映画「トラック野郎」の”一番星号”を作る その4

一番星号の続きです。

前回に下部電飾を立体的にするために真鍮線を並べました。

それを下地処理してから、シルバーに側面裏側すべて塗りました。


一番星号16


シルバーを塗るので、合わせて側面下部の装飾板のサイド・裏側を塗っておきました。

一番星号18


乾いてから、今度は真鍮線の飛び出し側先端に、黄色の塗料で色差ししていきます。

一番星号17


ちょっと塗り方が雑に見えますが、裏側に隠れるのでそんなに気にせずにやってます。
飛び出す先端(電飾部分)は、真鍮そのままという事も考えましたが、やはり目立たないので黄色に塗って折角の工作を目立たせることにしました(^-^;


黄色も乾いたら、いよいよ床下への接着です。
ゴム系ボンドで接着します。
先端が僅かに出ているくらいで、止めていきます。


一番星号20


こんな感じになりました(^^♪

タイヤとのクリアランスもありますから、ちゃんとタイヤは回ります。
ガタガタ具合が本物っぽい?!(笑)


一番星号19


リアの最後が、接着が甘いですね。修正しておきます。
想像通り立体感が出て、それらしくなりました。

光らせる場合は、この金属部を導光材に変えて、先端が光るようにすれば感じは出ると考えます。
今回のパーツは、ゴム系で取り付けたのも、外せるように(将来の追加工へ)との思惑です。


荷台側はこれで一旦終了。


次はキャブ側を作業していきます。
当初考えていたより長編になってしまったなぁ(>_<)


ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

ここまで拘るのなら

随分雰囲気が変わりますね。
いっそのこと、荷台の上側とか、側面とかも、取り付けてはどうですか?
[ 2015/05/22 12:41 ] [ 編集 ]

Re: ここまで拘るのなら

oomoriさん、こんにちわ。コメントありがとうございます。

> いっそのこと、荷台の上側とか、側面とかも、取り付けてはどうですか?

ウッ!敢えてスルーしているところに踏み込みましたね(笑)
側面はまだ同じ大きさなのでトライ出来ない事は無いのですが、上はライト自体が小粒なんですよ。
それで変になるよりかは雰囲気を崩さない、今ぐらいで留めた方が良いかと…
言い訳っぽくなってきました?
2台目は、昨年復活された本物のペイントをやろうと思っているので、継続で考えてみます。
[ 2015/05/22 12:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/165-e3ab1299