第1本線系統の運転形態

レイアウトA/Bブロック部の2段目に当たる第1本線系統の運転を記述します。

この第1本線は列車を周回させるメインラインとなります。
第2本線にあるメイン駅を出た列車が連絡線を通って、この第1本線にやってきます。
この第1本線を周回した後、再び連絡線を通って第2本線にあるメイン駅に帰って行く…という主要運転形態は、前回お話した通りです。

よって、第2本線のメイン駅は始発駅であり、終着駅なのです。
仮想的メイン駅を違う駅に見立て、エンドレスを間に挟んだPoint to Pointでもあるのです。

またメイン駅を同じ場所とするなら、連絡線へと出発した列車は下り列車、連絡線から戻ってきた列車は上り列車とみることが出来るでしょう(^^)/



まずは標準のエンドレス運転時です。

第1本線 標準運転図

前回の第2本線は1周7m強でしたが、この第2本線は1周14m強の距離があります。
片側に2列車を走らせて、先行列車を駅副線に退避させて、後続を先に行かせる事が出来れば楽しいと思います。
その時に冷や水鉄道のトータン様がレイアウトで採用されているように、後続列車のスピードを落とさずに先行列車を駅に待避線に止めれたらと思います。
アナログでこれをやるには私のレイアウトではエンドレスの距離が短いかも知れませんが検討事項です。



次は、第1本線と第2本線を繋ぐ連絡線からの合流と分岐です。

第1本線 第2本線より合流

第1本線 第2本線へ分岐


この第1本線には機関車牽引での折り返しが不能なので、リバースを通って反転し第2本線へと帰ります。
その為の本線リバースです。

第1本線 リバース



その他中間駅の待避線(副線)は、以下の3通りの使い方をします。

内回り線の列車待避線として
第1本線 副線の使い方1

外回り線の列車待避線として
第1本線 副線の使い方2

外回りでは、客扱いをしない列車は側線にも退避可能です。


最後に列車折り返し用として
第1本線 副線の使い方3

外回りから内回りへ、内回りから外回りへ列車が折り返します。
中間駅の主本線は、内外ともに11両編成まで停車出来ますが、副線は9両程度が限界です。
10両以上は、電車であってもリバース線を経由して折り返し、9両以下の列車は中間駅の副線を使って折り返します。


以上が第2層になる第1本線(メイン周回ライン)の運転形態です。
第2本線のメイン駅側線に列車仕立て線(架線無し)がありましたが、この第1本線は本線途中に列車仕立て線(架線無し)を設けています。
これはA/Bブロックだけでも、列車仕立て作業に困らないようにするためです。
よってメイン駅モジュール・機関区モジュールの完成を待たずとも部分開業が可能です。



ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ





関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/07/31 11:00 ] レイアウト資料 | TB(0) | コメント(6)

今晩は、

本日のレイアウトを拝見して、ど素人の質問で嫌になるでしょうが、
ご勘弁を……

緑色が中間駅になるのですか?
又、主本線は内回りは①で、外回りは③になるのですか?

もし、そうであれば、①③に11両編成まで可能で、②④は9両までで
ポイント切り替えで主本線と複線へ移動することでしょうか?

すみません、全くど素人なので…… でも、興味が湧きますね。
[ 2015/07/31 19:52 ] [ 編集 ]

Re:

duskike3さん、こんばんわです。
コメントありがとうございます。

真ん中にある駅が中間駅です。
①番線が内回りの主本線、②番線は副線、③番線は外回りの主本線で間違いないです(^^)/
書き方が分かり難かったです。

今の図はプランを簡単に表現しているので、ポイントの関係もあって、中の②番線は①番線・③番線と比べてホームの有効長が短いのです。
それを記述しています。
②番線は外回り・内回りの両方が列車退避に使いますので、ポイント切換で移動する事が可能です。
但し9両までの列車だけです。
例えるなら、特急は①番線、③番線に停車するけれど、普通列車はポイントを渡って②番線に停車するみたいな感じです(^^)/
[ 2015/07/31 20:56 ] [ 編集 ]

これは…。

こんばんわ。
結論から。
手動運転無理ですね。
逆転器とポイントの切り替えで恐らくパニック(^^;
トータンさんとこは一線かつ一通ですが、かががおう☆さんとこは、一線両方向です。
ここはかなり味噌です。
列車検出をきちんとしないといけませんね。
でないと4番ショート のオンパレードです(^^;
[ 2015/07/31 21:24 ] [ 編集 ]

Re: これは…。

ぼち吉鉄道さん、こんばんわです。
コメントありがとうございます。

4番ショートばかりでは守れない・勝てないですね(笑)
しかし手動では、操作切換だけで疲れてしまうという事ですな(T_T)
走行距離というか有効距離みたいなものは大丈夫なんでしょうか?
1周14mが短いのかどうか?感覚がわかりません。

トータンさんの所と違うのは、②番線が外と内回りの共用だからですかぁー( ;∀;)
②番線をどう切り替えるかという事ですかね???
条件を絞れば可能であれば、運転に制約を付けるのも止むを得ないですが…
[ 2015/07/31 23:07 ] [ 編集 ]

ところで

ところで 例の架線の付いたモジュールはどの部分に位置するのでしょうか? それにしてもこの複雑な路線に架線を張る作業 考えただけで気が遠くなりそうです どうせ苦労するなら架線集電なんてのも・・・・・(無責任でした~(^^;))
[ 2015/08/01 08:17 ] [ 編集 ]

Re: ところで

トータンさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

テストで作ったモジュールですね?
あれはあくまで、やりたい事が自分に出来るかどうか?また材料の選定などを目的に作ったので、このレイアウトに組み込む予定では無いです(^^)/
あのモジュールは車両展示台に最終的にするつもりです。
架線張りは確かに大変だと思います。通常であれば最終過程の作業ですが、「付ける」のではなくて「張る」ので、少し周りの風景が出来たら、中央付近から張る工程をしようと段取りを考えています(^_^)v
集電までは無理ですね(笑)そこまで車輛を弄れる自信がないです~
[ 2015/08/01 08:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/196-4735b48c