fc2ブログ

橋脚区間の架線柱支持部固定と先行設置した架線柱の再加工

Bygaou (がおう☆)

京都・滋賀は寒い雪の朝となりました。

早めに家を出たけれども、遅れて会社には着きました。

こういう時の革靴は、殺人兵器ですね(笑) スケート靴履いているようです。


さて、塗装した架線柱は仮刺しですが、現場に戻しています。

その中で、橋脚部に設置する鉄骨型の架線柱は、塗装するまで支持部が固定出来ませんでしたので、それを固定して行きます。


第1本線 (84)-7


手前の複線架線柱がそうです。


第1本線 (84)-8


こちら側は橋脚の上に乗る形で支持部を接着固定しました。

架線柱自体は、この支持部とは差し込みになっており取り外せます。

この反対側はと言いますと・・・


第1本線 (84)-9


このように高架部に接着しております。

実物では橋脚が斜めの場合、架線柱も斜めに設置されているケースもありますが、特注の架線柱を作るのも面倒だったので、このようにしました。

実際覗き込んでのアングルですが、なかなか目にする角度でも無いので、このようにしました。


第1本線 (84)-10


第1本線 (84)-11


この先は架線柱を現場に戻す前に、設置していた側溝を塗装しておきました。

色はガイアノーツの219ライトガルグレーを使っています。

塗装をしたので、蓋の筋目も見えてきましたね。


さて、ここからですが・・・


第1本線 (84)-12


画像で見えている、第1本線下の架線施工まで行った第2本線の架線柱は既製品を加工はしていますが、現在のビーム部までも作り直すようになる前の製作分です。

製作に年月が経っているので、致し方が無い製作時期によるスキルの違いなんです。


もう架線も張っているし、このままで仕方ないか?と諦めて目を瞑るつもりでした。

しかし、上の塗装した架線柱をセットすると、何とかならないか?という思いが強くなりました。


架線柱を触ってみると、多少グラグラと揺すっても架線は外れませんし、たとえ外れても碍子や架線柱の位置が変わる訳でも無いので、同じ位置なら再接着出来る・・・

思い切って(半分壊す覚悟の上)、この設置状態のままビームを切り取り、真鍮角線に置き換えることをやってみることにしました。


第1本線 (84)-13


すみません。慎重に且つ気合で作業をしていたので、ビームを切り取った画像がありません(笑)

既存のビームは、リューターに回転のこを付けて切り、微妙なところはカッター刃を入れて切り取りました。

その切り取ったビームから饋電線受けの部分を更に切り離し、接着剤を塗布して0.7mmの真鍮角線を2本乗せたところです。

真鍮角線の長さは現場合わせでカットして準備しました。


最近の作り方は真鍮角線を柱部まで全部取り替えているのですが、既設置のままではさすがにそこまで切り取ることが不可能だったので、柱部は残したままでその間を差し替えています。


饋電線の碍子はまだ宙ぶらりんです。


第1本線 (84)-14


饋電線も元通りにしました。

架線も踏ん張ってくれたのですが、さすがに一部破損してしまい、取れたハンガー線など作り直しをしました。

トロリー線・吊架線もビーム除去時に振動と引っ張られた関係で、ここではない部分が外れたり、ズレたりしましたが、必死の復旧でなんとか元の姿に戻りました。


もう1本単線架線柱がありましたね。


第1本線 (84)-15


こっちも同じように施工しました。


これでこの区間も、最新の架線柱施工と全く同じでは無いけれど、風合いは似たものになりました(^-^)

後、もう1ヶ所架線既設置区間があるんですよ。

ここをやったら、もうそこもやるしかないです(笑)

気合いがいるので、いったん別の日に行う事とします。



関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.

nari-masa  

再施工

がおう☆さん こんにちは。
以前に施工したところが物足りなくなって再施工、良く分かります。
良い工法が見つかると、どうしても差が気になってしまいますね。
架線を極力弄らずにビーム交換工事は難しかったと推察致しますが、やはり手をかけただけのことはありますよ。

FCIA指令は7361
なるほど九州~山陽メインラインですね。
EF61も出ることだし、是非ED73-0番台もお願いします、KATOさん。

2022/01/23 (Sun) 12:52 | EDIT | REPLY |   

がおう☆(gaou)  

Re: 再施工

nari-masaさん、おはようございます。

別路線だし、まぁ工期が長くなっているので、仕方が無い部分かな?と思っていたんです。
それに架線あとで仕込めないから先行した部分で、万が一架線を破損したら非常に厄介な事になります。
触ってみると架線柱はしっかりしているし、架線もある程度追従してきますので、思い切ってやってみました。
何とか成功したようなので、もう一区間も手を付けることにします。

ED73-0番台欲しいですね。EF30に合う九州交流電気シリーズは充実させて欲しいです。

2022/01/24 (Mon) 08:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply