Nゲージレイアウト 続:取り外しする脚の再検討

前回大きなポカをやらかした結果、存在するベッドを回避すべく検討しました。

まずはベッド巾1,000mmに対し910mmの巾を内側に140mmぐらい広げてしまおうか?作戦。
面積が増えるので、線形的には余裕が出来て良い事と、これだと脚の真下にベッドが来なくなり回避出来ます。

しかし反面、モジュールの外周を含めての内側スペース(制御スペース)が狭くなってしまいます。
広げても良い事ばかりではありません。部屋の大きさは変わりませんから(笑)

うーん(ー_ー)

やっぱり広げるのは止めます。
その分、周りに少しでもスペースを取って、緊急時に対応出来たり、動画を撮ったり、眺めたりする隙間を広げる方にします(^^♪


一時はレイアウト全体を反転ミラーにして、左右を逆転しようかとも考えましたが、部屋の入口が図左下に存在する為、出入りに余計に不便になるのと破壊への危険性から断念しました。


そこでベッド奥側に脚を差し込めるスペースだけ開けて、下記図のようにコの字型の脚で回避することに決めました。

台枠・脚1

ベッド間はコの字で跨ぐような脚を下にして台枠側を挟み込む事で固定します。
ベッド以外の単脚は、横への衝撃対策と強度保持のために、かすがいを台枠と連結します。

コの字型脚はベッドに沿う形なので、これ以上の補強はしません。ベッドが梁の役割を補います。

下手な絵ではこうなります。

脚の構造2

接続時のネジは、差し込むだけでも良いかな?と思っています。
組み立て・分解の手間を減らしたいので。
緩そうだったらナットを付ければ良いと思います。


A/Bの両台枠は線路接続部のガイドを合わせる+ボルト・ナットで台枠に開けた穴を締結します。

そこでA/B間の近い2本のコの字脚を1本に纏めても可能かなと思い下記図に変更してみました。

台枠・脚1-a

ベッドを跨ぐコの字型脚は先にベッド側にセッティングしておき、単脚は立て掛け状態で台枠にセットして、最終合体という方法です。

コの字は、半分に蝶番で折り曲げられるようにするか、ダボを脚側と梁に作って差し込み式にして脚組み立て時にフックで止めて固定する方法等、もう少し考えたいと思います。

コの字のままだと保管に?!
半分に折り畳めても倍の巾で更に立たない形?!
バラバラなら、単脚と共に紐でまとめておく事も可能?!

場所を取らないは片付けの基本ですから、良く考えておかないと建設許可却下になりかねん~(汗)
GWもあるので良~く考えよう~(^-^;


ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

体型にもよりますが・・・(^^;)

壁との隙間を作るアイディアはいいかもしれませんね。ただ、図面を見ると200mm弱のようですが、ちょっと狭くないですか?
私もメンテとビューポイント等のために壁際に隙間を作りましたが、間隔を300mmにしました。実際に出来てみると、レイアウトに潜り込んで壁との隙間に立ち上がるときの姿勢が結構しんどいです。
体型によりますが、立ってしまえば200mmでも何とかなりそうですけど、もう少し余裕が無いと体をねじ込むのに苦労しそうです。
[ 2015/04/24 17:08 ] [ 編集 ]

Re: 体型にもよりますが・・・(^^;)

お気楽おやぢさん、コメントありがとうございます。

現在痩せている途中です(本当です) 
スーツのズボンもユルユルになってきたので、来年はどうしよう?!という感じですが、ただ元々骨太なのでキツイかもしれませんね(^-^;
実ビューが難しい時は、ピンホールカメラでも仕込みましょうか?(笑)

モジュール部の巾を5㎝詰めれる可能性はありますので、その分隙間確保に使いましょう。
250mmは確保してみます。


[ 2015/04/24 17:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/149-8d0f4526