入線報告

3月購入の第3弾 KATO EF10です

旧型電機は、カプラーポケットの形状が釜により異なり、いつも苦労するところではあります。
まずカプラー抑えを外してアーノルドカプラーとコイルばねを取り除いて形状を確認します。EF15なんかは未だに取り付ける方法を苦慮中ですが、このEF10は今までの経験でなんとかなりそうです。

EF10 カプラー交換1

カプラーポケットの形状は弄らずに(車体側はNO加工)、カプラー自体を加工します。ケディーカプラーはNo.1015を使います。下記写真は加工後です。お判りになりますでしょうか?カプラーBOXの左右を削り、ポケットの幅に入るようにする訳です。
EF10カプラー交換2

これであとはカプラーを押し込み、純正のカプラー抑えは入らなくなるのですが、ゴム系ボンドで脱落防止用として軽く接着してあります。元々結構ギリギリで削ってあるので、抑えは敢えて必要とはしません。
EF10カプラー交換3

お約束のカプラー高さチェック!!!
EF10カプラー交換4

見事にぴったりです。少し出すぎな感もありますが、良しとしましょう。もしこの先に気に入ら無ければ、後でポケット内の純正の軸を撤去して、新たに少し奥目に真鍮線か何かを埋め込んでしまえば、後は同じ様に押し込んでしまえばいいでしょう。

KATOは大概ケディーカプラーのNo.2004を使うのですが、旧型電機用にカプラーBOXをこのように削ったりすると、No.2004では溶解接着なので分解してしまい、収拾がつかなくなります。
その点No.1015は、中央の穴軸部で噛み合う構造なので重宝します。

しかし、EF15はどうするかなぁ??悩みは続く…

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/03/28 13:06 ] カプラー | TB(0) | コメント(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/22-4c167ee2