Nゲージレイアウト製作 PECOポイントマシンの2線式配線のテスト用試験図 その2

23日にアップさせていただいた疑似2線式によるポイントマシンの配線ですが、ぼち吉鉄道さんより切り替え時に補助接点フィーダーが、本線系のフィーダーとショートしてしまうのでは?と疑問点を投げかけていただき、もう一度PL-13アダプターと共に、整理してみたいと思います。

私はPECOのエレクトロフログのポイントを使用します。
基本的な電気の流れは過去の記事を参照ください。

ポイント切替時にトングレールの接触が甘くなると、通電不良をポイント内で起こす要因ともなります。
これを解消する為のヒントは、他の種類のエレクトロフログのポイントにありました。

3WAY PL-13


これはエレクトロフログの3WAYポイントの付属の説明図です。
2ヶ所に絡む複雑なフログ部への給電を、ポイントマシンの付属アダプターPL-13で行うように指示しています。

線路から配線し、アダプターを介して一方の電気のみを給電するようにします。
仕組みは過去記事のこちらをご覧ください。

普通のエレクトロフログは、この補助配線をしなくともトングレールの接触だけでOKなのですが、3WAYと同じように補助配線をしてやれば、接点が甘くなっても通電不良は避けられると考え、現在のようにポイント切り替えのトグルスイッチを利用する考えに至っています。

PL-E395F 補助フィーダー1-1
PL-E395F 補助フィーダー1-2


これが、PL-E395F中型ポイントの基本の電気の流れです。
トングレールの接触で、給電が切り替わります。


PL-E395F 補助フィーダー1-2-1
PL-E395F 補助フィーダー1-2-2


ポイントマシンは略してますが、走行電源だけを考えれば、このようになります。
PL-13は、ポイントマシンPL-10のトングレールを切り替える中心の棒が、左右に動くのに連動して切り替わる単純な構造です。
故にON-ONタイプの切り替えと同じと考えても良いのではないでしょうか?


PL-E395F 補助フィーダー1-3-1
PL-E395F 補助フィーダー1-3-2


これを先日のトグルスイッチに置き換えてみました。
ON-ONで切り替えるので、全く同じように私は感じています。


PL-E395F 補助フィーダー1-3-3
PL-E395F 補助フィーダー1-3-4


ただ、ぼち吉鉄道さんの言われるように本線系のフィーダーとショートするのではないか?の危惧を回避すべく、分岐両側ともにギャップを切っておけば、大丈夫でしょうか?


ポイント切替で、トグルスイッチの片側をリレー等で使いたい場合のみPL-13を使い、3WAY・ダブルスリップ・シングルスリップの3つは、必然的にPL-13を使って、フログ部分の給配電を切り替えたいと思います。

※nari_masaさんより、コンデンサの充電・放電の向きを合わせておいた方が良いとのアドバイスを頂いたので、ポイント直進側をコンデンサ放電・ポイント分岐側をコンデンサ充電にて、切り替わるものと規定しなおしました。
それで回路絵図の方は、28日時点で差し替えさせていただきました。



PL-E395F 補助フィーダー1-4-1


上図は線路へのフィーダーも書き込ませていただきました。


PL-E395F 補助フィーダー1-4-2



トグルスイッチの向きは、向きが逆とのご指摘を頂いていたので、直しておきました。

トグルスイッチを使ったバージョンと、PL-13を使ったバージョンの2種を、ポイントマシン操作のコンデンサをも含めての、全体図にまとめ直しました。

皆様、これでいかがでしょうか?(^-^;
ショートしませんかね・・・




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。













関連記事
スポンサーサイト

強いて言うなら(強いてまで言うなよ^^)

こんにちは。
基本的な回路に問題はないと思います。

実用上で起こる可能性の問題として、トグルを切り換えたのにポイントマシンが何らかの理由(マシン故障、コンデンサ故障、ポイント制御電源オフなど)で切り換わらなかった場合、ノーズレールだけ走行用電源の極性が切り換わってしまうので、ノーズレールとトングレールの間でショートしますかね。

ポイントマシン内蔵接点を使えば、その危険はないわけですが、配線が増えますか。

指令は7236。
ED72?前にもありましたね。
[ 2016/04/27 12:25 ] [ 編集 ]

Re: 強いて言うなら(強いてまで言うなよ^^)

nari_masaさん、こんにちわです。
いつもコメントありがとうございます。

うーん、なるほど。
確かにポイントが何らかの原因で動かない時は、極性だけ切り替わってショートしますね。
そこはメーカーのアダプターを使えば、ポイントマシンが動かなければ、極性も切り替わらないという安全が付保されているんですね。
配線は、ポイントのレールから採り込めば良いので、PL-13の方がポイント周りで完結して楽だと思います。

でも、PL-13もそこそこ値段するんで困ったもんです(^-^;
数は当初から仕入れていたので、あるのはあるのですが、全部は賄いきれません。

例えばショートした時は、そのポイントに異常が発生した?!という目印になる???ぐらいの気持ちで行きましょうかね?
[ 2016/04/27 12:45 ] [ 編集 ]

思い込み

こんにちわ。
説明ありがとうございますm(__)m
小生の思い込み部分がありました。
トングレールの向きが確認出来てませんでした。
申し訳ありませんm(__)m
ギャップは必要と思います。
でないと、電源が生きてますからなにかでショートする危険は残ります。
連絡線とかには絶対必要となりますね。
PL13はリレー一個で代替できますよ。
リレー100円だからそっちのほうが安いですね(^^)
[ 2016/04/27 16:48 ] [ 編集 ]

Re: 思い込み

ぼち吉鉄道さん、こんにちわです。
いつもコメントありがとうございます。

良かったぁ~一安心です(^-^;
相手側に伝えるのって難しいですね。
この資料作るの結構大変でした(汗)
でも、確認がまた一つ取れて、前に進みました。
ギャップは、分岐側には必ず入れましょうー(^^♪

PL-13はイギリスのショップでは、VAT税抜で1個£2.5なんです(およそ為替レート160円として、1個400円)
建設上、ポイントの数の足りないのもまだまだあるので、出費は出来るだけ抑えたいです。
100円のリレーで賄えるなら、それは有難い話です。
なにせポイントの数が多いレイアウトなので…(笑)
それは、ポイントマシンの近くにセットする位置関係ですか?
それともコントロールパネルのトグルスイッチ付近ですか?

恐れ入りますが是非ご教授くださいませ~(T_T)
ちょっと考えてみますが、非常にリレーは難しいので、お手隙の時にでも、リレーをどう入れて使うのかを、何卒教えてくださいませm(__)m
[ 2016/04/27 17:53 ] [ 編集 ]

こんばんは、

電気回路図で記号を書かれているより分かりやすいですね。
パワーポイントで説明を聞いているよな錯覚になります。

GWいよいよですね。家族サービス・鉄道模型の作業等と
忙しいのでは…

あっそうそうプリュウスは納車されたのですか?
それも気になりますね。
GW期間中身体には気をつけて楽しんで下さい。

私はGWはブログを完全に休ませてもらおうと思います。
[ 2016/04/27 18:41 ] [ 編集 ]

Re: 電気回路図もどき

duskike3さん、こんばんわです。
いつもコメントありがとうございます。

正式な回路図を書ければ、もっとカッコ良いんですが、まだそんなこと覚えてないんです(笑)
あくまで部品の絵のオンパレードです。
今はこれでないとイメージがつかめず、また配線も良く分からなくなってしまうのです。
詳しい方への確認でもあり、自分への解説でもある訳なんです(^-^;

GWはまだ特に予定が無いんです。
自分の時間は少ないでしょうから、もうちょっとすると、作業が止まってしまいますね(^-^;

4代目プリウスは、熊本地震の影響で部品が間に合わなくなり、製造自体が遅れているそうです。
で、4月には来ないそうで、5月もいつになるか?全くの未定みたいです(>_<)
新車来たらご報告しますね!

GWは奥様共々、健やかにお過ごしください(^^)/
[ 2016/04/27 21:47 ] [ 編集 ]

凄い配線ですね!

我が家は、非選択式なのでここまでは必要ないかなあ〜

[ 2016/04/27 22:22 ] [ 編集 ]

Re: エレクトロフログ

大佐さん、こんばんわです。
いつもコメントありがとうございます。

エレクトロフログゆえのところも多いでしょうね。
アナログDC運転では、フログ部に絶縁地帯が無い方が良いです。
特に小物の機関車などは(^^)/

いずれにせよ、ポイント数が多いので、リレー回路等の連動など、課題は山積みです。
電気に詳しくなりたいです(^-^;
[ 2016/04/27 23:28 ] [ 編集 ]

トングと連動

ポイントの補助フィーダーの極性切り替え問題ですね。これについて自分もホントに悩まされました。

自分の場合はかなり当てずっぽうでスライド式のマイクロスイッチ(1個50円程度の簡素なスイッチ)を改造してマシンの作動棒に取り付けPL-13がわりにした記憶があります。

ギャップについてはやはり全線切ってしまいました。もちろんPECOポイントの特性上必ずギャップは設けないとショートを起こすという理由からですが、将来駅構内の出発信号を点灯式にするときのためにとりあえず閉塞を設けておけという調子で切りました。
[ 2016/04/28 07:14 ] [ 編集 ]

なんちゃってPL-13

連続投稿ですが当時後付けで無理やり設けた補助フィーダー極性切り替えスイッチです。http://blogs.yahoo.co.jp/aindanet/folder/413922.html?m=lc&p=4 PECO純正のソレノイドコイルですと取り付け方が変わってくるかと思われますが。。。。。
[ 2016/04/28 07:22 ] [ 編集 ]

枝葉末節です(^^)

再コメントすみません。
ちょっと枝葉末節的な話ですが・・・

上の図ですと、コンデンサにチャージ=ポイント切り換え=直進側

コンデンサから放電=ポイント戻し=分岐側

となりますね。

一般的なイメージでは切り換え=分岐側、戻し=直進側、な気がしますが私だけかな?(^^;

これは絶対という話ではありませんし、安全上の問題でもありませんので、がおう☆さんのマイルールで全くかまわないのですが、全てのポイントを同じルールで統一したほうが後々良さそうです。

指令は6596。
EF65と蒸機の96ですか~
キューロク欲しいです。
密かに捜索中(^^)
[ 2016/04/28 08:33 ] [ 編集 ]

Re: トングと連動

凡人オヤマダさん、おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。

存じ上げてますよ(^^♪
スローアクションのマシンを利用してスライドスイッチで切り替えておられましたね。
純正PL-10だと、スライド式は難しいように思いました。
そこで、2線式でコントロールパネルと各ポイント間の配線が少なくなったのを幸いに、その減った1本を利用してのトグルスイッチ利用でした。

ギャップは切っておいた方が良さそうですね。
フィーダー箇所は多くなっても、それほど問題は出ませんしね(^-^;

PS:連投情報もありがとうございます。
入番線に伴う一斉切替ですね。
私の場合は、折り返しやローカル線への乗り入れ等、一括切り替えはちょっと先送りしながら、ゆっくり考えたいですね。
各列車の動きも、もっと考えた方が良さそうです。
[ 2016/04/28 08:48 ] [ 編集 ]

Re: 枝葉末節です(^^)

nari_masaさん、おはようございます。

言われる通りですね(^-^;
回路絵図にポイントを加えたのですが、開通方向という概念は欠落してます。

定位・反位みたいな考えに似ているかもしれませんね。
配線時に迷いが出る可能性があるので、ルールとして決めておいた方が良いと思いました。
実物の定位は、主本線基準で、これまた複雑になるので、

直進側=コンデンサ放電 分岐側=コンデンサ充電

このルールに統一しましょう。

9600ですか。良いですねー私も狙えるものなら狙いたいですが・・・資金ショート(笑)
[ 2016/04/28 08:58 ] [ 編集 ]

LP-13

お早うございます。
レイアウトが可搬式という事を考えると、LP-13を使ってポイント近辺で配線を完結させた方が後々の運用が楽かもしれませんね。

例えば、1つのブロックに10個のポイントが有り、ギャップで区切られた区間も10とすると、配線数は3本(ポイント用)×10ケ所+2本(線路給電)×10ケ所=50本の配線が出る事に成ります。
但し、ポイント切り替え用の-(マイナス)配線は1ブロック全体で1本に集約共用出来ますので、41本必要。

LP-13(orモドキ)を使った場合は、
1本(ポイント切替用+)×10ケ所+1本(ポイント切替用-)+2本(線路給電)×10ケ所=31本で済みます。

レイアウト全体で何個のポイント、何カ所のギャップ制御が有るのか記事を拝見しても読み解けなかったので、仮に50個&50カ所とすれば、最大250本、最低でも154本程の配線をコントロールパネルに繋ぐ事に成ります。その他照明類とかで+α、大変そう。

LP-13の代わりにリレー駆動にした場合パワーリレーを使えば安いでしょうが回路が大変そう(回路はぼち吉鉄道さんにお任せ)なので、ラッチングリレーを使うとLP-13より高いかもしれません。

+-反転型のラッチングリレーならば、2線式ポイントマシンと同じ回路構成でコンデンサ制御可能です。
長文失礼しました。
[ 2016/04/28 09:48 ] [ 編集 ]

Re: LP-13

ジュンパパさん、こんにちわです。
いつもコメントありがとうございます。

配線面から見たら、出来るだけポイント付近で完結させる方が良いみたいですね(^-^;
そうしないと、吐きそうな数字のオンパレードですねー(笑)
元々は3線式なので、その1本を転用しただけなので、3線式で結線する場合と同じ配線数かな?と思っているんですが…
リレーで代用する場合は、どうなるかを確認した上で、どうするか?決めていきましょうか。

ポイントの数も把握しにくいとの話も頂いたので、各ブロックとモジュールに対して、何個の分岐ポイントが存在するのかを分かるようにしましょう。
その上で、左右の連動や、一括して動かせるポイント達も少し掴みやすくなるかもしれません(^-^;
PL-13は、余れば構内では出発信号の切り替えに使いたいと、思うところもあるので、
まずは一番安い方のリレーをPL-13の代わりにする配線を考えます。
[ 2016/04/28 13:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/335-2537f351