Nゲージレイアウト製作 ~ポイント設置と配線上の問題点~

寒い日が続いています。
特に朝、駅のホームで列車を待っている時が一番嫌ですね。深々と寒いので(^-^;




レイアウトの方は、サブテレインの2%勾配を設置しました。
まずは幅が広いので、この幅に合うように両側をカットしてみました。


中央駅 (8)-10


センターのオレンジの線は、設置の時のガイドの為と、後程コルクシートを貼る時に役に立ちます。

予定である6mm立ち上がったところで3%勾配に替えますので、その高さ6mm位置でカットしています。


中央駅 (8)-11

中央駅 (8)-12


サブテレインは、やっぱり便利なアイテムですね。
苦もなく、あっさりと勾配が出来上がります。
ホーム側から見た立ち上がり方も良いです。
ここは支線、非電化線ですから、SLやディーゼルが闊歩することになります。


そして、ポイント設置もテストとして、一部行いました。


中央駅 (9)-1


設置した感じは、穴を塞ぐプラシートも薄いせいか、まったく気になりません。
表側はOKですね。

裏面を見てみましょう。


中央駅 (9)-2


真上から見ると問題無さそうだったんですが、写真を斜めから撮ったのは、この引っ込み具合を見せる為です。
ポイントのフログ部から来る1本の線と、ポイント分岐前の線路またはフィーダーからの2線を、上に見えているPL-13にハンダ付けするのですが、少しやり辛い感じです。

ここで、ハンダ作業する側だけ斜めにもう少しポリスチレンフォームをカットすれば、改善されるだろうと考えました。
この場所のようにハンダゴテが届きやすい位置ならば良いのですが、残りを確認したところ、3か所ぐらいが作業困難でした。
私は左利きで、ハンダゴテ等はどっちの手でも使えるのですが、状況的に無理な位置がありました。


そこでふと考えると・・・
地下ヤードはベニヤ板上での作業。配線作業はまったく問題無かった。
この部分は、ポリスチレンフォームを分離できる場所。それでも下側から困難な場所が出てきた。

次のEモジュールやA・B本体は、地面に掘った穴にマシンをセットしなければならないという事は、下からの作業は出来ない???


PL-13 への結線手順1


マシン作動の配線を先にハンダ付けしておき、ポイント設置後にPL-13への配線をするという方法は、今までの場所では可能だっただけですね(^-^;
この前、補助配線の記事の時に、ジュンパパさんからコメントをもらった通り、地上から配線の道筋を作ってあげないとダメです。
やっと気づきましたm(__)m

PL-13 への結線手順2


次のモジュールも含めて、やり方を図のようにします。
PL-13への配線も、事前にハンダ付けして、コルクを掘って道筋をつくって、配線するように変更します。

やってみて分かることは多いです。
PECOを使う人間が、トンチンカンでは、しょうがない事ですね(笑)

一歩前進とかんがえましょう(^^♪




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。











関連記事
スポンサーサイト

軌道にはカネを惜しまず

楽に勾配ができるサブテレインはいい製品ですね。こういうものは積極的に使った方がいいと思います。

自分は段ボール板を勾配の角度に合わせてカットして、土台を作りましたが、サブテレインの方が正確にできますからね。勾配区間で列車がガタガタ揺れて脱線でもしたらアウトです。ここはしっかりカネをかけた方がいいですよね。

脱線させて何万円もする車輛を大破させてしまうか、サブテレインで少しだけコストをかけるかを比較するとサブテレインの方がコスパが高いということになってきますし。
[ 2017/01/18 09:43 ] [ 編集 ]

Re: 軌道にはカネを惜しまず

オヤマダさん、おはようございます。

スチレンフォームからの自作も考えましたが、時間と精度を考えるとサブテレインを選択しました。
いまは正解だったと言えます。
勾配は鉄道模型で一番シビアな条件が求められるのかも知れません。
そういう自作の時間をカット出来た事が大きいです。
時間が一番のコストかな?とも思いますね(笑)
サブテレインも全勾配区間で必要数をまとめて買ったので、KATOの車両セット1つぐらいの感じでした。

しかし便利なアイテムです。
複線だと幅を詰めずとも、使えるのも良い点かもしれません。良く考えられた製品ですよ。
モーリンでもスタイロフォームの似たようなものを出していますが、まだ高い感じがしますね。
[ 2017/01/18 10:33 ] [ 編集 ]

実践あるのみ

何ごともそうですが、知っているのとやってみるのとは全然違いますよね。
今回の大型レイアウト製作に向けて数年前に中規模のレイアウトを試作して色々サンプルを得たのですが、それでもまだ足りません。
今のところ、計画の抜本的見直しを迫られるような事態はありませんが、いつも心のどこかでそんな事態になったらどうしようと思ってます(笑)
[ 2017/01/18 18:45 ] [ 編集 ]

Re: 実践あるのみ

Gutさん、こんばんわです。

PL-13アダプタースイッチが無ければ、なんて事ない配線なんでしょうが、色々補助配線を絡めると設置上では想定と狂ってきますね。
特に穴掘り型のパターンから始まっていれば問題無かったのですが、今まで全く違和感がありませんでしたから、「やれる筈」で来ちゃいました(^-^;
方法を変えれば良いだけなので、傷口は浅いです(笑)
この先も色々あるでしょうね~
でもそれを潰していって、完成があるわけですから、頑張りますよ(^^)/
[ 2017/01/18 18:56 ] [ 編集 ]

サブテレイン

お早うございます。
レイアウトをやらないのでレイアウト用品には疎いのですが、サブテレインはかなりスグレモノのようですね。
確かに勾配が変化する部分は脱線やカプラー自然解放の多発地帯ですから、ここがスムーズにつながるのは有難いですね。

配線はこの段階で気付いて良かったですね。

指令3713。
最近DD13の一次型が欲しくなってます(^^)
KATOから出てますが、今年前半は財政上無理です。
[ 2017/01/19 08:08 ] [ 編集 ]

Re: サブテレイン

nari_masaさん、おはようございます。

サブテレインはよく考えられた製品です。
こんなのがあったら良いなぁーが具現化した商品と言えるでしょうね(^^)
角度なんか気にせずに、貼れば良いだけですから、これほど便利な商品は無いです。
勾配も2%・3%・4%とバリエーション豊かですし、最近多いフラットトップ方式の台枠で使うにはもってこいです。
勾配開始点を2%に抑えられたので、カプラー・スカート・スノープロウ等の車両への影響も少ないです。

配線は、地面を裏向けたら、「これ出来ないぞ」から始まりました(笑)
手順はもちろん、合わせてコードの種類を変えるなど、今後は考えていきたいと思います。

DD13はTOMIXからも今度出ますね。300番台の寒冷地仕様は気になります。でも1次型のひとつ眼では無いですね。
[ 2017/01/19 08:42 ] [ 編集 ]

配線

寒いですね~♪
私の家の周辺は、雪結構降りました(^^;)
もう寒さは結構です…。

さて配線ですが、コルクに溝は止めた方がいいのではないですか?
修理や修正するとき…バラストそこら中はがすことになりますよ。
下からであれば最小限で済みます。
ポイントマシン側のスタイロの角を1-2cm取っておけばハンダも出来るかと。
いかがでしょうか?
[ 2017/01/19 11:14 ] [ 編集 ]

Re: 配線

ぼち吉鉄道さん、こんにちわです。

いやー本当に寒いですね。
そちらもかなり降ったでしょう~
お互い寒いのは苦手のようですね(^-^;

下から行ければ良いのですが、物理的に無理な場所が、この中央駅が多くて・・・
それに分離出来るようにするために、コードも開口時に備え余裕をみてるので、これ以上コードを地下部に収められないという事もあります。
3基は止むを得ないので、いざとなればバラスト毎剥ぐことにします(爆)
次のモジュールでは、回避の方法をもうちょっと工夫する予定です。
それ以外は、角を落として直接裏からハンダで止める事にします(^^)/
[ 2017/01/19 12:48 ] [ 編集 ]

サブテレインとは

こんばんは、

サブテレインとはと分からず検索して調べましたが、いまひとつのみ込めていません。
最初から勾配のつけてある部品で左右に切れコミみたいなものがあるのですが、あれは長さが
ある程度調整できるのでしょうか?
以前、教えて頂きました勾配は40/1000位と把握していますが、短くすれば機関車の能力次第と
いうことでしょうか?(あくまで勾配理想数値)

[ 2017/01/19 17:29 ] [ 編集 ]

Re: サブテレインとは

duskike3さん、こんばんわです。

左右の切れ込みは、カーブさせるときに曲げやすいようにとの事から、ちょうどジグザグに入っています。
この辺もよく考えられているところです。急なカーブも緩やかなカーブも自由自在ですから(^^)/
長さは調整出来ません。それをしてしまうと勾配の%が変わってしまいますから。

40/1000は40‰(4%)の勾配です。
4~5両くらいの牽引なら、苦も無く上がると思います。ただ走行時の速度差が出るとは思います。
Nゲージでは基本これを登れるように設計されているのですが、長編成だったり機関車が非力だと登れない事もあります。
どの機関車(車両M付)がと言うには厳しいですが、これより勾配がきつくならないようにされた方が良いです。
勾配は緩やかにしたいところですが、レイアウトの広さの面もあります。
緩やかにすると、交差のクリアランスまでの距離が延びますので、プラン上苦しくなる訳です。
私のプランも広い方ですが、勾配箇所全部を2%には出来ず、3%の前後だけ2%勾配にしてます。
[ 2017/01/19 17:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/446-90364a13