2機のKATO EF510-500北斗星色の入線整備

EF510-500 (2)

EF510-500 (1)


本日はKATO EF510-500番台北斗星色の入線です。
えっ!?なんで2機と思われるでしょうが、けして重連用という訳ではございません(笑)

画面奥の品番3065-3は、私が昨年ヘッドマーク無しの品をオクで落とした物。
低価格でさしたにも関わらず、競る事も無く落札しました。(ヘッドマークが無かったからかな)
その後、ヘッドマークを別口で手に入れようとしましたが、手に入らずに整備未了で放置したままでした。

画面手前の品番3065-1は、私が保有していたKATOのポイントをお譲りしたお返しにブロ友のGutさんより、今回いただいたもの。
ちゃんとヘッドマーク付属しています。
Gutさん、ありがとうございました。
大事にしますね。ってか弄ってしまいますけど…(笑)


そこで奇しくも2機の北斗星色が、2機も揃う事になりました。


それならば・・・と入線整備をすることにしました。

EF510-500 (3)

EF510-500 (4)


2機ともカプラー部分を外して、コック部分のモールドを削り取ります。
その後、0.4mmの穴をピンバイスで開けて、エアホースパーツを取り付けます。

ホースが無い部分もパーツを付けています。
これは余剰になる右巻きと称して良いのか、ホースを逆向きにする加工時に失敗して、ホースが千切れたものなどを利用しています。


EF510-500 (5)


我が機関区の標準装備、マグネ・マティックカプラーを取り付けます。
品番は2004のショートタイプです。
画面では取付ネジが写っていますが使用していません。
(勘違いで引っ張り出しています・・・暑さにやられたか???)

若干カプラー側の天地をヤスリで削れば、純正のようにぴったりと付けられます。

EF510-500 (6)


高さも当然問題ありません。

後はお決まりの常点灯化として、コンデンサの除去を行いました。

EF510-500 (7)


色差しですが、エアホースのコック部分を白でチョンチョンとお化粧。
実機を見ると、コック部全体はグレー、ハンドルだけが白のようですが、そんな細かい塗り分けは面倒なので白一色です(^-^;


EF510-500 (8)

3065-1の品番は、碍子の色が白だったので、取り外して緑系にしました。
もう一機の碍子色に合わせようとしましたが、少しエメグリが強かったようです。
まぁ私が塗ったと一目瞭然なので、これはこれで良しでしょう。


EF510-500 (9)

EF510-500 (10)


これで入線整備は完了です。
牽かせる北斗星は1編成しか在籍していませんが、最後のブルトレを牽いた牽引機として、我が機関区で今後も活躍してもらいましょう。

機関区は出来るまで、年月が係るけどね(笑)




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。









関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/08/05 09:00 ] 車両紹介 | TB(0) | コメント(12)

北斗星

この北斗星号は カシオペアも牽引していましたので両方が楽しめるのではわ? 我が家にはカシ釜と北斗星釜も1両づつしか在籍していません もとになった0番台が1両もないというお粗末さです(^^;
[ 2017/08/05 19:30 ] [ 編集 ]

Re: 北斗星

トータンさん、こんばんわです。

あいにくカシオペアは在籍してないんです(笑)
私は、やはりトワイライトエクスプレスの方が好きでして(^-^;
貨物に行った500番台、最近京都でも良く見掛けるんですが、何故流星マーク取っちゃったんでしょう?
あっても悪いわけ無いと思うんですがね(^-^;
EF510はデカイし、音が独特で近づいて来ると分かります。
[ 2017/08/05 21:43 ] [ 編集 ]

EF510-500番台北斗星色

EF510-500番台北斗星色は、私が、武蔵野線の貨物を追っかけていた頃には、まだ、北斗星が運用されており、それでも、時々、コンテナの牽引にも投入されていました。
なので、個人的には、北斗星色が貨物を牽引するのには違和感がありません。
確か、その前は、田端のEF81が牽引していたと思います。
[ 2017/08/05 23:25 ] [ 編集 ]

よかった

こんばんは。
早速のお手入れありがとうございます。
ヨーロッパモデルしかない我が家でくすぶっているより、日本型の仲間と一緒にいる方がいいですね。
嬉しそうに見えます(笑)
[ 2017/08/06 00:50 ] [ 編集 ]

EF510

お早うございます。
EF510 2機目入線おめでとうございます。
これは新規入線でなく他機関区様からの転属だったんですね。
JR化後の機関車は対象外にしていますが、この北斗星色とカシオペア色はいいですね。
ちょっと欲しくなります。
北斗星には昔、上野から札幌まで乗りましたが、まだEF81牽引の時代でした。

指令5801ですよ。
今年のKATOは四季島でシメのようですが、来年はEF58かC58のファインスケール化リニューアルが来るかもしれませんね。
でも実は私、この指令にドキッとしています。
キハ58を狙っているんですよ。それも富士急のキハ58001を。
お見通しですね(^^)
[ 2017/08/06 07:50 ] [ 編集 ]

Re: EF510-500番台北斗星色

oomoriさん、おはようございます。

そう言われると思い出しましたよ。
合間運用で、貨物を牽いてましたね(^^)/
それなら、コンテナ編成の先頭にも立てるので、運用幅が広がります。今まで、EF81流星しか牽引機が北斗星は無かったので、バリエーションも増えました。
[ 2017/08/06 08:38 ] [ 編集 ]

Re: よかった

Gutさん、おはようございます。

EF510北斗星色ありがとうございました。
ナンバーもトップナンバーなので、気に入ってます。
一昨年ぐらいまではこの北斗星色は、まったく興味が無かったんです。
牽引機は流星マークのEF81だと決めていて、EF510は貨物機の0番台だけでした。
それが廃止後ずいぶん経ってから、興味を持つんですから自分自身の変わりように驚いています(^-^;
バッチリ男前にしましたので、末長く大事にさせていただきます!
本当にありがとうございました。
[ 2017/08/06 09:04 ] [ 編集 ]

Re: EF510

nari-masaさん、おはようございます。

2機目は転属なんです。
昨年末までは興味の無い釜だったんですけど、それが巡り合わせもあり、2機も揃うとは・・・(^-^;
カシオペアは未だに入線してないので、銀釜は居ないんです。
おかげでレイアウトの建設費用が捻出出来ていますが・・・(笑)
北斗星に乗られた事があるんですね。
私ははやぶさに東京から博多まで乗車したのが、寝台列車の最後の思い出です。
北斗星もそうですが、トワイライトエクスプレスも乗って見たかったです。

富士急のキハ58ですか?(^-^;
上手く手に入ると良いですね。
しかしEF58のリニュは、嬉しさ混じりの悲鳴が出てしまいますよ(購入したバリエーションが多すぎて)
[ 2017/08/06 09:20 ] [ 編集 ]

お邪魔いたします。

こんにちは。
梅雨明けしてからイマイチな天気で、ジメジメと嫌な気候になりましたね。
メシをもりもり食べて夏バテを防ぎましょう!w

北斗星、ステキですね。
その顔つきが好きなんです!
サイドにデザインされた流れ星もイケてますよねd( ̄  ̄)
[ 2017/08/06 11:52 ] [ 編集 ]

Re: お邪魔いたします。

Kzkさん、こんにちわです。

梅雨の方がカラッとしていたかも知れませんね(笑) 変な天気です。
台風5号もやって来てますし、被害が心配です。
こういう時は、旨いものを食って体力付けるのが良いですよね(^^)/

初めはカッコ良いと思えなかったんです。
写真で見るだけで、実物見たこと無いですし。
それが富山へ転属して、流星マークは無くとも、青釜を見るたびに迫力あるなぁーと段々かっこ良く思えて来たんです。
[ 2017/08/06 12:04 ] [ 編集 ]

おはようございます。

すみません。またまたご訪問を飛ばしていました。
EF510の北斗星色機関車、入線おめでとうございます。
私もこの車両がほしかったのですが、買えずじまいです。

レイアウトが関せする前に車両がどんどん増えていくのではないですか?
お盆休み頑張ってレイアウトを進めて下さい。(家族サービスも忘れずに…)
[ 2017/08/08 10:05 ] [ 編集 ]

Re: EF510-500

duskike3さん、こんにちわです。

おっduskike3さんもご所望の機関車でしたか?(^-^;
TOMIX製なら、まだジョーシンでも売ってますよ~(誘)
私は東日本だけの機関車だったので、あまり興味が無かったのですが、急に欲しくなりまして…(笑)

> レイアウトが関せする前に車両がどんどん増えていくのではないですか?
やばい状況です(^-^;
でもレイアウト製作はスピードが上がりませんね~
配線でてこずっています。
昨日は配線が1本、レールから来てないのを発見!

お盆は子供と遊んであげます。レイアウトの現場もお盆休みになりそうです。
[ 2017/08/08 11:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/531-6d78faed