東山の人道跨線橋 Nゲージレイアウトにいれよう~2

橋つながりという訳ではありませんが、前から気になっていた橋をご紹介します。

京都駅から名古屋方面に東海道本線に乗ると、まず鴨川橋梁を渡り・京阪本線を跨ぎ・東大路通の今熊野橋を潜り抜けると、東山トンネルに突入します。

この今熊野橋と東山トンネルの間に小さな橋があるんです。

東山の人道跨線橋1


それがこの橋。
名前も分かりませんが、階段で降りて行かねばならないので、人専用になります。

東山の人道跨線橋2


列車に乗っているとアッと言う間に通過してしまい、鉄骨組の細い橋ぐらいしか分かりませんでした。


東山の人道跨線橋3


階段を下りて行くと京都駅側はこんな風景です。

降りていく階段の下の土手は、下りの列車線が隠れています。

東山の人道跨線橋7

東山の人道跨線橋6


ちょうど京都駅に向かって新快速が通過して行きました。

列車がくぐっているのが、東大路通の今熊野橋です。


東山の人道跨線橋4


この今熊野橋の下で京都駅に向かい、上下の4線が集結します。


反対側を見ると…

東山の人道跨線橋5


東山トンネルが見えます。

今熊野橋から東山トンネルまでは、上り線と下り線の間が開いて行きます。
その間に、この人道跨線橋があります。

一番左側より、上りの列車線、その次が緩行線。 いま225系が出てきたのが下りの緩行線、落石覆いの下を下りの列車線がいます。
旧線が左側の上り線なんでしょうね。トンネル口の構造が全く違います。


東山の人道跨線橋8

架線のガードもこんなに近いです(^-^;

跨線橋の上面のコンクリートもそんなに厚い感じではないので、列車がすぐ下を通っているように感じられます。

赤い塗装で塗られてますが、結構錆びていますね。
手すりもそんなに高さが無いので、フラッと近寄ると怖い感じもします(^-^;


東山の人道跨線橋9


古いレールを組んで作られているようです。
非常に面白い構造物です。


東山の人道跨線橋10


古レールを組んだ形が門型になっていて、そこを列車が通過するのが非常に興味をひかれます。
こんなものも取り入れてみたいなぁ~(^-^;




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。









関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/11/07 06:00 ] レイアウト資料 | TB(0) | コメント(10)

取材

レイアウト製作前に この様に実際を取材して参考にするって素敵ですね~ 私の場合は製作前からめがね橋が決っていて 製作し終えてから実際のめがね橋を見に行くと言う泥縄なものでしたから これは良いものが期待できそうですね。
[ 2015/11/07 07:44 ] [ 編集 ]

Re: 取材

トータンさん、おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。

本格的な取材という訳ではないんですが、前から気になっていて、近くに行ったら撮影しようと思っていた構造物です(^^)
通勤の列車の中で、いつも見てるんですが、一瞬なので…(笑)

レイアウトに入れれば、本格的な橋では無いので存在感は薄いかも知れませんが、どこか通過車両を眺められる位置に配置出来ればいいですね~。
この橋の上でしゃがみこんで列車を見ていると、もう真下に列車の屋根があるので不思議な感覚です。
トータンさんのめがね橋のようなシンボルも欲しいところですが、線形も十分に欲張っていますので、情景はほどほどに(^-^;
でも何か目玉は欲しいです。
[ 2015/11/07 08:26 ] [ 編集 ]

東山トンネルは山科の勾配の関係で下り1線上り2線の3線で運行されていました、昭和40年過ぎに複々線の工事で1線増設今の下り外側線が完成しています。ちなみに下り内側線のトンネルはひとまわり大きくなっていると思います、これは大昔東京から下関まで弾丸列車計画があったため、大きめに作られたようです。
[ 2015/11/07 09:26 ] [ 編集 ]

Re: 詳しい

おはようございます。
コメントありがとうございます。

詳しい情報ありがとうございます。
山科まで上り勾配があるせいで上りは2線体制だったんですね。
言われるように下り内側線は妙に大きいです。
弾丸列車の構想がこんなところで現実的にみられるなんて、初めて知りました(^-^;
情報ありがとうございます。
次回、ぜひお名前を(笑)
[ 2015/11/07 09:39 ] [ 編集 ]

人道橋

お早うございます。
京都の東山トンネルと鴨川の間にこんな橋があったのですね。
以前は北陸線でよく京都・大阪に行っていたのですが、全く気づきませんでした(^^;
東山トンネルを出ると下車準備か、鴨川沿いの京阪本線を見るのに集中してましたので。
こういう小さなストラクチャーでレイアウトが活きてきそうですね。
楽しみです。
[ 2015/11/07 09:45 ] [ 編集 ]

Re: 人道橋

nari-masaさん、おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。

変わった橋でしょ?(笑)
あまりに小さな橋なので気付きにくいです。
京都で降りる方なら、ゴソゴソ準備されますもんね。
特急が走る外側線はまだ覆いの中を走行中なので、さらに存在を確認するのが難しいかも知れません。

ちょっとしたアイテムとして、取り入れたい構造物ですね。
情景はまだまだ大雑把なので、今のうちに集められる気になった物をストックしていこうと思います(^^♪
[ 2015/11/07 09:53 ] [ 編集 ]

歴史を感じる

東山トンネルですか。逢坂山トンネルと並ぶ名所ですね。まさに歴史の重みを感じさせるトンネルポータルといい、写真の旧レールを使った人道橋といい最高の萌えスポットです。

スペースに限りのあるレイアウトですと市街地と山が隣接しトンネルまで設けられるという場面を造らざる得ないのですが、その参考実例として非常に好適な場所だなあと前々から着目しておりました。オマケに京阪の京滋線までついてきますのでなおさらです。

この情景が模型化されるとなると非常にわくわくします。

それと土手下の下り線を見てこちらのレイアウトを想い出しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/yanakazunori/15039541.html
[ 2015/11/07 16:03 ] [ 編集 ]

Re: 歴史を感じる

凡人オヤマダさん、こんにちわです。
いつもコメントありがとうございます。

普段通勤で毎日通過する箇所なんですが、昔の南迂回の旧線といい、確かに歴史のある場所ですね。
この人道橋も結構古くからあるようです。
新線として建設された上り列車線が階段の下にあるという事は、少なくともその工事の際には現在の形が出来上がっていたんでしょうね(^-^;
京都は盆地ですから、ほんとに少し走れば高い山のトンネルという事になります。
その意味ではレイアウトの良い参考例ですね。
覆いの上に線路があるのが、レイアウトでは良くある例です。
この構造物も出来ればレイアウト手前の眺められるところに配置して、酒飲みながらニンマリ…なんて事を考えてみたいです(^^♪

教えていただいたレイアウト、ロックシェッド本当によく似てますね。
汚し方、表現がすごい上手い方です。
またゆっくり覗きに行ってみます(^^)
[ 2015/11/07 17:00 ] [ 編集 ]

こんばんは、

東山トンネル近くにこのような橋があるのですね。
写真を拝見した限り昭和初期から戦前の物資が無い時に
必要に迫られてレールの再利用で作られたように見えます。

門型構造で強度的には強い作りのように思いますし、それよ
り鉄道会社が作った橋だと誰が見ても感じますね。

すごく歴史が感じられる味のある橋です。いいですね。
[ 2015/11/08 17:13 ] [ 編集 ]

Re: 再利用

duskike3さん、こんばんわです。
いつもコメントありがとうございます。

歴史的遺構みたいなものですね。
鉄道会社が作ったなら、老築化すると今後が心配ですねー取り壊しみたいになると(^-^;
上を歩いても巾は120cmぐらいでしょうか?
怖さはないのですが、どこか頼りなげです。

山科の先、逢坂山トンネル手前にも跨線橋があります。
[ 2015/11/08 18:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/251-345b899b