地下ヤードの線路敷設 その8

オリンピックも終わりですね。
開会前は色々と危ぶまれる報道もありましたが、終わってみれば非常に盛り上がった大会ではなかったでしょうか。
オリンピック視聴も終わりましたので、そろそろレイアウト製作に集中していきたいと思います。

この日曜日は、修正と次の為の準備を行いました。


まずは修正。

洗浄線にする1線にコルクシートを貼ってしまったので、ここを洗浄線らしく真ん中に排水の溝を表現します。

本来ならプラ板でベースを作り、そこに枕木が乗る部分のみプラ棒で作ったりして溝を表現するんでしょうが、ここは全くイレギュラー的作り方になります。

地下ヤード (35)


まずはコルクシートのレール中心線に対し、片側2.5mmの5mm幅の切込みを入れて、マイナスの精密ドライバーで掘りながら、溝のスペースを作りました。

地下ヤード (36)


そこに0.3mmのプラ板を5mm幅に切り出して埋め込みました。
段差が大きめかも知れませんが、地下で暗い分においては、このくらいが良いと判断しました。


地下ヤード (37)


見え方としてはこんな感じです。
線路は仮置きですが、線路間の枕木をカットして設置する予定になります。
ベースは先にグレー系に塗っておいた方が良いですね。



修正の次は、ヤード侵入口のカーブの線路敷設です。


地下ヤード (38)


ゴム系ボンドで設置しました。
考えればここがR300mm、レイアウトの最小半径です。
この部分を敷設したのは、ポイントの固定位置を決めないと、ストロークの短いPL-13の切り替えが出来る位置にPL-12が設置できないからです。
テストはコンデンサの容量が直付けと変わるかどうかだけですので、それよりも設置位置の方が重要でした(PL-13を付ける為)


ここでベニヤとの反響音ですが、ちょっと気になりますね(笑)
ぼち吉鉄道さんからのご指摘どおりでした。
でもどうしようもないので、諦めて先に進める事にします(^-^;
ベースのベニヤだけに、今後スタイロなどを乗せて行けば、今の反響音が若干でも収まれば良いです。


次は配線の作業です。


地下ヤード (39)


各ポイントの裏側にフィーダー補助線をハンダ付けしました。
PECOエレクトロフログは、ポイント裏に接点の接続線があるので、そこにくっ付ける様にハンダしました。

この赤線に、PL-13またはリレーを通じて、+-のどちらかが給電されることになり、切り替えの集電不良を防ぐ役目をしてくれます。


地下ヤード (40)
地下ヤード (41)


ポイントの仮置き状態です。
カーブ部のレールが固着出来たら、PL-12の設置位置を決めて行く作業に移行出来ます。

カーブ部のフィーダー線の逃げる穴を開けるのを忘れてますね(^-^;
次の作業の前に、忘れずに開けておくことにします。

今週末は家族旅行ですから、平日の夜にどれだけ進められるかな?




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ







関連記事
スポンサーサイト

おはようございます。

毎日暑いですね。
夏バテしていませんか?
私なんかもう夏バテで麺類しか食べれなくなっています。
やはり無理しては駄目ですね。歳には勝てません。

カーブのコルク板は実際にカーブをカッターかで切って
製作されているのですか?
[ 2016/08/22 11:48 ] [ 編集 ]

Re: コルク板

duskike3さん、おはようございます。

夏バテですか?
私も少しバテてはいますが、食欲が落ちない(酒欲も)せいか、一応頑張っています(笑)
一番体力を消耗するのは、子供の相手で延々付き合わされる事でしょうか(^-^;

コルクですが、全部直線に切ってます。
ただ13mm幅に切って、線路軌道の片側ずつを貼って、2つで26mm幅にしています。
これは貼りやすさと、貼り合わせの中心線がレールの中心になるので、次のレールを貼る時にも便利なんです。
いきなり26mm幅では、貼れないのかも知れませんね(^-^;

それとカーブに綺麗に切れないかな(笑)
[ 2016/08/22 11:59 ] [ 編集 ]

配線色

こんばんわ。
ヤードいいですね(^^)
配線色、決めた方がいいですよ~♪
基本赤はプラス、黒がマイナスです。
これを進行方向を決めて向きを揃えれば、配線ミスが減ります。
まぁ、注意深いがおう☆さんには、問題ないかもしれませんが(^^;)

やっと仕事がひとつ終わったら…。
ひとつは、期日前倒し。
もうひとつは復活…。
いつになれば、鉄摸に戻れるのか…。
[ 2016/08/22 18:02 ] [ 編集 ]

Re: 配線色

ぼち吉鉄道さん、こんばんわです。
相変わらずお仕事大変みたいですね。
まだまだ暑いですから、体調は気を付けてください(^^)

配線色はちょうど考えていたところです(シンクロしました)(^-^;
レールへの給電は青・白
ポイントマシンは赤・緑・黄・黒
その他給電は赤・黒

こんな感じで行こうと思ってます。
平行線の色の組み合わせが少ないので、どれをプラスにしているかをしっかり決めて配線しますね。
マイナスは基本の黒または白で行きます。

向きも大事ですね。きっちりとルールを決めておきます(^^♪
[ 2016/08/22 18:56 ] [ 編集 ]

夏バテ

お久しぶりです。地下線の敷設が進んでいますね。

カーブ区間のコルク道床とレール敷設がきれいにいっているなあと感じます。ポイントマシンも頼りがいありそう。バネが強いPECOポイントレールがバシっと動作する姿・・・・良さそうです。
[ 2016/08/22 21:33 ] [ 編集 ]

Re: 夏バテ

凡人オヤマダさん、こんばんわです。

やっと線路を敷設するところへ来てます。
カーブ区間は半径が小さいので、敷設には結構苦労しました。
真っ直ぐに戻ろうとする力もそこそこあるんですね。
PECOは以外に曲線をキープしやすいと思ってました。
そんなこんなで、いい事前練習になっています。
その分、この先の敷設に多少不安も無い訳でもありません。
上手く行くのかな?とおっかなびっくりです(^-^;
マシンは壁面内に隠すので、今は思いっきり見えてますが、保守のやり易さはこの方が良いでしょうね。
[ 2016/08/22 23:59 ] [ 編集 ]

PECOフレキレールの曲げ方

PECOのフレキシブルレールですが、裏側を向けてやると枕木と枕木の間の茶色い樹脂がところどころ切れていたり、切れていないところがあったりします。そこが切れていないと小径カーブの敷設がやりにくいのですが、予めニッパーを入れて樹脂を切ってやると曲げやすくなります。

模型屋さんでもそのことはあまりご存知ではなく、PECOのレールはクヌギに打ち付けないと固定できないとおっしゃっていましたw

文章ですとわかりにくい表現かも知れませんが、これでカーブを再現しやすくなります。
[ 2016/08/23 14:00 ] [ 編集 ]

Re: PECOフレキレールの曲げ方

凡人オヤマダさん、情報ありがとうございます。

文章でも大丈夫です。良く分かります(^-^;
PECOの#55、フレキ裏に片側は4つ置きに枕木が分離しているのですが、片側はほとんど繋がってますね。
それでも緩いカーブなら結構曲げ癖がついてくれるのです。
もう片方もちょっと切れ目をつくってやれば良さそうですね(^^)/
ありがとうございます。
次のR300クラスのカーブからは、繋がっている枕木間の方に少し切れ目入れて分離してみます。
[ 2016/08/23 16:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/383-050049a1