Nゲージレイアウト製作 ~第2本線系統のまとめ~

レイアウト製作の方は細やかな作業のみに留まっています。
ネタにする程の事でも無いので、もう少し進んでから記事にしようと思います。


今まで製作に必要な図なども、多岐にわたるようになり、あれを見て、これを見て状態になりつつあます。
そこで、駅構内だけに特化した図や、全体図、信号関連をひとつにまとめて、自分自身も確認しやすいように、合体作業をPCで進めています。

その第1弾

レイアウトプラン第2本線系統


いま建設中のC・Dモジュールの中央駅と、Eモジュールの機関区・連絡線分岐を擁する部分がメインとなる第2本線です。

図の上側エリアは、今後の本体レイアウトA・Bに跨って走行する分です。
レイアウトの図は、分割面(水色のライン)で区切っています。


あまりに小さいので、何を書いているのか解らないと思いますので、図を4分割してみます。

レイアウトプラン第2本線系統 1


下部はCモジュールの中央駅半分。
その上のブルーの線は、そのモジュール地下のヤードです。

各ポイントの番号の頭文字、R=リレー切替、T=PL-13スイッチ切替、S=サーボ切替、となります。
それぞれに定位・反位の方向が記載されています。

構内の場内信号機と出発信号機は、それぞれ番号を振っています。
ポイント切り替え時に、開通方向に従いリレーで灯火を切り替えます。
該当ポイントは、当然リレーで補助給電を切り替えるようになっており、R記号の各分岐です。


右上の渡り線部分は、地下ヤードに向かう分岐箇所です。
場所は、今後作るBブロックのレイアウトに位置します。
デルタ線の一角でもあります。


レイアウトプラン第2本線系統 2


こちらは、Dモジュール(中央駅)とEモジュール(機関区・連絡線分岐)です。
左上にあるシングルスリップの分岐から、連絡線(第1本線)へと向かいます。

C・D・Eモジュールは、もうポイントマシンPL-10で設置が終わっていますので、作り込みを進めていけば良いと思われます。


レイアウトプラン第2本線系統 3


ここはAブロックにあたる部分ですが、第2本線系統では特に何かを考える必要は無いようです。

地鉄線の終端駅にある出発信号機は、分岐のサーボ切替時に、開通方向に伴って灯火が切り替わるようにします。
(やや遅延でね・・・分岐が切り替わってから、しばらくして灯火が青に変わる)


レイアウトプラン第2本線系統 4


ここはBブロックの部分になりますが、地下ヤードのもう一つの侵入口(分岐)があります。
このデルタを、サーボで切り替える時、運転パターンで切り替えるように考えたいですね。

先程の中央駅から地下ヤードへ向かう時は、渡り線とデルタ侵入分岐を4基一斉に切り替えたいですし、地下ヤードから中央駅に向かう時は渡り線を切り替えずに2基を動かして出庫する。
また上の図の方向から侵入する時は二基を一斉に切り替えする。
この3パターンがあれば、デルタで編成折り返しも楽じゃないかなと考えますね。

そう考えると、今のモジュールはトグルスイッチでポイントを切り替えますが、今後のサーボはプッシュボタンの方が良いのかもしれませんね。
このパターンはこのボタン・・・みたいな。
そう考えたりするのが、これから重要なんでしょう。

とにかく図から、何をさせるかを考えていきます。

第1本線は、すべてこれから作るA・Bブロックに跨りますから、そちらの図も次に統合します。




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。










関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/08/25 12:00 ] レイアウト資料 | TB(0) | コメント(2)

几帳面

いやぁ、几帳面にやってますね。
私はどちらかというと出たとこ勝負な面があるので、見習いたいです。
そろそろ、信号機のことも考えないといけないし、ポイントの配線も方針を決めなきゃいけないです。
ところで、この図面は市販のソフトで作ってるんですか?
とても見やすいですね。
[ 2017/08/26 07:51 ] [ 編集 ]

Re: 几帳面

Gutさん、こんにちわです。

Anduinoに何をさせるか?を考える為にも、ばらけた自作資料をまとめる必要もあったので、整理しながら書いてます。
分岐を変えることを複合的に考えられるのも良いところですね。
進路指定が楽になる予感がしています。
それなら、今のモジュールが一番適しているんでしょうが、この時点でやり直しは費用&精神的にキツイので、本体で馴染んでからとしようと思います。
この図のソフトですか?Adobeのイラストレーターです。
仕事で使い慣れているので、この方が作図しやすいのです(^-^;
[ 2017/08/26 13:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/538-f049ad9f