Nゲージレイアウト製作 ~第2本線系統のデルタ部~

8月25日の記事で、第2本線系統のまとめを行ないましたが、デルタ線切替のパターンで色々と考えてみました。

デルタ線にした理由の1つは、スハ44系編成の「つばめ・はと」を編成単位で方向転換する為です。
もう1つは、ヤード入線の自由さです。
列車の動きを例にしてみます。
(基本キャブコントロールです)

「つばめ・はと」は、中央駅を出て、第2本線外回りから、本線連絡線に入り、第1本線外回りへ行きます。
第1本線を周回後、リバース線に入り、第1本線内回りへと転線します。
その後、本線連絡線を通って第2本線内回りに入り、中央駅に戻ってきます。

これで回送列車になり、地下ヤードに向かう訳です。
これは方転が必要な「つばめ・はと」以外の列車も同じです。

デルタ1(内回りより入庫)


<パターン1>
中央駅から内回りを通って、地下ヤードに向かうルートは上記図のとおりです。
デルタ進入口のS17は反位(左)、S18・S19の渡り線ポイントを両方とも反位(左)に切替え、S20は定位(右)です。
ここでポイント切り替えに伴い、①の第2本線内回りフィーダーと③のヤード出入口フィーダー・④の地下ヤード連絡線フィーダーを給電連動出来ないものかと。

④の地下ヤード連絡線フィーダーは、図中央(囲い部)の地下ヤードにもあり、これはCモジュールの地下にあり、Bブロック本体レイアウトと分断されて、別フィーダー線となっています。
これも合わせて連動させないと意味が無いんですが、大丈夫かな?(笑)


<パターン2>
次は出庫ルートです。

デルタ2(外回りへ出庫)


今度の出庫パターンでは、S17のみ反位(左)転換。それ以外S18とS20は定位(右)です。
②の第2本線外回りフィルターと③のヤード出入口フィーダー・④の地下ヤード連絡線フィーダーを給電連動。


<パターン3>
別ルート入庫です。

デルタ3(外回りより入庫)


中央駅から、内回りを出発して、地下ヤードに入るルートです。
S16が反位(右)、S20も反位(左)に切り替わります。
この際は、、②の第2本線外回りフィルターと④の地下ヤード連絡線フィーダーを給電連動、但し地下ヤード連絡線フィーダーはプラスマイナスを反転させないといけません。


<パターン4>
順行運転時です。

デルタ5(外回り順行)


ポイントはすべて定位。 S16(左)、S17(右)、S18(右)。
②の第2本線外回りフィルターと③のヤード出入口フィーダーを給電連動。


☆追 記

内回りの順行が抜けていました。
パターン4のポイント切替にS19定位(右)を追加。



パターン区分は以上ですが、ここで「つばめ・はと」の方向転換。

デルタ4(方転のため外回りへ後進)


<パターン3>でフィーダー線連動しているなら、進行方向を切り替えて後進すれば良い事になります。

しかし、以前は地下ヤードまで行って、列車の姿が見えてから停車。
その後に、後進という予定でしたが、今回はS20通過後に何か位置検出出来ないかと・・・


センサー位置


<パターン1>の時に、編成が通過を知らせるLED点灯が出来たらと・・・
他のパターンの時にチラチラ付くのは嫌なので、通過確認のLED点灯は、このパターン1の時のみ。


ちなみに、このS16~S20までのポイント及び区間はすべて地下(トンネル内)です。
これらの要望を満たしたいですね。


ヤード入出庫パターンは4種類なので、トグルスイッチで切り替えるのでは無く、パターン別に押しボタンを4つ設けて、それぞれをコントロールパネルで選択して、操作したいです。

Bブロック台枠レイアウトの第2本線系統は以上です。
次の系統項目に移る前にしたいことを書きました(^-^;




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。










関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/09/06 10:00 ] レイアウト資料 | TB(0) | コメント(8)

センサー

ちょっと考えただけですが、2箇所にセンサーを設置すればいけるのでは?
S17とS20の間にセンサーを増設して、このセンサー①が列車を検知し、かつ、次に S20と地下ヤード間のセンサー②が列車を検知した時に
LEDを点灯させるように、Arduinoでスケッチを作成すればよいかと思います。

給電も同じような理屈で、リレーを使ってON-OFFを切り替えれば、なんだかいけそうな気がする~。
[ 2017/09/06 12:48 ] [ 編集 ]

Re: センサー

oomoriさん、こんにちわです。

行けそうですか?(笑)
問題はここがトンネル内で真っ暗という事なんです。
そうすると使えるセンサーって、限られるのかな?と・・・
車輛側にいちいち加工するのは面倒なので、線路側でと思うと、赤外線センサーですかね?

給電も切り替えるの面倒だし、ポイント切り替えたら同時に給電選択出来ればなんて思いました。
ふたつの本線だけでも操作が楽になれば、中央駅(モジュール3基)側の操作に余裕が出来ると思います。
[ 2017/09/06 13:47 ] [ 編集 ]

位置検出

ご無沙汰です。
>S20通過後に何か位置検出
この「通過後」と言うのが曲者の様な気がします。
光系のセンサーだと、ON⇒OFF⇒ONの状態でOFFの後のON検出となると思いますが、編成通過中は連結部が通過すると一瞬OFF⇒ON⇒OFFとなるのではないでしょうか?
多分「ON⇒OFFを検出した(先頭通過)後、一定時間ONが続いたら(最後尾通過)、検出」みたいなプログラムを書く必要が有りそうな気がしますが、これでは車速によって検出タイミングがずれそうですね。

DC運転でのリバースは、極性反転が厄介で結局あまり利用しなくなる可能性が高いので、極力自動化したいですね。
[ 2017/09/06 17:57 ] [ 編集 ]

Re: 位置検出

ジュンパパさん、こんばんわです。

> DC運転でのリバースは、極性反転が厄介で結局あまり利用しなくなる可能性が高いので、極力自動化したいですね。
そうなんです(^^)
せっかくデジタルなものを導入するのに、極性反転などを自分でやっている場合じゃないでしょう?(笑)

大きな2つの本体レイアウトは、出来るだけ周回運転などをストレス無く出来るように、今から考えをまとめて、Anduinoを経由して切り替えるつもりです。
それだと余裕が出来て、中央駅のアナログ切り替えも楽しめるというものでしょう?(^-^;
センサーはとにかく列車を止めるタイミングなので、それさえ解れば、あとはポイントを切り替えて後退させるだけですから。
トンネルから後退で出てくれば、見える位置で再停車。ポイント切り替えて前進って訳です(^^)/
反応のLEDは、コントロールパネルで点灯させても良いんですが、ジオラマの中の何かが光るというのでも面白いかもと考えています。
[ 2017/09/06 19:29 ] [ 編集 ]

フォトリフレクタ

http://www.geocities.jp/y_taka216/ramonino/arduino/008.html

以前、この記事を参考に、実験したことがあります。
この記事は、通過を検知して信号を切り替えるスケッチになっています。
フォトリフレクタを使えば、トンネンル内でも検知できると思います。

通過後も、一旦検知した後、一定時間センサーに反応がなくなった時に通過したと定義すれば、
判別可能だと思います。
[ 2017/09/07 01:13 ] [ 編集 ]

Re: フォトリフレクタ

oomoriさん、こんにちわです。

参考になるサイト紹介、ありがとうございます(^^)

暗闇の中でも作用してくれれば良いので、このような方法もあるのですね。
私は電子部品も何があるか解らないので、この辺りは選択肢が増えるので嬉しい情報ですよ。
このサイトも色々Anduinoでやられているので、一通り見てみたいと思います。
[ 2017/09/07 10:08 ] [ 編集 ]

テスト

こんにちわ。
投稿はじかれますね…。
[ 2017/09/08 13:51 ] [ 編集 ]

Re: テスト

ぼち吉鉄道さん、こんにちわです。

> こんにちわ。
> 投稿はじかれますね…。

マジですか?!
FC2側かな??? 申し訳ございませんm(_ _)m
[ 2017/09/08 14:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/543-e0964306