Nゲージレイアウト製作 ~PL-13のセットと25mm間隔のポイント切り詰め~

息子のLEGOミニクーパーに負けていられません。
今年のレイアウト作業開始です。

まずは単体モジュールでの作業を優先します。
配線、ブロック固定、ポイントマシン固定。
その第一歩とも言えるポイントマシンへのPL-13アダプタースイッチの固定を行います。


PL-13はHOとの共用部品でもあることから、Nのポイントのロッド稼働距離では動きが少なすぎて、装着しただけでは、うまくスイッチの切り替えが出来ません。

DSC_0017[1]
DSC_0018[1]


それを装着状態で、ポイントの動きと共に切り替わるよう調整しながら、設置していきます。
切替えたときのLEDの色で判断するのは、地下ヤードの時と同じです。

これが結構時間が掛かるんです。
「行けた!」と思って、マシンを固定し、最終確認で切り替わらなかったり・・・
勿論、コンデンサ方式でポイントを通電作動をさせて、アダプターを通じて電気が切り替わる事を最終チェックとして行っています。


DSC_0019[1]


リレーを経由するものは4個ありますので、10個中6個にPL-13を装備しました。
これで一つの下準備が完了しました。


そして、もう一つの下準備。
支線到着ホームとその隣の機回し線は25mm間隔に線路間を詰めました。
これの為に、ポイントの渡り線を詰めました。


DSC_0022[1]


取り敢えず必死だったので、途中撮影忘れました(汗)

方法的には、まず25mmの線路間隔の時に、接続点がどの辺にくるかを確認。
その結果、各々詰める分岐側の枕木を一つ削除しました。

そのあと、それぞれの中間点にマーキングして、ハイパーカットソーで片側を切断。
それで再度、位置合わせをしてマーキングし直し、同じくカットソーで切断。

それでギャップジョイントを噛ましたのが、上の写真です。
少し切り過ぎ感はあります。

なかなか難しいですね。
固定前に、少し走行テストをしてから、問題があれば対策を考えます。

昨日はここまでですね。
他の調べ物も必要なことが、この正月に分かりましたので、その準備も行わなければなりません。

飲んで過ごしている場合では無かったようです(^-^;
さぁ今日から仕事です。




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。











関連記事
スポンサーサイト

切断

レールはハイパーカットソーで切るんですね。
私は横着者なのでニッパーで力技…。断面の調整もバリ取りぐらいですませてしまっています。
見習わなくては(笑)
ポイントマシンの調整はなかなか大変な作業に見えますが、うまく調整しながら作っていくのは楽しそう。
[ 2017/01/06 12:38 ] [ 編集 ]

Re: 切断

Gutさん、こんにちわです。

私も当初は篠原謹製のレールニッパーを調達したんですが、どうしても反対側は尖ってしまうので二度手間を考えたら、ハイパーカットソーが便利です。
特にPECOのコード55のレールは土型の断面ですので、これが手っ取り早いですね(^^)/

はい!次!という風に、どんどん行けないので、地味な作業なんですよ。
でも開通後のメンテを楽にするためには、非常に重要な作業をやっていますので、自分自身にはかなり緊張を強いられるものでした(^-^;
[ 2017/01/06 12:56 ] [ 編集 ]

PL-13

3ウェーポイントにマシン&PL-13を付けた時マシン位置決めに往生した記憶が有ります。
手でポイントを切り替えた場合、PL-13はまづ切替わらなかったですね。マシンを通電して「バッシ」と切り替えるとシャフトが斜めになってPL-13が確実に切り替わります。
先日レイアウト収納の際すっかり忘れて、ポイントを手動で動かしても通電切替が出来ず走行不能で焦りました。通電切替で無事走りました。

ところでマシン取付部の穴は如何に塞ぐおつもりなのか気になる所です。
枕木とマシンの間に薄い板を挟む必要が有る気がするのですが。(以前0.2mmぐらいのプラ板を挟んだ記憶があります)
[ 2017/01/06 13:15 ] [ 編集 ]

Re: PL-13

ジュンパパさん、こんにちわです。

私もジュンパパさんの3WAYの記述で、簡単じゃないんだと覚悟しましたよ。
地下ヤードの時も調整しましたが、あの時は地面固定。
ポイント直下の方がちょっとやりにくかったですね(^-^;
でもポイントマシンの6つの爪のうち、4本に填め込む訳ですが、通常だと気にしない取付向きも気にして付けると、調整のコツが少し分かってきました。

ポイントマシンの穴ですね。
私も0.2mmのプラシートでベースを量産して、線路下にサンドしようと思ってます。
幸い寸法は過去に公開されているのがあるので、それを参考に作ってみようと思います。
[ 2017/01/06 14:29 ] [ 編集 ]

ポイント

あ~、思い出しちゃいました ポイントの切り詰め あれけっこう大変でしたからね~ でも、とうとうダブルクロスの線路間は変えられませんでした それはやはりPECOのポイントとクロスを使わなければ出来ないでしょうから 仕方なしにポイントを過ぎたところから線路間隔を28mmに変更したんです その分直線が短くなってしまっていますけれどね(^^; 
HO兼用ってことですが いっそ電圧を上げてみたらどうなんでしょう? 現にTOMIXのアクセサリー電源は12V しかしKATOも12Vとうたっているようですが TOMIXの12VではKATOのポイントは動きが悪いです そしてKATOのものは15V出力されていますので簡単に切り替わりますからね~
[ 2017/01/07 09:28 ] [ 編集 ]

Re: ポイント

トータンさん、おはようございます。

市販組線路のダブルクロスは切り詰め不可でしょうね。
PECOで、4つのポイントとクロスで行うにしても、相当の苦労が考えられると思います。
この2つでも結構緊張しました。失敗しても、日本で買い直しという訳には行きませんからね~(^-^;
でも隙間はわずかですし、機回し線の方ですからと妥協してますが、走行に問題が出るなら考えないと・・・

PL-13のストロークがHOに合わせてあるんです。
それでNだと、そのPL-13の切替時の全ストローク幅のちょうど中間付近で動くように、ポイントを動かすロッドを少し曲げたりしてるんです。
マシンであるPL-10は作動電源は16Vなので、バチバチ切り替わるんですが、PL-13の作動範囲が狭いんです(^-^;
今度どのくらいPL-13が動いて切り替わるのかを動画撮ってみましょうか?
でも、くだらない画像すぎて、YouTubeさんに怒られるかな(笑)
[ 2017/01/07 09:55 ] [ 編集 ]

こんにちは、

レイアウト作製開始ですね。
解説を拝読しましたがわかりません。
私のNゲージのレイアウト地震がなくなってきました。
出来るだけ簡単なものにしたほうがいいようです。
スタンダードのエンドレスにポイントをつけて直線レールを
はしる。 これが私の限界でしょう。
[ 2017/01/07 14:50 ] [ 編集 ]

Re: PECOゆえに

duskike3さん、こんにちわです。

あぁー私のはPECOですので、こんな手間な事をやっているんです(汗)
それもやらなくても良い事を念の為にやっているので、複雑怪奇なんだと思います。

普通の組線路は、それこそメーカーの説明通りに組み付けてやればOKですよ。
自信無くさないでください~(笑)

最初はプラン集みたいなものも溢れてますから、運転まではそんなに支障が無いと思いますよ(^-^;
[ 2017/01/07 15:06 ] [ 編集 ]

初めまして、コメントありがとうございました。 
ご挨拶を兼ねて、訪問致しました。これからもよろしくお願い致しますm(_ _)m

他人事でもレイアウトの進行具合は、読んでいて楽しいものですね。がんばってください。
うちのは異質なレイアウト?ですんで。。。楽しくないかと。。。。(^_^;)
[ 2017/01/07 20:29 ] [ 編集 ]

Re: ありがとうございます

ぶさん、こちらこそ宜しくお願いいたします。

私もレイアウト作製の記事は、どうしても目が行きます。
自分とはコンセプトが違うものも興味ありますし、皆さんの努力の過程が自身の進行具合と重ね合わせて、見れるから余計にではないでしょうか(^-^;
勾配を作らず、周回のどこからでも見れるレイアウトも楽しいと思います。
また覗きに行きますね。

[ 2017/01/07 20:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/440-0684c046