Nゲージレイアウト台枠製作 その5 ~相欠き接ぎ部のBブロック側の終了~

昨日は祭日と言っても、昼間は買い物に行ったり、子供と一緒に自転車乗りに付き合ってあげたりと忙しかったです。
本来はここで外枠の組み上げを行う予定でしたが、Bブロック側の中桟の調整と填め込み完了までしか進めませんでした。


台枠製作28


ここも調整と填めこみの高さが揃ったら、各交差部にナンバーを打って行きました。

Bブロックの台枠は、Aブロックの台枠とは違い、左右2ヶ所に点検口があります。


台枠製作29


この点検口に挟まれた田の字の所の赤枠で囲った部分は、長さだけ切ってあった材料なので、現物合わせで罫書き線を書いてノコギリで切り込みを入れて欠き部を作り填めています。

長さはピッタリだったですね。ホームセンターの店員さんの腕に改めて感謝!

綺麗にこの場所も完了して、Bブロック側の中桟の調整は終了しました。


これで次は、外枠材料を直角を出しながら組む作業へと移ります。
長辺と短辺を直角にくっ付けるのを2工程してから、口の字型へと組み付けるようにしようかと思います。


台枠製作27

ちょっと今悩んでいるのは、最終の外枠と中桟の合体の時に、今の中桟に配電コードを通していく、V字の切り込みを入れるか?穴を後程開けるか?のどちらを採用すべきかと・・・
V字の切り込みを入れれば、この上にベニヤを敷いても配電には困らないですが、配電の箇所が固定できないので、桟の各所に予め切り込みを入れねばならず、これはどうなのか?と思うのが一つ。
ドリルで穴開けするなら、必要最低限の通り道を後で開けられるが、狭い箇所はやりにくいという欠点が出てしまう。

うーん(゜-゜)?

折衷案として、後で穴開けが可能な箇所は必要な所だけドリルで穴開けして、青で囲った箇所のような後でドリルで穴開けがしにくい箇所のみ切り込みを全て入れておくか?
この方法が一番現実的かなぁ~(^-^;




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。









関連記事
スポンサーサイト

配線経路

こんばんは。
配線経路は先に決めても後からの改造もありえますね。
強度の話をしますと、V字の切り込みよりも部材の真ん中に丸穴を明けたほうが強いです。
V字にすると、そこから折れやすくなります。
VでなくUの字にすればマシですが、それより穴明けの方が施工が簡単でしょう。

何本も配線を通す場合は大穴でなく小さな穴を距離をおいて複数開けると強度が保てます。

上に貼る板に強度があるのならば、どちらでも構わないのですが、跳ね上げ時の軽量化のために薄い板を使うのではないでしょうか?

もうすぐ台枠が完成しそうですね。
楽しみです(^o^)/

FCIA指令は6428。
EF級電機は絶対外さない指令さんです(^^)
[ 2015/11/04 18:07 ] [ 編集 ]

こんばんは、

お子さんの自転車の練習は、父親の役目ですね。
私も昔良く息子のを見てやりましたが、覚えたら覚えたら
友達の家に乗って行くので心配でした。

レイアウト台枠Bブロックの組付けご苦労様。

<中桟に配電コードを通していく、V字の切り込みを入れるか?穴を後程開けるか?>

最後に判断されていましたが、ドリルが使いにくい所は先に
V溝を付けそれ以外はドリルの穴あけする。
正解と思います。(分からない者がすみません)

昔、機械図面を設計していた時は、強度的に問題ない時は、
はじめから開けるようにしていました。

悩む内はわりと良い判断が出来ているみたいですよ。
[ 2015/11/04 18:23 ] [ 編集 ]

Re: 配線経路

nari-masaさん、こんばんわです。
いつもコメントありがとうございます。

配線はこれで絶対終わりは無い筈なので、切り込み入れるなら、どちらの方向も入れなくてはならないので、どうなのかなぁ~?と悩んでました。
上に貼るベニヤ板は4mm厚なので、枠と板との全体で強度を出す感じです。
V字切り込みは折れやすくなるなら、丸穴を開ける方の選択になりますね(^-^;
記事でも書いたように、後開けが難しいところだけ先に開けておきましょうか。

EF64は新しい方のTOMIX製が欲しいところですね。古いKATO製は男前を上げるようにホース類は付けましたが、全体の古さは否めません。
[ 2015/11/04 18:48 ] [ 編集 ]

Re: 悩み

duskike3さん、こんばんわです。
いつもコメントありがとうございます。

補助輪付ですからそれ程の事はないのですが、道路の段差が怖いようで…
補助輪の宿命で、段差で空転したり、バランス崩して倒れたりしちゃうんですよね(^-^;
補助輪取る時が勝負です。自分の妹にも昔は乗り方教えてたの思い出しました(笑)

正解ですか?ありがとうございます。
悩んでいるときは、良い判断が出来ている・・・
う~ん深いですね(笑)
配線の取り回しは、結構あとで苦労する部分だと、諸先輩方のレイアウトを見ていて思うので、先手を打ちたいと思いました。
特に分割式では下にコードがタラーリでは、切ったり引っ掛けて破損するなど目に見えていますので(笑)
[ 2015/11/04 18:58 ] [ 編集 ]

こんばんは

ポイント用にフィーダーに電飾多数。
配線って後から後へといくらでも増えてきます。
私だったら中央部にドリルで穴あけですかね。
将来の増設にも穴を増やせば対応出来ますからね。

それと「木工ドリル」で穴あけなさるなら一気に貫通せず、
裏表両面から慎重に穴を開ける方が綺麗に出来ますよ。
片面から一気に開けると、裏側が欠けますから。
あと、余談ですが、綺麗に開けるならホールソーという工具もあります。
コッチの方が扱いやすいかもしれません(^^)
[ 2015/11/04 22:41 ] [ 編集 ]

Re: 穴開け

た625さん、こんばんわです。
いつもコメントありがとうございます。

ドリルで穴開けが良いですか(^-^;
迂闊にドリルで穴開けすると、裏側が欠けるんですね( ̄□ ̄;)!!
危なかった~(汗)
両側からじわじわと言っても、位置を合わすのが難しそうなので、ホールソーなるもの検索してみます(^^)/
穴の増設もたしかにやりやすいですね。
早速あした調べます。
[ 2015/11/04 22:56 ] [ 編集 ]

おはようございます。
諸先輩方が書かれておられるのですが一言(^^;
穴なら最初から、切れ込みなら後からかと思います。
特にがおう☆さんの場合、ポイントマシン等で配線が多いです。
そして立て掛け型ですから、裏面処理にも気を使います。
そして、コード類をコネクタ接続するでしょうから、余りに位置を決めすぎると収集つかなくなるかと思います。
ギミック的に、電飾や信号などつけたくなっても結局穴だらけでは…。
個人的には、最後にニップルで整線が楽だと思います。
実際、小生もまだだらんとさせてますし(^^;
[ 2015/11/05 09:00 ] [ 編集 ]

Re: 穴

ぼち吉鉄道さん、おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。

なるほど~。
ただV字の切れ込みを入れる面はベニヤ板側なので、今やらないとベニヤを貼った後では無理なんです。
V字は却下されているようなので、丸穴にするとしても、全部開けようとは思ってません。
ぼち吉鉄道さんの言う通り、電飾や信号など結局製作過程で変わって行く部分は多々あると思うので、そこらじゅう開けても意味が無いですね。

とりあえず、後で開けにくいところだけ中央に開けておこうと思います。
確かにポイント多いので、配線は如何にまとめてコネクタで結線するかですね。
完全に背面内にキレイに配線は収納しないといけないのは改めて感じました。
アドバイスいつもすみません(^-^;
[ 2015/11/05 09:56 ] [ 編集 ]

通線孔

フレームがキレイに組み上がりましたね。
周囲の外枠が出来ると取り回しが少し楽になりそうです(^^)

配線用の穴は巨大なモノでなければどちらの方法でも、強度的にはマンション支える杭ほどの大きな差は無い気がします(^^;)
天板側に切り込みを入れる方法だと天板直下をケーブルが走るので、天板固定の後の作業時に釘等で傷つける可能性が若干増えるくらいでしょうか?

一つ言えるのは、レイアウト手前側は各所の電線がどんどん集まって来てかなり量が増えますから、大き目な穴か複数の穴を用意することになりそうです。
予め引き回しルートをざっくりと考えてみたらどうでしょう?。
がおう☆さんのこれまでの工作パターンからすると、きれいな配線ルート図を描きそうな予感がします(^^;)
[ 2015/11/05 10:04 ] [ 編集 ]

Re: 通線孔

鯱おやぢさん、こんにちわです。
いつもコメントありがとうございます。

外枠を直角出しするのにちょっと手こずってます(^-^;
昨夜少しやってみたんですが、集中力持たずに止めておきました(笑)
そういう時は失敗しますから。
V字切り込みも丸穴もそんなに巨大なものではないんですが、15~20mm程でしょうか?
確かにマンションを支える訳では無いです(笑)が、固定で無い分の強度を弱める行為は出来るだけ避けたいです。

配線ルートを考えても良いんですが、ギャップとフィーダーすらも怪しい状況では無理です~(笑)
とりあえず必要最低限で、今が開けやすいところだけにしておきます(爆)
[ 2015/11/05 10:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/249-e47d0018