テストピース8

ようやくテストピースに戻ってまいりました。
あいにく仕事が12月初旬までかなり忙しいので、進捗は期待できませんが、考えることは常時考えてます。
仕事も趣味も頭フル回転です(^-^; (仕事に集中しろって!!の声が・・・by社長)仕事が忙しいからこそ、趣味を大事にしたいのです。これがエッセンスになって毎日の仕事の重さも振り払えますから(笑)
さぁそんな話は置いといて・・・本題です。

ベースボードを接続するときに、直接線路部分をガイドに合わせて接続する方法と、今回別案のブロックを接続後に上から填め込む方式を考察していかなければなりません。
これは接続時に、幾多の線路をいくらガイドがあるとは言え、合わせて接合するのが恐らく厄介だろうという事と、『架線を張る』ということで接続部の不自然さを隠す(架線が壊れにくい状況を維持する)ということが影響しています。
これからテストピースで試すのは以下の通りです。

路盤取り外し案1
水色:ベース部  オレンジ:取り外し部  中央:鉄橋部


上記の略図のように、今回のテストピースではトンネルに挟まれた区間をブロック(鉄橋を含めた連続区間として)で取り外しを可能にして、組み込みと取り外しで線路の位置(今回は特に線路の踏面の高さ)を常にキープ出来るようにしたいと思います。
線路の位置が横方向にずれてなくても、填めこみの甘さや・経年変化による上下の微細なズレも脱線の要因になり、運転時のストレスとなってしまいます。単に上から填めこむだけでは当然不足となりますよね。
ただ、希望は接続・分解時に楽な方法を模索しています。面倒だと嫌になりますからね。自分が作ったのに最悪の結果になって、分解・接続もせずにそのうち解体の憂き目を辿るでしょう(笑)
そんな事を避けるために、ここは慎重にテストしたいところです。
テストではトンネル表現するスペース(幅)が無いために省略して、あくまで填めこんで常時高さを維持できる事を目標にします。

ここ数日はネットでヒントを求めたり、自分の古いレイアウト本(レイアウト全書なんかも)を読み漁ったりしてました。風景の一部を取り外せることは情報があるのですが、中々自分が意図とするヒントが見つからずに熟考の連続でした。
見つからないなら、自分で考えるしかない!しかしどうするか?

そんな中で、一つヒントを見つけました。鉄道模型以外のところから・・・BSから録画したままで中々見れない映画の一場面から・・・。
まだ、頭の中の領域ですので上手く行くのかは分かりませんが、ヒントを頼りにテストピースに試してみたいと思います。

やっと手を動かせる地点に立ったようです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

分解部分はジョイント接続にすると ジョイントがすぐに劣化してしまう 私はジョイントなしにして 接続部の台枠にV字型の切り込みを合わせて平らにする方法をとっていたりしますが いずれ台枠の反りなどが発生して 何かで固定しなくては高さに誤差がでてしまいます なのでこの様に接続式のピースを作るのって結構大変ですよね~ これが上手く行くと分解組み立てが簡単なのですけれどね~
[ 2014/11/22 08:39 ] [ 編集 ]

トータン様、コメントありがとうございます。

そうなんです。ジョイント接続にてジョイントを消耗品として考えても良いのですが、架線を張る予定が引っかかり、ボツとなりました。架線設置が無ければ選択肢も広がるのですけれども(笑)
分割収納を前提とすると、接続の件は十分に前検討しなくてはと考えています。
ヒントが見つかったので、少しやってみようと思っています。簡単で経年も考慮に入れると厳しいです(^-^;

[ 2014/11/22 08:51 ] [ 編集 ]

テストピースとは?

こんばんわ。

仕事がお忙しいみたいですね。
頑張ってください。
テストピースって、どんなイメージなのでしょうか?
一部を取り換えれるイメージですかね?
小生も、レイアウトを計画だんかいですごく興味があります。
[ 2014/11/26 21:31 ] [ 編集 ]

Re: テストピースとは?

このテストピースは、初めてレイアウト作りをする上で、ぶっつけ本番にならないように
色々やってみるみたいな物です。

このテストピース自体がレイアウトの一部という訳ではないです(^-^;
分割せねばならない事から、線路の接続方法等諸々、確認及びテストする一種の実験場です。
今回はレイアウト配線の都合上、どうしてもダイレクトに連結出来ない部分があるので、
それの実験をしようとしています(^^♪

役目が終われば、車両展示台として活用してあげようとは思っています。

[ 2014/11/27 09:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/72-877a2080