お盆休みは・・・

お盆休みも終わり、仕事が始まりましたが、まだまだ体が本調子に戻ってきませんね。

休みも終われば、あっという間です。いつも一緒に居られない子供と沢山時間を作れたのは良かったかな?
そんなお盆の一コマで、息子と二人っきりで京都にある梅小路蒸気機関車館へ・・・

梅小路蒸気機関車館1
さすがに人も多くて驚きましたが、近くで仕事をしていながら、ここに来るのは小学生以来!
息子をダシに使って、扇形庫の資料も集めたいとの下心を抱きつつ行ってまいりました。


京都駅から歩こうと思っていたのですが、『抱っこ!!!』の掛け声。こりゃキツイと思い、バスへ変更。しかしバス乗り場が長蛇の列です(汗)
数台が去って行った後に何とかバスに乗り込み、いざ梅小路公園へ。着いたのは10時半くらいでした。
梅小路蒸気機関車館3
梅小路蒸気機関車館5
遠くに建設中の新しい京都鉄道博物館が見えます。なんでそんな近くで見れないとこにC62‐2が・・・(;_;)/~~~もっと近くで見たかった(悲)

そうこうしているうちにスチーム号の乗車案内があったので、混雑を避けるために先に乗ろうーと切符売場へ・・・すでに長蛇の列です(T_T)
でも2回目の運転に乗れました。しかし近くでの汽笛は迫力ものですね!息子はビビッてしがみ付いてきました(笑)

梅小路蒸気機関車館6
遠くにC55・C11・D51なめくじがいます。(近くで見たかった・・・なぜあんなとこに)今日のスチーム号はD51-200です。

梅小路蒸気機関車館7
息子は喜んでましたが、スチーム号もう少し乗車距離伸ばせないものですかね。あっという間に終わってしまいました。

行った日は中でスタンプラリーをやってましたので、その後は館内をグルグル。その途中で庫内の様子をカメラに収めました。ブログには携帯のみの画像です。

梅小路蒸気機関車館2
煙突の形

梅小路蒸気機関車館8
排煙口

梅小路蒸気機関車館9
庫内の明かり取り窓

梅小路蒸気機関車館10
梅小路蒸気機関車館11

8620の隣では弁天町から来た義経号が動態保存に向けて整備されていました。

中の一角にプラレールで遊べる場所を息子が発見!私は引きずられるようにしてその場所へ。えぇ~動きませんでしたよその後。その場所からの離脱は私には無理でした(爆)
ようやく満足したのか、自分から離れたのはずいぶん時間が経ってからでした。その後、館を後にして京都駅まで公園内を歩いて帰ろうとしたところ、息子がアスレチックな遊具がある公園を発見!もちろん突撃です!疲れを知らんな~(若さがほしい)そんな遊具の隣にトコトコと旧京都市電が走ってくるではないですか!これは知りませんでした。この前明治村で乗ったものと同じです。ただ架線集電でない、ハイブリッドとの事でしたが。これは息子も惹かれ、二人で乗車しました。おかげで遊具から離れられ、無事に京都駅へと帰れました(ホッ)

でも水族館が出来た以降か、ずいぶんといい意味で期待を裏切られましたね。こんなになっていたとは・・・これなら嫁さんを連れてでも家族で1日満喫出来ますね。

テストピースの方は、線路固定までお盆休みに出来ましたので、もう少し作業をしてUPしようと思います。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/08/19 19:00 ] 旅行・お出かけ | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/43-d7829a35