KATO DD51 北斗星 入線!

トワイライトエクスプレス。

ぜひ乗りたかったが、もう無理のようです。寝台列車がこれで関西は消滅してしまいます。なんとも寂しい事です・・・
思えば鉄道好きになったのは、子供の頃、向日町操車場にずらりと並んだ急行・特急列車群を見て、憧れを抱いたのが最初なのかも知れません。その中でも寝台列車・寝台電車は格別でした。東京発は深夜帯に関西を抜けていくので、見るすべもありませんでした。それで憧れがより強くなったのでしょう。見るのは関西を起点とする寝台列車、あかつき・明星・彗星・きりしま等のもっぱら向日町に引き上げ・または京都や新大阪に向かう回送ばかりでしたね。それでも楽しい時代でした。住んでいた場所も良かったのでしょうが、様々な列車に囲まれて育った(笑)という感じです。
そんなブルートレイン達も消滅し、いまトワイライトEXPも消えようとしています。

模型では、北海道の列車・機関車は予算の関係と自分なりの収集圏外として、購入してはいませんでした。トワイライトEXPは、KATO・TOMIXの2編成+EF81トワイライト色2機(KATO・TOMIX)を保有していますが、DD51牽引機は上記理由で保有していませんでした。しかし、この度廃止により自分の記録として2両の購入を決めました。

ただ費用は出来るだけ抑えたいので、焦らずにオークション等で探していたところ、上手く廉めに2両手に入れる事が出来ました。
KATO DD51 北斗星 2両

ただ2両にはロットの違いがあるようで、片方は白色チップLED、もう一方はオレンジ砲弾LEDの基盤でした。両方ともコンデンサを取り去り常点灯化+白色の方をオレンジマッキーで調整してから、走行テストをしましたところ、うまく協調してくれています。重連でしか当所は使いませんので、機関車同志はKATOナックルカプラー、各機両端の客車との連結部はケディーカプラーNo.2001ショートシャンクを取り付けました。

これで乗ることは叶いませんでしたが、私の手元で北海道を走る姿が再現できるようになりました。


それとテストピースの走行テストは完了しました。
走行テスト

少しカントへの入りが悪かったのか?調整はしましたが、本番の敷設の際に気を付ける項目は体験出来ました。あとバラスト撒きテストのちょっとした必要品を100均で購入してきました。

100均

さぁ涼しくなってきた良い季節、楽しんで次にバラストテストに行ってみましょう~

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/09/11 12:00 ] 車両紹介 | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/51-f977e4db