PECOポイントマシンPL-10の穴を塞ぐプレート作り

PECOのポイントマシン(PL-10)をポイント下に取り付けますので、地面(道床)であるコルクシートには穴が開けてあります。
これを塞がないとバラストなどが撒けませんので、薄いプラシートで塞ぐことにします。


中央駅 (8)-7


まずは先に作っていた冶具、ポイントマシンPL-10を収める穴の大きさを、もう一度整理しておきます。
古いNマガジンに掲載された寸法を元に今回行いました。

ポイントマシンの穴


同じ穴を手早く、ポイントのある地面にマーキングするために冶具を作りました。

ポイントマシン用 穴ガイド



この穴を塞ぐプレートです。
寸法を明記しておきます。

ポイントマシンの塞ぐプレート


結構細かいですが、ポイントの差し込み穴とロッドの稼働範囲の穴は、きっちりしておいた方が良いでしょう。

この寸法に基づいて、私は0.1mmプラシートで作成しました。

ポイントマシン塞ぎプレート1


先に寸法表を掲載しましたが、私は線路中心線をとスライドロッドの線を十文字に描き、その後ポイントをその十字に合わせて、差し込み穴の位置をマーキング、ロッドの稼働範囲は簡単に印を打ち、それからポイントを除いて、その差し込みマーキング位置を囲み、ロッド可動範囲は印のところで囲むという方法を採りました。

書き込んだものを採寸したら、見事に最初の寸法表と同じでした。
寸法だけを頼りに書き込んで行くより、この方が早いです。
何せポイントの数が多いですから・・・(笑)


ポイントマシン塞ぎプレート2


それをカッターで切り抜きます。


ポイントマシン塞ぎプレート3


シートが薄いので、カッターの切り抜きは楽でした。
穴もそんなにシビアに考えずとも良いですし・・・(^^)


ポイントマシン塞ぎプレート4


最後に真っ黒けに塗っておきました。
ロッド付近は、バラスト入りませんし、後で色を塗るにしても下準備にもなります。

これでまた下準備がひとつ終わりました。




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。











関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/01/12 10:00 ] PECO | TB(0) | コメント(10)

おはようございますm(_ _)m

穴を塞ぐには良い方法ですね。

自分は適当に作ったので大きさがバラバラです(T . T)
[ 2017/01/12 10:57 ] [ 編集 ]

Re: 塞ぐ

大佐さん、おはようございます。

地下のクリアランスの為に、コルクやコンパネを足したので、切り抜いたコルクは再利用しませんでした。
プレートの厚さは0.2mmと迷ったのですが、0.1mmにしました。
柔なら0.2mmに替える予定ですが、塞ぐ+バラスト撒きぐらいなら、これでも十分行けそうです。
数が多いと、何でも量産できる方法が一番です(笑)
そうでないと、こんな作業でもくじけてしまいます(^-^;
[ 2017/01/12 12:34 ] [ 編集 ]

先走り

こんにちわ。
先走り申し訳ありません。
バラストじゃじゃ漏れどうするの?ってなっていましたので…。

でもここはスポイド禁止ですね(^^;)
こういうのもpecoの難しさなのでしょうね。
段取りばっちりのがおう☆さんには、無問題ですが(^^;)
[ 2017/01/12 12:39 ] [ 編集 ]

Re: 先走り

ぼち吉鉄道さん、こんにちわです。

いえいえ、ご心配頂きありがとうございます(^-^;
でもプレート作るのが億劫で、やらなきゃいけないなぁーと思いつつもここまで引っ張りました。
カッターで切るのは、あっと言う間なのですが、下書きの方が時間を取られます。
まだ次のモジュール達にいっぱい必要なので、昼休みにちょこちょこ作業しといた方が良いなぁーと考えてます。

バラスト固定時は、この辺りはスポイトというのは無理ですかね?
ロッド付近は撒く量が少ないので、ボンドを塗って、そこに置いていく感じの方が良いでしょうか(^-^;
ポイント付近は、組線路よりかは安易に撒けそうですが、マシン周辺だけは穴から下にボンド水が漏れるかも知れませんね。
[ 2017/01/12 12:47 ] [ 編集 ]

数モノ

こんばんは。
がおう☆さんはきっちりと罫書きをしてから着手されるのでやり直しが少ないですね。

私のような横着者だとこういう数モノは着手するのに躊躇しそうです(^^)
始めるとこんどは手抜き工事で手直しやり返しが出ます。
そして大量のやり直しが出ると立ち直るのにまた時間がかかり・・・
以下ループ(^^;;;

FCIA指令は6715
セノハチのEF67ですか~EF60とEF65からの改造機ですね。
確か以前にマイクロが出してました。
15は・・・EF15はKATOがあるし、ED15はウェルカム、DD15は出てましたね。
[ 2017/01/12 18:46 ] [ 編集 ]

Re: 数モノ

nari-masaさん、こんばんわです。

どうも仕事の癖というか、やり直しが好きではないんでしょうね。
最初に結構手間を掛けて、時間的にはロスするんですが、最終的には時短になっているというのが理想ですね(^-^;
性格は雑な癖に、妙に拘りもあって、厄介な人間です(笑)

セノハチ補機のEF67は、ぼちぼち終わりですかね(^-^;
オレンジ色の機体は派手でした。
ED15は隙間になりましたね。トミーテックが来ますかね(笑)
[ 2017/01/12 19:04 ] [ 編集 ]

プラシートはいいアイデァ

こんばんは、

プラシートでのポイント(PL-10)や差し込み穴等の一般的な時具みたいな考えですね。
これは便利な方法ですね。一度に数十箇所を間違いなく印を付け早く出来便利です。

でも、細かいなぁ。私には多分見えなくなり無理でしょうね。
もっと簡単な方法で製作して走らせようと考えています。
[ 2017/01/12 19:37 ] [ 編集 ]

Re: プラシートはいいアイデァ

duskike3さん、こんばんわです。

PECOのポイントをお使いの方々からみると定番の方法なんですが、数が多いと穴開けも穴塞ぎも大変です(^-^;
数を楽にが何よりのテーマですね。
穴の箇所は細かいですが、正確性が要求されないので、気楽にはやってますよ。
車両を弄る方が神経を使いますね(笑)
老眼鏡も必須ですしね(^-^;
[ 2017/01/12 21:43 ] [ 編集 ]

おはようございます

下地作業お疲れ様でした。
この手のシゴトが重要不可欠なのはわかりますが、やはり面倒に思ってしまいますよね。
だから楽で効率のいいやり方が1番です。
0.1mmで十分だと思いますね。
バラストはボンド水を垂らすのではなく、ボンド水に浸したバラストを敷くといいと思います。
そしてボンド水が乾く前に、上からパラパラと薄くバラストを追加して自然な感じに仕上げます。
ただ、枕木の間はちょっと難しいかもしれません。
そこは工夫しないといけませんね。
[ 2017/01/13 07:05 ] [ 編集 ]

Re: おはようございます

Gutさん、おはようございます。

まだこのモジュール分10枚しか作って無いんです。
あと10枚は、十文字の線だけを入れてあり、いつでも続きが出来るようにと思っていますが、たぶん次のモジュールに掛からない限り、やらないでしょうね(笑)
昨日、1台マシンの配線をハンダ付けして、プレートをセットしましたが、0.1mmで十分行けます。
コピー紙より薄いですが、そこはさすがにプラ製ですね。
量産しなきゃなぁー(^-^;

> バラストはボンド水を垂らすのではなく、ボンド水に浸したバラストを敷くといいと思います。
> そしてボンド水が乾く前に、上からパラパラと薄くバラストを追加して自然な感じに仕上げます。
練ったバラストみたいなモノでしょうかね(^-^;
アドバイスありがとうございます。
枕木の間は・・・先送り事項です(爆)
[ 2017/01/13 09:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/443-102e13bd