レールクリーニングカーを考える その1

ちょっと体調が変です。
妙な体のダルさで集中力が続きませんので、一番星号はちょっとお休みです。

そこで前々から気になっていた、レールクリーニングカーを考えてみようかと。

レールクリーニングは、レイアウトを持っている方、これから持とうとする私にとっては、非常に重要なものです。
しかし特段、これについて整備してきた訳ではないので、ここらで自分の所有車両を調べてみました。

クリーニングカー3

まずは代表的なTOMIXのレールクリーニングカー。
当方は現在2両が在籍しています。

6491は、出た当初にカラーリングがカッコいいと思って買いましたが、これまで一度も出動はしていません。
新品同様の品です(笑)

6421は、昨年オクで入手しました。 
モーター直結なら回るのですが、線路に置いても動きませんでした。
どうもオンオフの切り替えをするスイッチが逝かれているらしく、そのあたりを調整していると動くようになりました。
しかし、スイッチ自体は破損していたので、通電=回転という直結式駆動に現在なっています。


クリーニングカー4

上の写真で奥のクリーニングカーには、左部のスイッチが無いのが分かると思います。

この2台でバキューム(ほこり取り)に活躍してもらおうと思います。
可能なら、片方は湿式クリーニングにして重連と行きたいところですが、なにぶん重いのが玉にキズ。
機関車重連で牽くのは当たり前なのですが、クリーニングカー重連も引っ張れるかどうか?
厳しい物がありますので、おいおいテストしましょう。


もう一グループのクリーニングカー。

クリーニングカー5

もういったい何年前に買ったのかも分からない2両です。
恐らく独身時代ですので、10年以上前です。
両方とも現在も販売されています。という事は効果があるということでしょうか?

これらも一度も使っていません(笑) 
ケースの黄ばみや紙の黄変化がしていますが、中身は新品です。

クリーニングカー6

黄色のキャブ車は、津川洋行製の”モップ君”です。 今は赤色もあるようです。当時もあったのかな?
キャブ車の進行方向とは逆に、バックでモップを引きずってクリーニングします。
モップ部分に洗剤を染み込ませて汚れを取る、または水に濡らした後、水をきって拭き上げ用に使うことも出来ます。

スニ40の形をしたものは、ペアーハンズ製のクリーニングカーです。
上物はKATOのスニ40ですが、下回りは真鍮製の別誂品で、二つのクリーニング部に洗浄液を注入できるよう出来ています。
真鍮製ですから重さもありますが、クリーニング部は上下にスムースに可動するようになっています。
布は綿製などを自分で取り付けます。レンタルレイアウト店でも使われているようです。

しかし値段高い~(@_@) 6,000円+税 HPをみてビックリ!
昔は使う予定もないのにこれを買ってしまう資金があったのかぁ~独身時代ならではです(笑)


これは、スニ40に洗浄液を入れてダブルで汚れを落とし、後ろにモップ君を連結して水拭きさせたら良いのではないかと思ったりしています。


これらの在籍クリーニングカーを牽引する予定の専用機関車です。

クリーニングカー1
クリーニングカー2

KATOのちょっと長い旧EF65シリーズとEF60辺りです。
今の機関車に比べると自重は重いしパワフルです。クリーニングカーを牽引するにはもってこいです。

協調性を確認してペアを決めたいと思います。

テストの模様は改めて・・・


ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/05/15 11:00 ] 考察ごと | TB(0) | コメント(12)

こんにちは、

クリーニングカーというものがあるのですね。
レール及び電車の車輪等はクリーナーを綿棒に
着けて磨けばと思っていました。
それだけで古い車両は走るんでしょうか?

モータの劣化・ギャー部油の劣化等も影響
するのではと思います。
上記の場合は分解してギャーは掃除して
油を注し、モータは回転しない場合は取り
変えるんでしょうね。
[ 2015/05/15 15:02 ] [ 編集 ]

Re:

duskike3さん、コメントありがとうございます。

鉄道模型は2本の線路から集電してモーターを回しますので、どうしてもレール・車輪・集電部は汚れが出てきます。
そこで、レールは手でクリーナーを付けて拭き拭きするか、汚れが酷いとヤスリで表面を削ったりします。
そこまで頑固にならない内に日頃からメンテを心掛けた上で、埃なども掛からない様に対策を取ると良いのです。
でも大変なんですよ(笑)
その大変さを軽減する為にクリーニングカーを上手く使いたいんです(^-^;

車輪なんかも、綿棒で丁寧にやるのも大変なので、津川洋行から動力車の車輪を磨くソフト君なるものも発売されています(HO用もあった筈です)
モーターだけ行かれた場合は交換しかないですが、大概はギア部を綺麗に清掃して、グリスを入れ直してやれば意外と動くようになります。
私も最低20年以上放置のEF57が動いてくれましたよ(^^♪
(箱から出したときは、粉々のスポンジ粒の中に埋もれてました)
http://katetsuki.blog.fc2.com/blog-entry-50.html
[ 2015/05/15 17:59 ] [ 編集 ]

こんばんは。

レールの清掃は重要です。

我が家はDCC運転なのでレールのメンテナンスは欠かせません。

スムーズな運転とちらつかない室内灯を目指してます。

運転中にもお掃除列車を走らせますよ~~
[ 2015/05/15 23:02 ] [ 編集 ]

羨ましい

 自分も導入しなきゃと思っているクリーニングカー。すごい数ですね。

 今レイアウトのテストランと軌道クリーニングを繰り返しやっていますがほんとうに嫌になる作業です。脱線はしませんが通電不良がひどいです。

 それとテストラン用の動力車を見たら数回走らせただけで台車の歯車やスプリングウォームギアに毛クズが絡まっている有様です。

 うちの場合トンネルや地下線ばかり作ってしまっているのでレールに手が届きにくい箇所ばかりです。(点検口は設けてありますが)

 ジオラマとしては会心作になったなと自分で思うのですが、レイアウトとして見たらダメな作品ですね。
[ 2015/05/15 23:48 ] [ 編集 ]

Re:

大佐さん、コメントありがとうございます。

レールの清掃を上手くしていきたいなと思うんですが、皆さんどうしておられるのかな?って思ってます。
DCCもアナログでも、スムーズな運転を続けたいですね(^_^)

> 運転中にもお掃除列車を走らせますよ~~

やっぱ、そのくらいでもやり過ぎでは無いんですよね(^-^;
バキューム部隊と洗浄部隊の2枚看板でいきますよ。
[ 2015/05/16 00:06 ] [ 編集 ]

Re: 羨ましい

凡人オヤマダさん、コメントありがとうございます。

買っていた時はいずれ要るだろう~ぐらいの気持ちで買っていたんだと思います。
レイアウトも作るから、必需品なんですが、改めて揃えると結構なお値段です。
ある意味、適当に買ってくれてた自分に感謝です(笑)

凡人オヤマダさんのレイアウトは、地下線にも脱線復旧ガードが付けられていて、それでもホコリには頭を悩ませておられるんですね。
バキュームカーは、効果があるのか?試してみたいです。私も予定では地下線区間は多いですし、ホコリと清掃は今から考えておきたいところです。


> ジオラマとしては会心作になったなと自分で思うのですが、レイアウトとして見たらダメな作品ですね。

そんな事はないです。進化を遂げられる設定の数々はジオラマではありません。凄いレイアウトです。
線路をどのように清掃維持していくか?それぞれこんな風にやってますよ~という開示が重要じゃ無いでしょうか?
自作でも、市販品でも効果があるのか?一つでダメなら二つなのか?
試してみますね(^^)/
[ 2015/05/16 00:23 ] [ 編集 ]

レイアウトたでかいと これは必須ですね~ ただ、私のところにもあるのですが 路盤が悪いせいか余り効果ありません(^^; この様に重連で使ったら効果も望めますかね 何が大変って ストレスの無い走行を楽しむための維持ってとんでもないことですので 課題ですね~
[ 2015/05/16 09:31 ] [ 編集 ]

Re:

トータンさん、コメントありがとうございます。

線路面の設置時に気を使わないと効果無いのですか?
トータンさんの教訓なら、敷設の時には注意したいです(^-^;

重連にするのは、1回での効果をより上げるためにどうかと思ってます。
もちろん数周させる訳ですが、効果が1台目で逃しても2台目が拾うみたいな(笑)

洗浄は、すぐに拭き取る事で、洗浄液がこびり付くのを防ぐみたいな…(^-^;
これはやってみないと分かりませんね。

手元に結構汚れた組線路ありますので、試すにはもってこいです。
[ 2015/05/16 11:57 ] [ 編集 ]

ある程度

こんばんわ。
クリーニングカー、たくさんお持ちで(^^)
専用機関車までとは、おごりますねー♪

小生的には、「クリーニングは手に限る」と思います。
やはり、錆などか浮いてくるとペーパーには勝てません。
無水エタノールで拭いた方が圧倒的にきれいになります。
機関車、ポイント等で脱線します。
唯一の利点は、掃除機機能です。
あれは、意外にほこりがとれます。

と言ってもがおう☆さんのレイアウトでは手が入らないところがいっぱいと思われますので、必須ですよね?
[ 2015/05/16 21:17 ] [ 編集 ]

こんばんは

クリーニングカーは便利ですよね。
綺麗になるのは当然ですが、綺麗になっていくのを視覚的に確認出来るのが便利だと思います。
たとえば、最初は汚れでギクシャク → 綺麗になるにつれスムーズに動くってな具合に(^^)
[ 2015/05/16 21:58 ] [ 編集 ]

Re: ある程度

ぼち吉鉄道さん、コメントありがとうございます。

ペアーハンズと津川のは、すっかり忘れてまして(笑)
今回、ひっぱり出してきて在籍が判明しました(^-^;

専用機関車は一応車籍が無い扱いのものなので、仕事を与えることにしました。
手には敵わないのですが、地下線部を含めて清掃に回ってくれる専用車は必要だと思います。
私の場合は、常設で無い分、保管時に埃対策も可能ですが、それでも組み立てた後の試運転を清掃と共に行えればと思っています。

洗浄に使うスニ40タイプに、無水エタノールを注入して拭かせてはどうでしょう?
TOMIXは回転する分、引っ掛かる可能性が高いので、バキューム専用で(^-^;

レイアウトの清掃は、維持させる上で重要ですね。
[ 2015/05/16 22:36 ] [ 編集 ]

Re:

た625さん、コメントありがとうございます。

クリーニングカーは、海外の方が色々と揃っていると聞いたことがあります。
組み合わせれば、手で拭いて回らなくとも、ある程度維持できないものでしょうか?(^-^;

きれいになれば、走行がスムーズになって、特に室内灯を装備していればチラつかなくなることで、キレイを目で確認できるのではないかと…
テストでも一緒に室内灯を装備した客車を連結させようと思ってます。


[ 2015/05/16 22:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/161-678fe46d