PECOポイント リレーを使った補助配線給電切り替えのテスト

PECOポイントは、切り替えた時にトング部がレールに接触する事により、フログ部への給電を行っています。
しっかりと切り替わるように線バネが仕込んであるのもこの為でしょう。

しかし、エレクトロフログの線バネの力は、それほど強くはありません。
ポイントの製品のムラもあり、初期から若干接触が甘いものも見られます(今までの大量購入の経験)
ダブルスリップやシングルスリップ、3WAYポイントなどは、初めから製品にフログ部の補助配線が付いており、これに給電切り替えを行ってあげないと、まともに走りません。
でも通常のポイントである、小型~大型・Y字・カーブポイントなどは、特にフログ部への補助配線は出ていません。

ポイント2


そこで、トング部の接触が様々な要因で甘くなり、通電不良が起きた時の安定通電確保のために、補助配線(バイパス線)を全てのポイントに敢えて設けています。
ちょうどポイント裏の画像で、フログ付近にトングとの補助回路があると思いますが、それにリード線をハンダ付けしています。

PL-13で切り替えている以外に、構内信号切替も合わせるために、リレーを用いてフィーダーまたはレールからの通電をポイントの切替方向に合わせ、通電を行う計画で施工を行ってきました。


下記はこのテストする舞台のCモジュール内のリレー基板2枚の図です。

Cモジュール(1)配線表

Cモジュール(2)配線表



ただ回路上のお話だけであって、実際にうまく機能するのか?をテストしていません。
というか、テスト出来る段階(状況)になっていませんでした。

今回、配線処理の終わったモジュールを使って、トグルスイッチを使ってのリレー切替で、補助配線と本来のトング部接触とのタイムラグでショートしないのかをテストしました。

ご覧ください。





リレー基板が、台枠裏にある為に見ていて分からない部分もあろうかと思いますが、ポイントからチラチラ見える青い線が、ポイントのフログ下部にハンダ付けで取り付けた補助配線です。
これがリレーまで伸びていています。
このテストした場所では、機回し線のフィーダーから分岐したものをリレーに導き、リレーの動きで機回し線フィーダーのプラス・マイナスを切り替えて、給電しています。


最初の方の停止した状態で、ポイントを操作しても、ショートをすれば電源に赤ランプが灯ります。
でも全く問題ありません。
ちなみに、このポイントは清掃してトング部で接触給電出来ています(リレーへの配線を外して確認)。

これで、この不安要素はひとつ排除出来ました。




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。











関連記事
スポンサーサイト

補助通電

どうなっているのかまったく分かっておりませんのでトンチンカンな事言うかもしれませんがリレーで切り替えの方がPL-13よりも素早く確実にフログの通電変えられそうですね。
まだブログすべて読んでないのでわかっていないのですがリードレールのクロッシング付近を切断してフログだけ独立させていないのでトングレールの接触時にショートしないかテストって事ですよね?
[ 2017/08/22 14:05 ] [ 編集 ]

Re: 補助通電

Nardiさん、こんにちわです。

解りにくいので、このテストしたCモジュールのリレー基板の図とポイントの裏面を追加添付アップしました。
ただNardiさんの言う通り、実はリレーの方が確実でコスト安いんです。
PL-13は高いし、ポイントマシンのストロークが2mm~3mmぐらいしか無いので、切替位置の調整も厄介です。
それにPL-13をPL-10にくっ付けて使うので、切替負荷が増してコンデンサの容量も倍は要るし・・・
何も知らずにPL-13を買い集めて失敗でした。
最初から解っていれば、全部リレー切替にしたと思います。
ついでに信号切替も出来る訳です。

そうです。別にフログとトング部の接続を切った訳でも無く、製品のままのポイント裏の補助線にコードをくっ付けて、切替に伴う電流を補助で切り替えているだけです。
それでショートをするんじゃないか?という疑念も、最近おこってきたんです。
でも心配はいらないようです。
[ 2017/08/22 15:52 ] [ 編集 ]

Re: 補助通電

画像追加ありがとうございます!
PL-13って手で動かしてみても重いですもんね・・・。
ついでに信号切替と言う所がほんとすごい、楽しみです!
[ 2017/08/22 16:17 ] [ 編集 ]

Re: Re: 補助通電

自己満記事になってましたね(笑)
少しでも解っていただけるように追加画像を入れてみました(^^)/
解ってしまえばですが、PL-13は要らなかったなぁー(笑)
リレーを2回路ですれば、片方開いているよね?という素人発想です。
今後はAnduinoです。
[ 2017/08/22 17:19 ] [ 編集 ]

リレー

こんにちは
確かにPecoのトングの接触だけでリードレールまで何時も確実に通電するのは厳しい気もするので、補助配線は必須かもしれませんね。
当方は完全選択式に改造しているので補助配線は不要です。

ところで前回の記事にポイント切り替えをAnduino+サーボに変更予定と有りましたが、リレー切替は如何されるのでしょうか。
Anduinoのポイント制御のさわりを読むとデジタル出力5V20mAらしいのでリレーも変更? 複数のパワーリレーを通電保持できるのかもわかりません。
Anduino、面白そうなので進展期待しています。
[ 2017/08/22 17:30 ] [ 編集 ]

Re: リレー

ジュンパパさん、こんにちわです。

DCCみたいに全部通電状態だと、こんな事は関係ないですね(^-^;
レールに塗装するとかしないとかに関係なく、接触だけというのは弱いと考えています。
PECOユーザーのブログでも補助通電を実行されてました。

リレー切替はどうするのか?ただいま弟子入りして勉強です。
5Vのリレーを介しては間違いないようです。
信号の方はLEDなので、Anduinoからダイレクト駆動できるそうです。
私には、今のところチンプンカンプンです(笑)
こんなんで大丈夫でしょうか(爆)
[ 2017/08/22 18:07 ] [ 編集 ]

サーボ

こんにちわ。
すごい鰐口クリップ配線ですね(笑)
そっちの方がショートしそうですよ~♪

こんな言い方おかしいですがショートしてますよ。
でもそれよりもパワーパックの電力が負けることないので、数秒のショートでないと検知しないと思います。
つまり配線間違えなければ問題なしというレベルです。
パワーパックがとばなければ、気にすることは全くありません(^^;)

サーボかですか?
やはりゆっくり作動が良いと言うことでしょうか?
あの手を気をつけないといけないのが、出力回路数が限られています。
Arduino UnoでみるとIO(入出力)が14回路となっています。
仮に入力パターンが7だと出力7です。
7ポイントしか動かせないことになります。
PWMがあるので周波数(入力パルス)で入力変えると、多少は増やせるでしょうが入力回路設計が大変ですね(^^;)
つまり…動かすポイント数を決めてレイアウトにマッチするかどうかを
設計しないといけません。

であれば…リレー回路で組み上げる方が製作的には楽かと…。
リレーの別の用途は接点増幅。
この理論を理解してから、ソフトに移行される方がいいと思いますm(__)m
[ 2017/08/24 13:32 ] [ 編集 ]

Re: サーボ

ぼち吉鉄道さん、こんにちわです。

仮なので気を付けているんですが、ワニ口同士が接触しないように頑張ってます(笑)
全く同時切替という事は無いと想像してました。
でもそれが運転出来ないショートになるのか?そうでは無いのか?が重要でした。
電源もアップしました。
おいおいPECOを使う今後の人の為に公開しますが、今までの電源・電流では小さかったのは間違いないです。

ちゅうどポイントマシンPL-10の在庫も無くなり、た625さんのサーボ駆動を私もやってみる事にしました。
無謀でしょ~(笑)
ポイントの多いモジュールと違い、本体側はそこそこの数(爆)なので、大丈夫かな?と・・・
Anduinoのデジタル端子は増設出来るそうですので、選定から間違わなければ行けるみたいです。
まだまだ検証しないといけない事が多いのですが、頑張っていきますよ(^^)/

まずは何をしたいか、させるかを明記していく事から始めないといけないので、そこからのスタートになりそうです。
[ 2017/08/24 14:07 ] [ 編集 ]

Arduino

Arduino Mega2560は、デジタル入出力ピン 54(そのうち14つはPWM出力が可能)ですので、
1台でポイント14個は制御可能ですね。

でも、リレーで、ポイントへの電源供給もされているのであれば、ちょっと工夫が必要かもしれませんね。
[ 2017/08/25 01:17 ] [ 編集 ]

Re: Arduino

oomoriさん、おはようございます。

> Arduino Mega2560は、デジタル入出力ピン 54(そのうち14つはPWM出力が可能)ですので、
> 1台でポイント14個は制御可能ですね。
協力者さんから、それをお勧めしてもらってます。
ポイントの補助給電をどうするか?ですね。
まずは、なにをさせるかを書き出すところから始めようと思ってます。
なにぶん、どういうものかがハッキリと解ってないところが怖いところです(笑)
怖いもの知らずという言葉もありますが、まさに今の私がそうなんでしょう(^-^;
[ 2017/08/25 09:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/537-d7955494