Nゲージレイアウト台枠製作 その7 ~中桟のコード逃げ穴を開ける~

最近DIYにはまりつつあるなぁ~(^-^; 
こういう日曜大工は上手く行かない事も多いが、自分なりに満足できる仕上りであると愉しい!
台枠を作ることがメインでは無いが、これはこれで非常に面白い作業です。

日曜に工具買出しと昨日書きましたが、買ってきたのはコレ!


台枠製作36


フォスナービットという名前のもの。

本来は穴開け用のドリルを買いに行っているので、ドリルをまずは手に持ったんですが、そこは最近はまりつつある日曜大工。
なかなか、すぐにお会計という訳にはいきません(笑)

ビットのコーナーをうろつきながら、色々商品を見て廻ると、た625さんから情報を貰ったホールソーなる穴開けの工具もありましたが、これは大きな穴のサイズしか無く断念。

でもそこの近くで、これを見つけました。


「止まり穴加工が出来る」


うん!ピンと来ました(^^♪

AとBブロックの台枠は接続させるときに、ボルトで繋ごうと思っていたのですが、それは実際にはなかなか面倒。
そこで、これを使って凸部を片側に作り、受け側は凹の穴をこれで作る。

その差し込みで、同じ連結位置を毎回維持させる事にする事にしました(^^♪
これなら今回の穴あけ工具が、他の要件の作業にも生きてきます。

それで同時に同じ穴の直径の丸棒を買いました。



ではでは、まずは各中桟のパーツにコード逃げの穴あけを施していきます。


台枠製作37


ここでも、た625さんからの良きアドバイスをいただきました(^^♪
片方から穴を開けていくと、最後に反対側が割れるとの事。

ですので、ドリル中央の先端が貫通したところで、反対側からその穴にドリル中心を挿して穴開けを行いました。
無事に綺麗に抜けて行きました。
写真では穴の下に防御の木片がありませんが、穴が抜ける時にインパクトドライバーの重みで床を傷つけそうになるので、途中から穴開け作業の下に不要の板材を置いて行いました。


台枠製作38


上の写真の様にA/Bブロックの中桟パーツを全部開けて行きます。

息子が興味からやりたいと聞かないので、私がインパクトドライバーを位置にセットして保持し、「回して!止めて!もっとゆっくり!もっと早く!」という風に私の指示を守りながら、トリガーを引かせてやりました。

反対側から最後に抜く時は微妙なのでやらせませんでしたが、それでも10個以上は手伝ってくれました(^-^;

さすがに「疲れた!」といい残して、部屋を去って行きましたが…(笑)


写真の中の開けた穴の中に、反対側まで一気に貫通して、周りが割れた穴もあります(汗)
親子共々、調子乗りです(^-^;
勢いあまって、ズゴーンです。


それでも無事にA・Bブロック両方の全ての部材の穴あけは完了です。


台枠製作39


因みに丸棒は、この通りピッタリと填まってくれます。

上下左右にの組み付けのズレは脱線の要因になるので、各線路先端にもガイドを設けますが、大枠はこの台枠でしっかり位置決めを行いたいと決めていました。
これで台枠接続時の固定方法に、良いのが見つかりました。


各穴開けは、強度の問題もありましたが、不要の穴はこれで塞ぐことも可能です。


さて、お次はいよいよAブロックの台枠を最終組み上げする段取りまで来ました(^^♪
そろそろ台枠の中蓋兼地下面となるベニヤ板とスタイロフォームも買って来ないといけないなぁ。




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。









関連記事
スポンサーサイト

おはようございます。

台枠製作、本格的に製作されていますね。
面取りもきちっとやられているし、直角を出すためにL型曲尺
で確認されて、もうプロですよ。
写真を拝見してすごいなぁと思いました。

お子さんも男の子ですね、興味が沸いて気になるようです。
お手伝いして納得したら退散。どこでも一緒ですね。

きっと素晴らしい台枠が完成しますね。頑張って下さい。
[ 2015/11/10 10:11 ] [ 編集 ]

Re: 手伝う

duskike3さん、こんにちわです。
いつもコメントありがとうございます。

土台ですからねぇ~頑張ってます(笑)
ヘロヘロだと上を作り出したら凹むでは済みませんから~(^-^;
これで直角なのか?と思いつつ、完全に四角に組み上げた時に結果が出そうです。

息子は電動工具の音に反応して、作業始めたら2階に飛んで上がってきました(笑)
木くずが飛んで目に入ったら怖いので、サングラスかけさせて(イッチョ前に自分用スパイダーマン仕様を持っています)、やらせました。
やらせながら、ここはなぜ危ないと説明しながら、私の居ない時に勝手に触らないように説明しています。
やらせてやれば、大変なのも分かるらしく、納得してくれます(^^)/
[ 2015/11/10 12:49 ] [ 編集 ]

助手?

こんにちは。
ご子息、いいですね~。
将来が楽しみです(^^)
手伝いをさせると「自分も一緒に作った」という意識が芽生えるので、レイアウトを大切に扱ってくれますよ。
上に乗っかって壊してしまうなんていう心配は無さそうですね
あとは端材を割らせてみて、この材料はこれくらいの力で割れるんだ、という感覚を体得させれば完璧(^^)/

FCIA指令は7705。
ED77の一択?
そろそろ赤い電機が欲しくなった頃と、お見通しかな?
でも今年はもう無理です。
来年ですね。
[ 2015/11/10 13:00 ] [ 編集 ]

Re: 助手?

nari-masaさん、こんにちわです。
いつもコメントありがとうございます。

良い助手になってくれれば良いんですが、今はそれを説明したりするのに余計な時間が掛かります(笑)
反対側から丁寧に抜いているのを見て、「そこはお願いします」とか言ってました(爆)
何にせよ、こういった趣味は危険な事もあるので、体験して分かってくれると一番良いですね(^^)
目を離した隙に、中桟の一本を持って壁叩こうとした時はヤバかったです。
したらダメ~~~でした(笑)

ED77良いですね。交流機のゴチャ感が欲しくなる頃を見越してますかね~
2015年も後1か月と20日ですよ。早いですね~
[ 2015/11/10 13:09 ] [ 編集 ]

こんばんは

息子さん、お手伝い偉いですね。
でも、最後の貫通は任せない方が無難かもですね(笑)

それと、フローリングにはダンボールとか敷く方が良いですよ。
 (理想は専用の養生マットですが)
道具を落としたりとか、思わぬ失敗がありますから(^^;)
[ 2015/11/10 20:29 ] [ 編集 ]

Re: 助かりました

た625さん、こんばんわです。
いつもコメントありがとうございます。

この前はアドバイスありがとうございましたm(__)m
おかげで調子こいてやり過ぎた以外は、無事に上手く開ける事が出来ました。
行き過ぎて反対が欠けた時にこれかぁ~と妙に納得しました(笑)
あれを聞いてなかったら、穴の反対側がボコボコだったでしょうね。

電動工具は動くので楽しいみたいですが、けがをする危険も高いので、十二分に触らないように言い聞かせつつ、一緒にいる時はやらせてあげるようにしてます(^-^)
まぁ手伝うと言って聞かないので、作業が進まないからというのもあります(笑)

養生は段ボールですか?手軽なので早速導入しようと思います。

[ 2015/11/10 20:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/253-a920210e