地下ヤード ポイントマシン配線開始

ポイントマシンを固定しないと、地上面への基礎造成が出来ないので、いよいよ配線を始めることにしました。

まずはこれを作ります。

いつも拝見している冷や水鉄道様の紙ソケットです。
これを採用させていただきました。


紙筒ソケット (1)


はがき位の厚みの紙を帯状に切り出して、これをクルクルっとコンデンサを用いて巻くだけです。


紙筒ソケット (2)


地下部はテスト用に買った1000μFを積極的に使いますので、数を仕込みました。


紙筒ソケット (3)


巻くのは単純作業ですし、何といっても廃品からでも生まれるソケットは非常に有り難いです(^^)/
トータンさんは、マーブルチョコのようと言われてましたが、正にそんな感じで、差し込んだ軽量なコンデンサを確実に固定してくれます。


数も用意出来たので、この紙ソケットを配置します。


紙筒ソケット (4)


ポイントマシンの傍に木工用ボンドで接着・固定しました。

ここにコンデンサの向きを揃えて、繋いでいきます。

ヤード入口の1基を先行配線しました。

ポイントマシン配線1


写真右が、一番最初に配線したものです。
フログ部への給電線が遠いですが、これは下に台枠の梁が通っているのを避けるためです。

最初だったので、コンデンサ4個を並列に繋ぐのに、少し横幅を採りすぎた感があります。

配線のハンダ付けが終わった後に、作動を確認しましたが、無事に動いてくれます。
発熱なども見られません。


次に写真左端の3WAYポイント、2個中のひとつ、これを2番目に配線しました。


ポイントマシン配線2


上の写真は、3WAYポイントの二つ目、コンデンサの繋ぎ配線です。
最初の物より、コンパクトにハンダ付けも上手くなってきました。


3WAYポイントは、フログ2か所への電気補助配線をしないと行けないのですが、マシンが隣接するので、先にマシンの配線を終わらせて、それから補助配線のハンダ付けを2基同時に行う予定です。

最初なので、時間が掛かりました(^-^;
この続きはまた・・・




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ







関連記事
スポンサーサイト

ありがとうございます

早速の御採用ありがとう御座います 以前はプリント基板に纏めて配線していたのですが いざメンテとなるとポイント=コンデンサーって認識し難くて この方法を思いついたのですが これで配線も楽ちんになったし コンデンサーの交換も簡単だし なによりどのポイントのコンデンサーなのかが一目瞭然って・・・・・あ~あ~あっ、なんとも自画自賛で済みませんでした(^^;
あれ?ポイントマシンはそのまま使うのですか?ベースの下だとばかり思っていました ってことは何か建物で隠す予定なのでしょうか? 私はKATOのポイントしか知らないので どうもお粗末な質問になってしまいましたね~(^^;
[ 2016/09/16 19:07 ] [ 編集 ]

Re: ありがとうございます

トータンさん、こんばんわです。

トータンさんのグッドアイデア戴きました(^^)/
ホントに抜け落ちないですね。
私はポイント近くに設置するので、筒に番号こそ振っていませんが、簡単に書けるのでハッキリしますね。
これだけに基盤は勿体ないし、大袈裟になるでしょう?これは本当に良いアイデアで、もっと広まって良いと思います。

ポイントマシン、なぜ下に付けてないのか?でしょ~(^^)
ここは地下なので、壁を作るんです。
その中にマシンを格納するという訳です。
トンネルの中等も見えないので、横置きにするつもりです。
メンテ的にはこちらの方が優れてますので、適材適所というところでしょうか。
地上部はすべてポイントマシンは、トータンさんが思っておられるとおり、線路直下に装備させます(^^)/
その時こそ、紙筒ソケットの真の力を発揮させられる(逆さまになるので)でしょう。
[ 2016/09/16 19:20 ] [ 編集 ]

舶来ポイントマシン

こんばんは。
PECOのポイントマシン、何ともメカニカルな形状ですね~。
機械の制御に使う電気機器にそっくりです(^^)
トータンさん譲りのマーブルチョコの筒もうまく機能しているようで、電動ポイントの基本的な構成部分はこれでクリアーですね。
[ 2016/09/17 21:21 ] [ 編集 ]

Re: 舶来ポイントマシン

nari-masaさん、こんばんわです。

HOもこれ使いますから大きいし、形状もマシンそのものです。
しっかりした構造みたいですから、耐久性もありそうです(笑)
トータンさんのグッドアイデアを頂きました。
線路直下に付ける際も、コンデンサの場所を近くにするとき、縦でも横でも逆さまでも、どこでも考えられる設置が出来ると思います(^^)/
今晩に後を設置しようと頑張っている最中です。
[ 2016/09/17 22:51 ] [ 編集 ]

いいアイデア

こんばんは、

少し厚手の紙を使用してコンデンサー固定用に使用するのはいいアイデアですね。
それに紙ですといろいろ記入も出来てどれのコンデンサーか管理できます。

模型好きな皆さんもいろいろ工夫してアイデアを出し楽しまれているのでしょうね。
いいことですよね。
[ 2016/09/18 19:12 ] [ 編集 ]

Re: いいアイデア

duskike3さん、おはようございます。

良いアイデアでしょう~私ではこんな発想が出ないです(笑)
このトータンさんは紙(神)技が凄くて、いつも感心させられるばかりの方です。
設置が簡単で、交換も簡単!少し離れた場所に置く時でも、番号をソケットに書けます。
このアイデアを戴いてなかったら、もっと苦労していたと思います。
私も何かしら発信出来るようなものがあれば良いですが・・・(^-^;
[ 2016/09/19 08:52 ] [ 編集 ]

ヤード!!

がおう☆さん、こんばんは。

おぉ、だいぶ進みましたね!
やっぱりフレキレール&ピィコマシーンは
かっこいいなぁ~♪
ちょうどうちもヤード施工中ですが、
ちょっぴり羨ましい小菱重工です。
[ 2016/09/19 23:00 ] [ 編集 ]

Re: ヤード!!

小菱重工さん、おはようございます。

このモジュール側は敷設は完了しました(^^♪
後はポイントマシンへの配線関連が残りました。

ポイントマシンは、下部に収めるときは目立たないですが、横にあると巨大です(笑)
まさに「マシン」という言葉が似合います。
レイアウトの製作って、結構段取りを考えないと、上手く進まない(後戻り)することがありますね。
最近、実地の工事をしていると、「しまった!あれを先に付ければ良かった!」と失敗までは行かないものの後の段取りが上手く行かない事があります。
[ 2016/09/20 09:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/395-ffd3db77