レイアウト製作上の勾配クリアランスの確認 第1本線左側

しばらくレイアウト関連の記事が無くなっていましたが、これは当所の建設予算欠乏によるものです(笑)
5月は新車・中古の購入を何とか我慢し、土台建設開始の目処はおおよそ6月末になりそうです。

6月発売の予約品はKATO C12と貨車達だけですので、これ以外の出費を今月も抑えねばなりませんが、目処が立ったのは良かったです(^-^;
残りの6月いっぱいを掛けて、最終の確認をしておかないといけない問題を解消していきます。



それは勾配とクリアランスの確認。

前に線路の隠れる部分を減らすように線路配置を変更していますが、その時は十分にクリアランスを計算せずにアバウトで行ける行けないで構成していました。

これでは土台建設後のレール敷設に当たり、プランの再構築という大きな障害となりますので、今のうちに十分検討しておかねばなりません。




まず上下の線路間のクリアランスは如何ほど必要なのか?

今までのテストピースで採用してきた事象を簡単な絵にすると…

クリアランスの確認

ベース面より、まず2mm厚のコルク板を敷き、その上にPECOファイン#55フレキシブルレールを敷設します。
この合計でベース面より高さ5mmです。

更に架線のトロリー線位置は線路面より35mmと決めましたので、それと合計すると40mmになります。

プラス交差部直近まで互いの線路が見えている場合や橋梁で跨ぐ場合は、プラス吊架線の位置分の約4mmが高さとして必要です。

そうすると最低クリアランスは、45mmは必要という事になります。
標準の各ベース面の高さは50mmとしていますが、最小値としてはこれをクリアするように勾配区間の距離を考えれば良いことになります。

プランは初期状態から3%程度の勾配で上り下り出来る様に考えていました。
しかし、上り下りに緩和勾配として2%を少しでも取り入れられないかも合わせて検討していきます。



では具体的に現状のプランを検証に入ります。
当所のメイン周回ラインである第1本線から確認に入ります。

第1本線図 勾配


第1本線、水色部は3階水平部、緑色は2階水平部です。
紺色が勾配区間(黄色の矢印区間)となり、2か所に存在しています。
大外のピンク色は3階の第1本線と1階の第2本線との連絡線で、全区間で1~3階を上り下りします。
朱色はリバース線で、赤矢印の一方通行で2階から3階へと登っていく形です。

合計勾配4区間が検証場所となります。


まずは第1本線左側の、駅から出てカーブして下っていき途中でリバースの分岐をする区間を検証します。
一番見た目から引っ掛かりそうな区間です。


まずは勾配開始点から立体交差直前までの距離を計算しました。

外回り線(上り)の距離 1,645mm
  1,645mm×3%= 49.35mm ◎
  緩和勾配考慮(300mm)の時 (300×2%)+(1,345×3%)= 46.35mm ○

内回り線(下り)の距離 1,520mm
  1,520mm×3%= 45.6mm ○
  緩和勾配考慮(300mm)の時 (300×2%)+(1,220×3%)= 42.6mm ×

リバース線経由の距離 1,345mm
  1,345mm×3%= 40.35mm ×
  緩和勾配考慮(300mm)の時 (300×2%)+(1,045×3%)= 37.35mm ×


第1本線 左側勾配×


予想はしてましたが、3%では外回り・内回り共にクリアしてましたが、リバースがアウトですね。

おそらくプラン時は交差より手前でリバース線をトンネルに突入させ、交差部まで架線表現しないぐらいで考えていたんだろうと思います。
それでも緩和勾配をすると交差は不可能です。


ここのレールプランは見直しです。
緩和勾配でもクリアできる線形を検討します。


いきなり躓きましたが、完成後の快適な運転・工事途中のストレス回避から必然の作業なので止むを得ないですね(^^)/


ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/06/03 11:10 ] 考察ごと | TB(0) | コメント(6)

勾配ポイント

こんばんわ。
水色:3F
青色:2F~3F
緑色2F
でいいでしょうか?
気になるのは、downとの文字のポイントです。
下りカーブの出口にポイント…。
一番脱線率高いです。
上りはまだ速度落ちるのでいいですが、下りは…。
一度仮組して、通過テストをお勧めします。
入れ替え線は、低速なので多分大丈夫ですが、通過車両が気になりますね。
特に振り子車はやばい気がします。
[ 2015/06/03 19:10 ] [ 編集 ]

今晩は、久しぶりのがおう☆さんのレイアウトを拝見
しました。
やはりすごいですね。几帳面で計画性があり、ど素人の
私には真似出来ない内容です。

本当にブログを拝見して勉強になります。
私は自分の能力範囲でHOゲージを保守して走らして
みます。

トラック野郎も完成ですね。
見事な出来栄えで本当に感心しました。
自分の手をかけた模型たちは可愛くて財産です。
がおう☆さん独自の作品をこれからも増やして下さい。
[ 2015/06/03 19:52 ] [ 編集 ]

Re: 勾配ポイント

ぼち吉鉄道さん、こんばんわです。コメントありがとうございます。

色分け正解です。分かりづらくスミマセン。

下り途中にポイントを設けているのをやはり気にされましたか?(^-^;
あんまりやりたくないのですが、見える所で分岐させたくて、今のプランなんですが…
リバースへの侵入は幾ら低速で下って、分岐させると言っても、通過の際の直進はそれなりの速度ですから危険でしょうね。
「振り子」確かにヤバそうです(汗)

言われるようにテストしても良いのですが、危険は排除する方が早いでしょうね。
今プラン訂正中ですので、それも合わせて修正することにします。

いつもアドバイスありがとうございます(^^♪

[ 2015/06/03 20:04 ] [ 編集 ]

Re:

duskike3さん、こんばんわです。コメントありがとうございます。

あんまり持ち上げないでください。飛んで行きますから(笑)
それほど几帳面じゃないんですよ。
いつも嫁からは怒られてばかりですから(^-^;

これも実地では今は出来ないのをシュミレーションしているようなものです。
でもこんな下準備が後々作業や仕上がりに影響してくると思ってます。
料理と同じですね。
下ごしらえや下準備のひと手間が美味しくさせるのと…

トラックの一番星号はホントに良いコレクションになりました。
レイアウト完成したら、どこかに置いてやろうと思います(^^)/

[ 2015/06/03 20:10 ] [ 編集 ]

底なし沼。

こんばんは

慎重になさってますね。
複雑に交差してるので、これくらいキチッとしておく方が間違いないかもですね。

あと、 ぼち吉鉄道さんも仰られていますが、試運転は必須だと思います。
アップダウンにカーブにカント、凝れば凝るほど脱線しやすくなるんですよね。
まるで、底なし沼のように(笑)
ちなみに、我が家では「振り子」は走行禁止だったりします(^^;)
[ 2015/06/03 22:43 ] [ 編集 ]

Re: 底なし沼。

> こんばんは
た625さん、こんばんわです。コメントありがとうございます。

クリアランスも結構シビアなのですが、勾配も出来るだけ緩くという欲張りな考えです(笑)
ざっくりだとこのような失態になるので、正式に土台に入る前にプランだけは固めておきたいと思ってます。

試運転ですね~やはり狭い中に詰め込むと無理が出るので、やるようにします。

> アップダウンにカーブにカント、凝れば凝るほど脱線しやすくなるんですよね。
> まるで、底なし沼のように(笑)

うーん、うちのプランそのものじゃあないですか(笑)ヤバいなぁ~(^-^;
とにかく今訂正作業で、危ないラインは予め潰しておきます。
アドバイスありがとうございます(^^ゞ

[ 2015/06/03 23:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/173-976f7172