、接着剤も無いので、抜き作業も楽にいきました。


第1本線 (59)-3

早速、ベニヤ天板に接着!!!
剥がした後は、ヤスリで出来るだけ平らにしてあります。

さて、どうかな?現場に置いてみましょう(^^)

第1本線 (59)-4

第1本線 (59)-5

レイアウト内側の方です。
5mm厚の方が、違和感が無いですね。


第1本線 (59)-6

第1本線 (59)-7

レイアウト外側の方です。
線路間も余計な事はせず、そのままで行けますから、自然な感じに見えます。

やり直しは正解でした(^-^;


第1本線 (59)-8

上からはこんな感じです。

ぼち吉鉄道さん、するどいツッコミありがとうございました!!!(笑)
おかげで良くなりましたよ(^^)/

これで柱の両サイドに5mm三角棒を貼り付け、内部の装飾を行なっていこうと思います。













関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 4

There are no comments yet.

Gut  

こんにちは。
こだわりましたね!
でも、絶対に正解だと思います。
気になる部分はいつまで経っても気になりますから、早い段階で解消しておかないと、面倒なことになりますからね。
構造物があるとそれらしく見えてきてモチベーションもアップしたのでは?
型取りに使った製品をショップで見てきたら1000円以上もするのでびっくりしました。
私も型取りに使おうかと思ってましたが、もったいないので自分で型紙でも作ろうと思います。

2018/06/24 (Sun) 12:44 | EDIT | REPLY |   

がおう☆  

Re: 正解

Gutさん、こんにちわです。

こだわったと言うか、見透かされた感じでしょうかね(笑)
少し気にしつつ妥協していたところを、見事に言い当てられたので、却って踏ん切りがつきましたね。
いざ進めると、戻るのが面倒に思えたりするんですが、ここがブログの良いところ!(^^)
ありがたいことです。

水平橋脚は古いもので、今は着色済みキットが主流のようですね。
前は1000円もしません。何百円です。
どうでもいいよな変な色でキットにするより、前のままで未塗装キットで良いんですけどねぇ~
ちょっと窓があることで、トンネル内も陰影が出来て面白いです。
向こう側は見えにくいには変わらないです。
でも気に入った場所になりそうです。

2018/06/24 (Sun) 15:23 | EDIT | REPLY |   

ぼち吉鉄道  

いいですねぇ!

こんにちわ。
いいですねぇ!
締まって見えます(^^)

強度の心配はあったと思いますが、リアリティが全く違います。
5mmが細ければ、3+3の6mmとかって勝手に想像していました。
5mmで750□なので、全く問題ないですね。
斜めの写真なんか…想像膨らみます。

私もどっかに採用したい。
もう、そんなスペースどこにも残っていません(笑)

それにしても加工技術すごいっすね(^^;)

2018/06/25 (Mon) 12:40 | EDIT | REPLY |   

がおう☆  

Re: いいですねぇ!

ぼち吉鉄道さん、こんにちわです。

ぼち吉鉄道さんから良いツッコミを貰い、良いオチになりました(笑)
ありがとうございます!!!(^^)/
帰り電車の中で、やっぱり太すぎるよなぁーと思いながら、思い切ってやり替えて良かったです。
実質の路盤はベニヤで受けているので、このくらいの間隔ならビクともしませんので、脚は要は飾りなんです。
太い必要性はまったく無いです(^^)

落石多いみたいなのも、どこかに取り入れたいですね。
夢は膨らみます!
このやり方で、もう一つ見えるところを上手く処理出来そうです。

2018/06/25 (Mon) 13:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply