Nレイアウトプラン修正後の路線長

脱線危険場所のプラン変更をしておりましたが、その確定した計画で必要ポイント数がどうなったのかを調べました。

AとBブロックのポイント必要数


A/Bブロック両方で、ポイント数は34基になりました。

表中の接点スイッチについては、もう少し検討しますので、現在はカウントをしていませんが、使うという事になれば、PL-13/15を合わせて最大34個は要る計算です。(PL-13は11個は既購入です)



路線プランが固まったので、各路線ごとに距離をカウントしてみました。

見える部分を「地上」。
見えない部分を「トンネル」としています。

ついでに全長に対して、見える/見えないの比率も計算させました。

各路線距離数


数値は、先行製作するA/Bブロック以外にモジュール部分も入れての全体計画で計算させていますので、これが実際に完成した暁の距離という事になります。


中間のカーブ駅を含んだ第1本線は、約1周14m程ですね。
列車が走行しているのが見えるのは、全体の約63%ぐらいです。
こんなものでしょうか。


モジュールのメイン駅を周回する第2本線は、7.5mぐらいです。
こちらの見えている部分は、60%ぐらい。
モジュール部は見えるのですが、A/Bブロック側では、あまり見えないですね。



第2本線のメイン駅を出発後、1周してから、第1本線への連絡線に入り、第2本線で1周して、本線リバースで反転、逆に第2本線を1周して、第1本線への連絡線に入り、第2本線のメイン駅へ戻る。
この工程で、ざっと約45mという所でしょうか(^-^;


支線側は、メイン駅を出て、支線連絡線を通って、支線周回線に入り1周、支線駅への連絡線に入り、再び支線周回線に戻る。
そしてリバースして1周後に、支線連絡線に入ってメイン駅に戻ってくる。
この短い工程で、ざっと30mぐらいでしょう。


積み重ねたプランのおかげで、走行距離は稼げているようです(^^♪
あとは作る私の腕次第ということでしょう。


最後に最近撮ったオレンジ色のライトアップした京都タワーです。
通常は白なんです。

オレンジの京都タワー


ギリシャの影響か?イギリスのポンドが急激に上昇/下降をしています。
沈静化してポンドの為替が下がる事を期待します。(頼む!)
投資している人にはゴメンナサイ(^^)/



ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/07/04 16:48 ] 考察ごと | TB(0) | コメント(2)

ロングラン

ど~も、です。
ロングラン周回コースだと45m、支線側でも30mとはすごいですね~。
スケールスピードだと何分ぐらいかかるんでしょうね?

約40%がトンネルで隠れているという事は、予想外の地点から列車が顔を出すことになって、なんか楽しそうです(^^)/
[ 2015/07/05 10:25 ] [ 編集 ]

Re: ロングラン

お気楽おやぢさん、こんにちわです。
コメ連投ありがとうございます。

周回数を最小でこれなので、周回を2.3周に増やせば、長くなります。
スケールスピードを守って、走行させたらどのくらいの所要時間になるんでしょう?
出来上がったら測ってみたいですね。
もう少し見えている分が多くあると良いんですが(*^.^*)
積み重ねの限界ですね。

[ 2015/07/05 11:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/184-897520a0