Nゲージレイアウト製作 PECOポイントマシンの2線式配線のテスト用試験図

駅のポスターから・・・

EVAポスター1


私もエヴァに乗ってみたいもんです(笑)
来年3月まで、運行みたいですね。
まだまだチャンスはあるかも知れませんが、まずは見てみたいですね。



今日は先日来、部品も揃ってきたし、自分なりに理解できたところもあり・・・と配線図を書いてみました。
正式な回路図では無く(まだ記号などが分かってない)、絵と線での初心者的絵図です。

PECO ポイントマシン駆動テスト 基本


疑似2線式なら、これで良いのかな?と思って書きました。
nari_masaさんのところの図とは、ダイオードの位置が違います。
要は、流れを一方通行にするというのであれば、この位置でも良いのでは?と考えた次第です。
また実地にマシン付近に部品を配置する際も、コンデンサを含め一カ所に集められるとの発想です。

ただ、電源の最大3Aの出力があるので、ダイオードが1Aタイプで大丈夫なのか?という事です。

トグルスイッチの片側は、フログ部への補助接点を兼用しています。
リレーの動作などをトグルスイッチに持ってくる時は、手元にたくさんある在庫のPECO PL-13にさせますので省略できます。


では実際に切り替え時の電流の流れを確認します。

PECO ポイントマシン駆動テスト 基本1-1-1


コンデンサに充電が完了すると、流れが停止するという訳です。

次にトグルスイッチを切り替えると・・・

PECO ポイントマシン駆動テスト 基本1-1-2


コンデンサに貯められたものが放電され、このようなルートを通ってポイントが切り替わります。

それではこれが2個・3個と並んでいるコントロールボードを想定して・・・

PECO ポイントマシン駆動テスト 基本1-2-1


配線はこんな感じで、次々とトグルスイッチを結んで行けば良いのでしょう。

ん???
何か変な感じが・・・

PECO ポイントマシン駆動テスト 基本1-2-2


それぞれのトグルスイッチの切り替えが違うと、ここら辺りでショートしないもんなんでしょうか???
一時的とは言え、何か図で書いてしまうとコンガラガッテきました。

現状の私の大いなる疑問です(^-^;

図面、どこか間違ってますかねぇ~???




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。













関連記事
スポンサーサイト

???

自分の場合はKATOユニトラックポイントをコンデンサ転轍方式にしましたが、こちらのサイトの記事等を参考に回路を組みました。http://www.kururin.jp/models/elc/elc01.htm

上のサイトですと転轍電源の+側にソレノイドコイルを先に接続し、その先にコンデンサの+極へつながる形になっております。コイルを駆動させた電流がコンデンサに蓄電されいっぱいになると電流が止まるということですね。
コンデンサの-極はトグルスイッチを介しコイルにつながっておりコンデンサの+極から放出された電流がコイルを作動させた後にコンデンサのマイナス極へ戻るという回路構成になっています。
これですとダイオードも不要となります。

この回路を参考にすれば別の転轍回路とのショートも起きないかなと思いました。
[ 2016/04/23 18:26 ] [ 編集 ]

Re: ???

凡人オヤマダさん、こんばんわです。
いつもコメントありがとうございます。

3線式なら、素直に行けそうなんですが、それではコードの取り回しも多くなるために、擬似2線式を採用したいんです(^-^;
最近のみTOMIXのポイントもダイオードを使った2線式になっています。
仕組みはわかったんですが、2個以上を書き始めると、だんだん訳が分からなくなってきました(笑)
結局、まだ理解出来てないんでしょうねー

途中までは自信満々で、絵図を書いていたんですがね。
どこかを間違えたのかな?と思うんですが、今はまだそこへたどり着いてないです。
2線式にもう少し粘ってみます(^-^;
[ 2016/04/23 19:37 ] [ 編集 ]

大丈夫大丈夫

こんばんは。
これでショートしないんですよ~。

電気というのは閉じた回路しか流れません(雷のような超高電圧の空中放電は別として)。
左のトグルを下に切り換えて、コンデンサから放電された+の電気は同じコンデンサの-につながる回路上しか流れないんです。
プラスマイナス2本の電線がつながっていない限り、関係ない別のところに流れてどこかに行ってしまうことはないんですよ。

それと、この電気の流れは一瞬です。
両方がだらだら流れているわけではないのです。

でもこれ、仮配線をつないで実際にやってみた方がいいですよ。
こういうのは体感しないとなかなか心の底から納得できないと思います。

あと、ダイオードの位置、問題ないです。
コイルとコンデンサの間に入れるかコイルの後ろに入れるかの違いだけで、働きに違いはありません。

電源3A、ダイオード1A、問題ないです。
電源容量3Aというのは一度に流せる限界が3A、つまり、必要とあらば3Aまでは流せるということです。
必要なければ仕事しません(^^)

指令は1106。
KATOのC11はいつ出るのでしょう?
[ 2016/04/23 21:44 ] [ 編集 ]

Re: 大丈夫大丈夫

nari_masaさん、こんばんわです。
いつもコメントありがとうございます。

そうなんですか?
線が繋がっていて、プラスとマイナスがぶつかる絵図になるため、通常線路でギャップを考える事と混同して分からなくなってしまいました。

> コンデンサから放電された+の電気は同じコンデンサの-につながる回路上しか流れないんです。
> プラスマイナス2本の電線がつながっていない限り、関係ない別のところに流れてどこかに行ってしまうことはないんですよ。

これが電気のミソなんですね(^-^;
ちょっと知ったつもりでしたが、やはりまだまだ入口をかじっただけのようです。
この絵と同じように繋げて、実際にやってみます。
成立しているのを目で見ます。

ダイオードは良かったんですね。
位置を変えた方が配線しやすいと思っただけだったんです。
流れを制御する考えはアタリだったんですね。

ダイオード1Aはぼち吉鉄道さんから頂いた情報だったんですが、電源の容量を決めたりする前だったので、これでは不足なのかも?という感じがしていたのです。
MAXではないので、十分だとは聞いていたんですが、それでも限度はあるだろうと…

これで絵図がOKなら、ダイオード・ジャックピンなどの追加注文が出来そうです。

最初の指令が4989に近かったので、私の気持ちを代弁してくれていたんでしょうね(笑)
追加してまで、ご助言ありがとうございましたm(__)m
C11はやはり来年あたりではないでしょうかね?
去年C12でしたから。あっ、去年だっけな?もう分からなくなってます(汗)
[ 2016/04/23 22:49 ] [ 編集 ]

おはようございます。

500 TYPE EVA は私も乗ってみたいですね。
新幹線で一番カッコイイと思っています。
来年の3月まで乗る機会があるかなぁ?

電気回路凄く丁寧ですね。
私は電気は全く駄目です(他も駄目です)が、これ程丁寧に作図して
検討されるのは凄いです。
後からなにか問題が起きても和kるひとに見てもらえれば直ぐ対処できますね。
本当のプロです。ないすです。
[ 2016/04/24 09:20 ] [ 編集 ]

Re: 電気回路

duskike3さん、こんにちわです。
いつもコメントありがとうございます。

最悪乗れない時は、写真だけでも撮っておきたくなる車輌ですね。
元々エヴァ用に開発されたんじゃないかと思うほど、ぴったりのイメージです(笑)
500系も大好きなんですが、このエヴァは別格ですね(^-^;

電気回路は丁寧というよりも、正式な回路図が書けないのと、仮に書いても、私が見て分からないというダブルだめだめです(笑)
電子部品の記号も覚えて行かないと、これもイカンですね。

他力本願でも、ここは前に進みながら、覚えるーテストするー実践するを平行していかないと、しょうがないです。
やっていく内に理論も少しずつ理解出来るようになれば最高です(^^)/
[ 2016/04/24 12:11 ] [ 編集 ]

回路図

回路図、私も正式なものは全然駄目です が、この回路図も私にとっては難しいですね、いやはやお恥ずかしい(^^;
[ 2016/04/24 16:07 ] [ 編集 ]

Re: 回路図

トータンさん、こんにちわです。
いつもコメントありがとうございます。

えっ?でもトータンさんもっと複雑なリレー回路組んでおられますよ(^-^;
トータンさんは独力ですが、私は人に頼りきりなので
、その時点でも頭が下がります。
よく考えられたなぁーと(^-^;
トータンさんにも、色々と考え方を教わりたいです。
[ 2016/04/24 18:31 ] [ 編集 ]

日々勉強

改めてnari-masaさんのサイトへお邪魔して疑似2線式転轍回路のページを拝見しました。やはりいろんな人の意見を聞かないとダメだなと痛感した次第です。

うちのレイアウト(にまだなっていない)のポイントについても制御盤からかなり離れたものがありますので、施工時に疑似2線式を知っていたらやっていたかも知れません。

それとラッチングリレーについても少し興味を持っています。
[ 2016/04/24 19:31 ] [ 編集 ]

Re: 日々勉強

凡人オヤマダさん、こんばんわです。
再びありがとうございます。

ぼち吉鉄道さんも電気のプロで、ホントに頼りになるお二人です。
こんなど素人にも丁寧に説明、アドバイスを頂けます(^-^;
あんまり色んな人の意見を聞きすぎると、素人は混乱するとまでアドバイス頂いていながらも、出来るだけ幅広いご意見を聞きたいとも思ってます。

凡人オヤマダさんの言われていた3線式にするなら問題なくとも、2線式を目指すなら、多少の苦労も止むを得ないと思います。
でも、これからもPECOのポイントを使いたいと思っている人達に伝えられたら、と思っています。
自分が情報少なく苦労してる分、何か残せればより良い事だと思っています。
リレーは、私も取り込みたいと思っています。
[ 2016/04/24 19:49 ] [ 編集 ]

実験するとわかると思いますが、
レバーの位置と電気の流れは逆ですね。

それと、私が理解できていないのは、ポイントの切替図に運転用のパワーパックを接続している点です。

恐らく、パワーパックの出力のプラスとマイナスの切替て逆転SWとして作動させたいのではないかと推測しますが、この接続では無理な気がします。
[ 2016/04/25 12:59 ] [ 編集 ]

Re: レバーの位置

oomoriさん、こんにちわです。
いつもコメントありがとうございます。

レバーの位置、逆でしたか?
間違えましたね。
レバーの先が接触側かな?と思ってました。
今度テストする時に絵の方も直しておきます(^-^;

パワーパックのフィーダーが来ているのは、運転用のものでは無くて、ポイントの補助フィーダーを切り替えるためです。
PECOのポイントは、トングレールが切り替わってレールと接触して、電気を流すのですが、接触が汚れ等で甘くなると、給電不良に陥る可能性があります。
そこでポイント切替スイッチに、フログ部への補助フィーダーを繋げ、切替方向でプラスかマイナスのどちらかを流してやろうと言う計画です。
これはメーカーの指示ではありませんが、予防策のようなものです。
ただ他にもポイントの種類(3WAYやスリップ等)によっては、PECOの説明書には切替に伴い補助配線を切替アダプターを使ってやるように指示があります(^^)
[ 2016/04/25 13:41 ] [ 編集 ]

こんばんわ。
いよいよ回路設計ですね。

でも理解できない部分が…。
レールへの給電、おかしくないですか?
レールに、+から-に流れる回路がないです。(逆も同じ)
ONーONじゃ供給出来ないと思うのですが…。
リレーかますかしないとおかしいと思います。
僕がおかしいですかね、nari-masaさん?
[ 2016/04/25 21:32 ] [ 編集 ]

Re: ?

ぼち吉鉄道さん、こんばんわです。
いつもコメントありがとうございます。

補助フィーダーですか?
考え方が変ですか?
ダブルスリップや3WAYポイントの切替給電をみていると、線路のフィーダーのどちらかが流れるといことなんですが・・・(^-^;
PL-13アダプターの役目をトグルスイッチに持ってきたつもりだったんですが、おかしいでしょうか?
ポイント内の色付けした部分は、切替毎にプラスかマイナスのどちらかしか流れないので、ON-ONでも大丈夫と思ったんです(^-^;
[ 2016/04/25 23:10 ] [ 編集 ]

給電

おはようございます。
おかしいと思ったのは、
・ポイント切り換え時に、給電の極性が変わっている事
なんです。
・ポイント切り換え時に、給電先が変わる
が正解では無いでしょうか?
PL-13の回路図が出てこないので、正確な回路が分かりません。
が、これでは本線系のフィーダーとショートすると思います。
[ 2016/04/26 08:38 ] [ 編集 ]

Re: 給電

ぼち吉鉄道さん、おはようございます。

そうですねー
確かにポイント切替時に、給電先が変わる・・・ですね。

ちょっと一旦整理してみます。
PL-13の作用も含めて、ブログにまとめてみます。
[ 2016/04/26 08:59 ] [ 編集 ]

え~と、ですね

こんばんは。
右の図は直進側、左の図は分岐側へ切り換えた状態を表しますよね。

この図ではトグルを下に切り換えた時にポイントマシンPL10の下側のコイルが励磁され、ポイントが分岐側に切り換わり、ノーズレールには走行用電源のマイナス側が給電されることになりますので、レールの上側(右側)が+、下側(左側)が-(列車は右から走ってくる)であれば、これで成立します。

直進側も同じです。

確かにコントロールパネル上でトグルレバーが下向きの時に直進側を表したいなら、レバーと切り換え方向が逆ではあります。

トグルのレバー方向は仮に逆であっても、ポイント切り換えとノーズレール給電の切り換えの関係さえ合っていれば、電気的には問題ないです。
トグルを逆に取り付ければOKでしょう。

ノーズレールについては直進・分岐で極性が変わるのは当然と思いますが、その先がエンドレスの場合、どこかにギャップがあるんですよね?
ポイントの先がエンドレスでギャップがない場合はショートします。
これはどこのポイントを使っても同じでしょう。
ヤードなど行き止まりの柳線ならこのままで問題ないです。

PECOのポイントって、こういう風にノーズレールから先は別途給電しなければならない(ポイント自体には切り換え接点がない)構造なんですね?
そこの部分は良く分かりませんので。

ぼち吉鉄道さんの最初のご質問については、図に描かれていないフィーダーがポイントの前(図の右方向)に別途ある(だからポイントの右に+-と書いてある)と理解しました。
[ 2016/04/26 23:05 ] [ 編集 ]

Re: え~と、ですね

nari-masaさん、こんばんわです。
いつもコメントありがとうございます。

ぼち吉鉄道さんへですね(笑)
明日、もう一度PL-13の作用を含めて、それをON-ONのトグルスイッチに代用させるのを整理して、アップする準備をしています。
その絵を見て、それでもおかしい場合は、道俗ご指摘のほどよろしくお願いいたします。
私もショートしてたら、堪りませんので、切替時に同時に極性が変わるのが悪ければ考えねばなりません。
今のところ、PL-13の役目を代用させているに過ぎないと思っています。しかし、ここも素人考えなので正解かどうかはご判断願います。
スイッチの向きの訂正はします。
[ 2016/04/26 23:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/333-9655b6c2