FC2ブログ

Nゲージレイアウト製作 ~第1本線の基礎建設(19)~

Byがおう☆

コンクリート跨線橋のモデルをもう少し探してみました。
当然ロケに出掛けられる訳でも無く、グーグルマップによる探索です(笑)
便利な世の中になったなぁ~(^-^;

この前は高槻のところを思いついたのですが、東海道本線から山陽本線まで自分の通った過去の記憶を頼りに調べてみました。


第1本線 (58)-1


神戸の新長田の大阪寄りの所に、緩行線と列車線が交差するところがあります。
ここも参考に出来る場所です。


第1本線 (58)-2


上空からだと跨線橋入口が、必ず線路と直角ではなくて斜めになっているのが見受けられます。
こんな上から全体を見れるので、グーグルマップは有難いですね。
便利な世の中になったなぁー(2度目)


跨線橋参考 (3)


高槻の所は、もっと斜めになっています。
このあたりは、角度もバラバラですし、現場の状況に合わせて作られている事がわかります。
走行中の車内や付近から見ただけでは分かりにくいところです。


もう一つ思いついたのが、新大阪駅の大阪寄りの所にある、宮原車両基地の入出庫線が跨ぐ場所です。


第1本線 (58)-3


斜めに横切っている複線が、宮原への入出庫線です。

下り方だけがコンクリート跨線橋になっており、上り方はガーダー橋です。
ここは直交に入口がなっていますが、やはり現場ごとに作りが変わっています。


・・・ということは、今回の施工も現場に合わせた感じで行っても良いという事です。
これらの現物類を参考にしながら、作業を進めていきます。

まずは、天面部の形取りを作る所から始めます。


第1本線 (58)-4


厚紙にて、固着してある下段の壁面に乗るように、型紙を作っていきます。
マスキングで繋ぎながら、形を考えて行きます。

それとコンクリート跨線橋を支える脚を作成します。


第1本線 (58)-5


脚の部分は、グリーンマックスの水平橋脚を使います。
これはいつ買ったのか?不明ですが、出番が急遽やってまいりました(^^♪

両側の出口付近の短い部分は、GM製品を利用するとしても、線路間は作らないといけません。

そこで線路間の長い部分は、5mm厚のスチレンボードから作る事にしました。
天面に4mm厚ベニヤを使うので、46mm高の同じ長さのものを2枚用意して、1枚の片側に製品から窓の部分をマーキングしました。


第1本線 (58)-6


同じ長さのものですが、湾曲させるために2枚の貼り合わせをずらして曲がったようにしました。
後ろのゴミ箱の蓋も使いながら、曲げ癖を付けながら固着させます。


第1本線 (58)-7


その窓部をスチロールカッターで1カ所ずつ抜いて行きます。
水平橋脚は抜きのガイドとして使います。
1個失敗すると、最初からやり直しになるので、ここは慎重に抜いて行きます。

その抜けた脚部を現場で確認します。


第1本線 (58)-8


良い感じです(^^)
ちょっとイメージ出来て来ましたね。

跨線橋の前後の壁がまだ25mmしか固着して無いので、路盤ベースを次は載せて、天面の感じを見ないといけません。













関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 4

There are no comments yet.

ぼち吉鉄道  

スケール

こんにちわ。
おぉ…全部現物知ってる(笑)
まぁ模型で作ろうという観点では見てないですね。
新長田は必要なら写真撮ってきますよ(^^;)

ここで是非柱のスケールを…。
1/150なので10mmの柱は1500mmつまり1m50cmになります。
こんな柱ないです…。
せいぜい600-800角くらいじゃ無いでしょうか。
(近所のJR本線の高架部見てもそれくらい)
そのスケール前回のレイアウトの際、悩んだ部分なんです。
是非ご一考を…m(_ _)m

2018/06/21 (Thu) 14:14 | EDIT | REPLY |   

がおう☆  

Re: スケール

ぼち吉鉄道さん、こんにちわです

関西圏に居られる方は、一度は見た事のある場所でしょうね。
新長田はライト模型さんだったか、昔は良く購入したりしてました。

スケールを突いてきましたか(笑)
まいったなぁーーーちょっと気にしていただけに・・・(^-^;
水平橋脚が10mmだったんで、合わせに行ったんですが、太くない???とは思っておりました。
でも置いてみた時には、別に大丈夫じゃない?とも自分に言い聞かせていたんですが・・・
どうしようかなぁーーー確かに1m50cmの柱は巨大過ぎますね。
線路間が広がって行くので、このくらいの太さの方がしっくり来るのは確かなんだけど・・・
家に帰る電車内で検討します(笑)

2018/06/21 (Thu) 17:28 | EDIT | REPLY |   

nari-masa  

なるほどこういう使い方が・・・

こんにちは。
う~ん、グーグルマップにこんな使い方があったなんて(^^)
目から鱗です。
知らない場所へ行くときにイメージトレーニングに使うくらいでしたが、確かに鉄道線路まわりのシーナリーの観察に使えますね。

指令は9973でした。
さすがに試作機でも99番はありませんね。
そして73、KATOはクモヤ90を出したのにクモハ73は出さないんですかね?

2018/06/21 (Thu) 17:39 | EDIT | REPLY |   

がおう☆  

Re: なるほどこういう使い方が・・・

nari-masaさん、こんにちわです。

ドローンでも飛ばさないと、こんな角度では見れませんからね。
便利な世の中です(笑)
拡大で見ることはかなわずとも、おおよその形などは十二分に確認出来ます。
さらに道路から見えるところでは、現場に居るように見えますしね。
ここはどうだったか?なんて確認には、こんな使い方で十分オッケーです(^^)/
時間がない私にはピッタリの武器です。

指令は9973。 KATOの旧型国電は出てきませんね。
クモヤ90が出たときは、ずいぶん期待したんですがね(^-^;

2018/06/21 (Thu) 19:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply