テストピース6 その2

先のブロックに続き、もう1ブロックのバラスト撒きを進めてみました。
この部分はカーブになり、円度杭も仕込んであります。バラストを撒いてどうなるでしょう?

今日の撒く部分は、前回のN幹線用グレー4:ローカル用茶1の割合に変えて、グレー2:茶1の茶が多いバージョンで混合したものを散布してみました。
また、前回いかり肩にボンドを事前に塗ったのを少し薄めの少量にしてみました。

なお、前もっていかり肩に塗らないでバラストも撒いてみましたが、バラストを沢山使うばかりで盛りが上手くは行きませんでしたので、上記のように少し前回と変えて行うことにしました。
バラスト 9


2ブロック目のバラストを撒き終えました。
今度は事前のボンド塗りが薄すぎて、バラストが上手く乗らずに何度も追加しながら形を整えました。
バラスト 5

上の写真で色が手前より茶系が多いのが分かりますでしょうか?どちらが良いかは先にして。

円度杭はどうなったか?
バラスト 7
バラスト 8

少し埋没ぎみです。事前に仕込むなら後1mm程出しておいた方がよいですね。

上手くいかり肩の三角棒にバラストが乗らなかった為、バラストの欠落が見られます。カント部は嵩上げしてあるので表現としてはまずまず。しかし欠落はいけませんね。
ほんと難しいな。
バラスト 6

次のブロックは、バラストの大きさが大きめの方をテストします。
駅に近づくとバラストの錆汚れが酷くなりますので、この混合率を逆に変更で茶4:グレー1みたいにして、茶系のバラスト表現して行ってもいいかな~というのが収穫ですかな。

とにかくバラストのいかり肩プラ棒への上手く接着させるのが課題となってきました。やはり前回の雑さを除いた濃い目のボンドを塗った方がよいのかな?それで先に肩だけある程度形作って、次に全体を撒く・・・というのが良いのか?
粒の大きさは変わりますが、やってみましょう。

全体が撒けたら、色合い・バラストの大きさの選定をします。
しかし、下手くそだなぁ~自分!

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/53-79521893