テストピース買出し準備

昨日、お得意先の帰りにボークス京都に寄って、テストピースを作る上で必要なものを調達してきました。

まずは、土台のスタイロフォームとバラストです。
7/25買出し

バラストの種類は悩みました。店内には諸兄の素晴らしい作品も数多く展示されており、参考に穴が開くほど見つめさせて(危ない人か?)いただきました。ネットで拝見するのと、実物を見させていただくのでは随分違いますね。やはり実物の方が訴えてくるものが違います。こんな作品が作れれば良いのですが、目標と致しましょうー。そこでバラストの問題に戻って・・・購入したのはモーリンのバラストです。
バラスト2種

購入する前は、N用のものと少し大きい粗目のものを比較していこうと思っていました。しかし店頭で拝見するとN用は非常に細かい。もちろんN用ですから当たり前です。カトーの純正バラスト等に比べるとまだ粗い方なのですが、どうなんだろう?と考え込んでしまいました。150分の1の世界ですから、出来るだけ正確にという基本はありますが、デフォルメも見た目の重要なポイントです。N用粗目は、1/87のバラストと大きさが変わらないような感じでしたので、これをローカルと準幹線の2種を買ってみました。

撒いた時の印象はこちらの方が良いように思うんですが・・・テストしてみましょう。その為のテストですから。それと見た目・デフォルメにプラスして、大きめを選んだのはバラストの量です。細かいとそれだけ量を多く使う恐れがあります。軽量化の阻害になるので、これも選択の理由です。もちろん撒く際の隙間埋めは別途考えています。
これでバラストの選定とバラストの盛り方、あと接続に合わせて架線の張り方も考えて行きたいと思います。

後、接続の問題も一緒に考えたいので、スタイロの土台をもう1つ今日買ってきましょう。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/39-0b53ad1f