Bブロックの台枠を考える(Nゲージレイアウト)

Aブロックに続き、Bブロックの台枠について検討します。

Bブロックは、山岳風景風になる部分です。
ループが2か所にある為、点検口もその2か所に設けます。
よってその部分を避けて木組みをします。

Bブロック台枠


Aブロックに比べると、開口部が2つあるので、強度面でどうなのかが不明です。
しかし開口部以外、その他の部分は20~25cm範囲で木組みされるので、クロス部に補強の三角などを更に入れれば、いけるかと思います。


前回、外枠より内枠の木材の高さを少し低めにする話。
以下のようなイメージです。

台枠 横から

緑が木枠で、水色がスタイロフォームという訳です。
図では一面にスタイロを敷くようになってますが、路盤や地面が必要な所にするつもりです。
実際にはこれが最下層のレベルB1(地下)ベースとなります。
この上にレベル1・レベル2と展開します。

これで、A/Bブロックの接続面+モジュールの接続面も強度を得られ、ベニヤ板を使わずに軽量化も達成できます。
スタイロを内側全面に敷かないのも、より軽量化すための一環です。
また地面を下げたいときに有利に働いてくれると思います。

天板を全面に張らない代わりに、木組みをオープントップに近い構造にして強度を出しているつもりです。

台枠の高さは最低でも50mmは考えていますが、外枠は60mmぐらいはあった方が良いのかも知れません。

コメントで、お気楽おやぢさんよりポイントの下に木枠が来るとマシンを真下に収められませんよ~とアドバイスをいただいたので確認しましたが、Aブロックは唯一地鉄部の終端駅のポイントだけが地下レベルでしたが、木枠は避けれている場所なので問題なし(^^)/
Bブロックの方も、地下レベルでポイントはありませんので、レベル1からであれば問題ありませんでした。

これで大まかな枠組みは検討出来たので、後はホームセンターで木材の寸法を最終調査して、それぞれの部材の必要本数・長さ・巾等を決めたいと思います。


それと合わせてですが、これからはレイアウトの資料的な写真や動画を出来るだけ収集しながら、目を養っていきたいと思います。
なかなか普段から心掛けてないと、いざという時に困ったり、悩んだりすることがありますので、気にしていきたいところです(^-^;

その第1段という訳でもありませんが、ダイヤ改正前の通勤途中に架線柱の様子やポイント付近の架線の張り方などを研究したく、走行中では現認不能なので動画に撮ってみました。
滋賀の石山駅~京都駅までの列車線です(列車線でないと、この区間はポイントが無い)
たまたま人が少なくなったので、「ここはチャ~ンス」とばかりに後ろの視線を気にしつつの撮影です(汗)

15分程度ありますので、暇なときに見てください(^-^;

私は研究の為、コマ送り状態で見ています(笑)。でも色々発見しましたよ~。その成果はもっと先で…




※注文しておいたJ店から、KATOの赤いやつを送ったよ~と連絡来たので、週末はまた遊べる仲間達が追加されそうです(^^♪


ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/03/26 08:00 ] 考察ごと | TB(0) | コメント(2)

天板無し

こんばんわ。
天板無しで構成ですか?
それなら中梁がこれくらいいりますね。
でもやはり小生的には、重さが心配ですね(^^;)
追伸)赤いやつの発送連絡がまだ来ない…。
[ 2015/03/26 18:51 ] [ 編集 ]

Re: 天板無し

ぼち吉鉄道さん、コメントありがとうございます。

点検口以外はスタイロをベニヤ代わりにセットします。
それだと中梁、このくらい要ります?
ちょっと1本抜いてやろうかな?と思ってたんですが・・・(^-^;
ジジィはあんまり重いと分割して終えませんからね~ここは私も悩みどころです。
土日にホームセンター行って、最終木材寸法確認しながら、予定の本数分抱えてみようかと・・・
そんなんで重さ判るかな~線路など乗ると更に重くなりますもんね(笑)

赤い奴、まだ連絡来ません?!うちは午前中に家にブツが届いたらしいです(嫁情報より…怖)

[ 2015/03/26 19:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/130-06f3420c