第1本線左側 改良後の線形を実地で確認する

第1本線左側 (改修編)で改良した勾配部の線形ですが、リバースへの分岐が無くなった事で、少し奥にカーブを深くして距離を稼ぐようにしていました。

しかしカーブを深くした事により、曲線はきつくなりますので、編成の妻面が良く見える様になるんじゃないか?と、ぼち吉鉄道さんからご指摘いただいておりました。

改修したカーブで実際に編成物がどう見えるかを実験してみました。

第1本線左側勾配部 再改修後

画像中央の紺色の部分です。
内側線の方がカーブはきつくなりますので、内側線を検証してみます。

第1本線左側下り1

角度まではピッタリという訳ではありませんが、手元にR317の線路はありましたので、これを基準にしてフレキで再現してみました。
因みにカーブの半径を記載しておきます。

左側、駅から複線でカーブしてくる所は、外側R354mm・内側R324mmです。
ここから内側のみ説明を…
R324の出口付近はR391(15度)になり、直線240mmを挟み、R391mm-R317mm-R541mm(各15度)とカーブを形成して280mmの直線となります。


この内側線は左から勾配を下ってきます。今回は平坦で妻面の開きを確認します。

駅から出た複線は左カーブを描いて、同じ曲線半径でカーブしていきます。
カーブ入口はR541ですが、そこからはR324のカーブが続きます。

第1本線左側下り2


それでは編成を見てみましょうか?

第1本線左側下り5
第1本線左側下り4
第1本線左側下り3


このカーブは一番目線に入ってきます。
R324で、R317よりマシになるのでは?と思ってましたが残念です(T_T)
あんまり変わらない印象です。


せめてレイアウト長手方向に対して、手前側45度だけでもR360程に替えたいですね~
奥はレイアウト全体の寸法もあるので、R324で仕方ないとしても、魅せる(見せる)側だけでも何とかしたいです。


次は一旦直線に入る所辺りです。

第1本線左側下り8
第1本線左側下り6
第1本線左側下り7

この辺りは問題は無いです。きれいにウネウネと編成が下って行くのが見える事になるでしょう。



次が最後、駅の下に向かって右カーブしていくところです。15度ですがR317が存在しています。

第1本線左側下り9


R317付近です。

第1本線左側下り10


妻面はかなり開きますね。ただ近くに3階レベルの駅がありますので、背面から見る事は無さそうです。上から覗くとこの様に見えてしまいますが…。

この半径が小さいところを、もう一度距離が短くならない様にしながら、線形をやり直してみます。

※ぼち吉鉄道さん、ありがとうございました(^^)/


※上りと下りを間違えていたので修正しました。6/11


ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/06/10 10:00 ] 考察ごと | TB(0) | コメント(4)

こんにちは、本日のブログ写真で素人の私にも少し
感覚的に分かるような気がします。
模型・レールがあると分かりやすいですね。

なぜかドキドキしますね。どうしょうか! ここは少し変更しよう
など、あれこれ考えている時は時間があっという間に過ぎるのでは
ないでしょうか?

でも、寝不足等などで体調を崩さないようにして下さい。
私はよく夜中の2-3時位に目が覚めそのままおきていたり、逆に
3-4時位まで起きていてその後寝たりして、よく体調を崩します。
気をつけなければです。(笑)
[ 2015/06/10 13:56 ] [ 編集 ]

気になる点が。

こんにちわ。
テストお疲れ様です。
「R317付近です」下の写真の真ん中の車両。
妻面当たって見えるのですが。
勾配ですのでボディが押し合うと、脱輪につながります。
どうしてもボディマウントタイプは…。
複合カーブはかっこいいのですが、こういう所が大事と思います。
でも実際走行してみないと分からないって所もありますが…(^^;)
[ 2015/06/10 17:07 ] [ 編集 ]

Re:

duskike3さん、こんにちわです。コメントありがとうございます。

ちょっとは分かりました?!スミマセン毎度分かりにくい図ばかりで(笑)
実地テストで車両を引っ張り出すと、テストも楽しいです(^^♪
最近模型に触ってないなぁ~って。
パソコンとニラメッコで空想しながら、プランを考え直すのも楽しいのですが、
どうしても目が疲れて眉間に皺が寄ります(笑)
時間も気付けば「えっ!寝ないとマズイ!」ってとこです(^-^;
最近は仕事も忙しく帰宅も遅いので、レール設置もかなりアバウトです。
緩いより、きつめの方が参考になるという感覚です。

体調崩さない様にしないといけませんね。
ただ仕事が私が居ないと前に進まないので、絶対に休めないので気が張っているので今は良いんです。
毎年このプロジェクトが終わった後の方が怖いです(+_+)


[ 2015/06/10 18:20 ] [ 編集 ]

Re: 気になる点が。

ぼち吉鉄道さん、こんばんわです。
コメント&いつもご助言ありがとうございます。

いつもスミマセンm(__)m ホントに助かります。
良く確認したのですが、ギリ当たってないようです(^-^;
KATOのボデマンって最少半径ありましたかね?!
結構妻面の角が接近しているとは昨夜テストの時に思ってはいたんです。

しかしギリギリセーフとは言え、危険を感じるので、15度分のR317を排除しておきます。
TOMIXのTNカプラーはもっと危険な感じがします。
走行中に「ロン!」は避けたいものです(笑)

この内側線は45mmの高低差をクリアできれば良いので、今夜シュミレーションしてみます。
多分行けると思います。

平坦では良くっても勾配途中は何が起こるか分かりませんし…
可能であれば除くに越したことはないでしょう(^^)/
[ 2015/06/10 18:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/178-850e521f