Nゲージレイアウト 台枠の検討 その3

出口の見えない迷宮へようこそ!!!

台枠づくりに入る前の検討で、ここまで苦慮するとは思いませんでした。
それだけに重要な部分なんですね。

ちょっと折れそうな気持ちを奮い立て、皆さんの温かいコメントや情報に励まされて、頑張って検討を続けたいと思います。

まずは、しっかりとした重量計算をしたいと思います。
Nさんから計算の方法をお聞きしたので、それを台枠構造の寸法より洗い出して、数値を出して具体的に検討します。

台枠は、隠れる区間のトラブルやメンテに対処出来る「点検口有り」の当初案で行こうと決めました。


台枠構造は以下の図で行きます。

緑色と水色は格子組みをして、外枠とはネジで締結します。
その他の橙色は、格子に組んだ後に梁と梁の間に接着していきます。
全部を格子状に組むのは難しいので、補助具を用いるなど接着だけでない方法はとります。


<Aブロック台枠>
Aブロック台枠1-ニ(2)

<Bブロック>
Bブロック台枠1-ニ(2)


ここで皆さんから頂いた、有難いコメントを集めてみると…
強度不足のご指摘が、圧倒的に多いです。

分割収納のため、軽量化に拘りすぎているのと、具体的数値(重さ)を出さずに漠然と考えているのでダメだと思いました。

加えて、ベニヤを貼らないのは、強度的に無理と判断しました。
製作途中で挫折しないこと、分割時の耐久性も考慮に入れれば、この選択がベストと思います。



そこで上記構造での重さを計算します。

重量比較も必要なので、計算のパターンは2つです。

基礎台枠

赤と紺は桐材の部分、黄色はベニヤ板、水色はスタイロフォーム部です。
ベニヤを5mmにするか、3mmにするかで計算を2つします。基礎ベースもそれに伴い2mm変化します。

その計算表が以下の通りとなりました。

台枠重さ計算

5mm厚のベニヤ板を使うとして、
Aブロック台枠 8.68kg   Bブロック台枠 8.00kg

3mm厚のベニヤ板の場合は
Aブロック台枠 7.11kg   Bブロック台枠 6.67kg

重さは、A台枠で▲1.57kg、B台枠で▲1.33kgの差が出ます。


完全に持ち上げて歩く事は少ないでしょうが、Nさん情報の持ち上げる重量は、15kg以内には抑えたい。
よって目標15kg、Max20kgで考えて行きたいです。

収納はAとBの台枠を向い合わせにしてロックを掛けて直立させます。
床側には車輪を付けておいて、掃除時に簡単に動かせるようにするつもりです。

上に乗る重さの一番はレール。それ以外を工夫すれば納まる範囲か???

皆さんが言われる強度からなら、5mm厚選択なんでしょうが…
どっちを取るか?


ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

こんにちは、
レイアウト順調に進められていますね。
ブログを拝見していてキチット重量
計算され、ジオラマの製作は大変なものだと思いました。

私も父のジオラマを何回か見ましたが、部屋一杯に作っていたので上部は手が届くのですが、修正時に手が入らないとか届かないとかで、修正していたように思います。

がおう☆さんは製作図・重量計算等を計算されているので感心しました。
頑張って下さい。  duskike3
[ 2015/04/04 16:05 ] [ 編集 ]

Re:

duskike3さん、コメントありがとうございます。

順調では無いのですが(笑)、立ち止まると動けない気がして、前に向かってます(^^)/

そんな立派なこと無いんですよ。重量計算も知らなかったんですから。コメントで教えていただきました。
それまで、ホームセンターで木材持ち上げては、首を傾けている変なオジサンでしたから(笑)

お父さまのジオラマのように固定式なら、重量まで考えなくとも良かったと思います。
でも、おかげで色んな勉強をさせて貰ってます。
duskike3さんも何か変と思ったら、突っ込んでください(^-^;

[ 2015/04/04 16:24 ] [ 編集 ]

ベニヤを貼るなら

こんばんわ。
悩み抜いてますね。
ベニヤを貼るなら、オレンジの接着梁は入らないのではないでしょうか?
強度はベニヤと梁をインパクトでボルト締めすれば十分と思います。
後は、下になる部分の強度ですね。
折り畳む時に力が集中するので、その構造をうまくできればですね。
メンテ口復活は、絶対いいと思います(^^;
入らなくなっても、お子さんに手伝ってもらえますし。
現に小生とこも、お願いすることがあります。
[ 2015/04/04 20:44 ] [ 編集 ]

Re: ベニヤを貼るなら

ぼち吉鉄道さん、コメントありがとうございます。

ちなみにそのボルト締めをして、オレンジ色の追加梁も入れるなら、3mm厚でも可能なのかと?
点検口が開くので横梁を強化して、手を付いても大丈夫なようにと、立たせるときの強度を得ようと考えています。追加の梁は合わせても300gに満たないので、強度を優先しました。
5mmと3mmの厚さで、1.3~1.5㎏も差があるので、3mm厚ベニヤも魅力的です。
5mmの方が良いんでしょうね。
メンテや建設を怪獣が手伝ってくれるようになれば嬉しいですね。今は破壊王です(笑)


[ 2015/04/04 21:29 ] [ 編集 ]

 私がレイアウトを作った時にここまで考えてベースを作っていたかと考えると恥ずかしいですね(汗)

 3ミリ厚のベニヤは軽量化の面では有利と思いますが、上に載せるシーナリィの重さによっては長期間の間に凹みや反りのリスクが高そうな気がします。
 私の所属しているクラブのモジュールレイアウトでは経年変化によるベースの反りや変形がそろそろ問題になっていますが枠組の弱さがベース板の反りを吸収しきれず微妙な凹凸を作るケースが多かったようです。

 5.5ミリ厚(近所のホームセンターではこの厚さの物が多い)は加工の手間と重量の面で不利ですが強度と経年変化の点では幾分良いようです。

 特に立てかけと折り畳みを頻繁に行うなら強度を優先させた方が有利ではないでしょうか。

 なんだか偉そうな言い分になりました。すみません(汗)
[ 2015/04/07 23:25 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

光山市交通局さん、コメントありがとうございます。

アドバイスと貴重なご経験の情報を誠にありがとうございます。

モジュールレイアウトでも問題が発生するのであれば、定尺サイズなら尚更強度は必要ですね。
言われる通り、軽量面に拘ると、製作途中にも歪みが発生するかもしれません。
A/Bブロックを垂直に立たせるとしても負荷は掛かりますから、強度重視で全体の軽量化は製作上で考えた方が良さそうです。
設置時の足や組み立て時の手順・それに持ち手を作っておく等、重量を緩和する方法も考えて行きたいと思います。

背中を押していただくような形のコメント、ありがとうございました。
[ 2015/04/08 11:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/137-c538412e