続 EF71の仕上げ その2

せっかくの日曜日も終日の雨模様。日曜の雨はガックリ来ますね。元来遊び症なので、特に予定が無くとも休日の雨はイヤな気持ちになります。土曜は久しぶりに早く仕事が終わったのですが、飲み会にお付き合いして深夜の御帰り。日曜は先週の風邪ダウンのお詫びに子供と遊び、なかなか自分の時間が作れない中、ゴールへと近づけました。

手すり・解放テコ2
手すり・解放テコ1

ボディー側の手すりの削ったモールドの後と、解放テコが来る位置にネットの写真を参考に見ながら、0.5mmのピンバイスで穴を開けて、TOMIX分売パーツED75用を使い取り付けました。パーツの間隔に合わせる為にいつもパーツを取付予定地の横、または近くにパーツをテープで張り付けて穴の間隔を決めています。手すりが少し捻じれていますので、色差しする前に直しましょう。

次にカプラーをいつものケディーカプラーにします。

前のED75の時にNo.1015では少し高さ合わせに苦労したので、今回はナックルの位置が高いNo.2001ショートを使いました。No.1015の方がコストが安くて、組み立てやすい(溶着が不要)ので、取り付けられるなら使いたいのですが、今回は時間短縮を優先しました。年内の入線予定の機関車はD51ナメクジだけなので、No.2001ショートの在庫も心配は要らなさそうです。No.2001ショートは組み立て忘れると結構ストレスが掛かるので、要注意パーツとなっています。(笑)
これを付けているときに前カプラー交換を放置プレー(笑)しているC56も、ついでに取り付けました。こちらはZ用のNo.903を使ってます(取付スペースが極狭のため)。

お決まりの位置合わせ。

C56 前カプラー交換 取付確認
カプラー交換1

両機とも良いようです。

随分時間が掛かりましたが、ゴールが見えてきました。
EF71、後はボディー側ジャンパ栓周りと削った後の色差し修復ですかね。
明日ぐらいには完結して、入線機関車軍団の整備終了と行きたいところです。

マニや動かないクリーニングカーは、またテストピースの合間にやることにします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/11/10 09:00 ] 車両加工 | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/67-37f08189