新改良型2015プランの線路配置 (Nレイアウト)

台枠の形状について、前回載せた図はこの1年変わっていません。
当初の2013年末のプランに沿って、イギリスよりPECOレール群を購入しています。

但し、購入分はA/Bブロックのポイント群と全体の必要フレキシブルレールだけです。
C/Dモジュール分のポイント類はまだ未購入です。(予算の都合上)

ベース構成図

台枠の大きさは・・・
本体Aブロック 1800mm×900mm
本体Bブロック 1800mm×900mm
駅部Cモジュール 2700mm×350~550mm(3分割)
駅部Dモジュール 700mm×200mm
となっています。


ちょこちょこと訂正・修正を繰り返し、現状落ち着いたのが以下のプランです。

まずは現在どのような線路配置なのかをご説明します。

レイアウト全体プラン 2015 3 14

上の台枠の図と照らし合わせても、路線が交錯しすぎて判らないと思います。

これをどう説明するかを整理するのに時間がかかりました(^-^;



判りにくい多層構造のために、各メインとなる路線をレベル毎に分解してご説明します。


レベル1~B1
レイアウトB1-1

メイン駅を中心として周回をする第2本線(黄緑色)です。レベル1を周回しますので勾配はありません。
オレンジ色は、メイン駅の隣から出る通称地鉄線です。2~3両で運行します。
本体Aブロック内で、レベルB1(赤紫色)に下りて、終着駅に着きます。
メイン駅の薄紫色の線は単線非電化の出発線です。本体B内へ向かって駅発車後上り勾配となります。
電化路線とは1番線とポイントで接続していますので、1番線で牽引機付け替えの上、非電化単線へ侵入が出来る運転が可能です。
逆にディーゼル列車が電化区間へ乗り入れる連続運転も可能です。
廻りの茶色は機関区です。

Dモジュールの第2本線から、ちょこっと左上に分岐しているのは、第1本線への連絡線です。
内容は次のレベルの話で説明します。

あと、第2本線途中の図中右上のデルタで分岐する青緑色はヤード連絡線です。
本体BでレベルB1に降下し、Cモジュール地下のヤードへと続きます。
下部白い線は、そのヤードです。メイン駅の地下に位置して、重なる為にずらして表示しています。

以上がレベル1~B1の路線説明です。


レベル2~3
レイアウト1-3

水色の部分が、中央のカーブした中間駅を中心とした第1本線です。
メインで周回する本線なので第1本線としています。
中間駅はレベル3に存在し、第1本線は中間駅を出るとレベル2に下がり、レベル2を基本に周回し、第2本線との連絡線合流点でレベル3に上がってきます。

ピンク色が先程の第2本線からの連絡線です。レベル1からレベル3まで上ってきて、第1本線に合流します。
黄色の部分はリバース線。レベル2で本線より分岐し、上ってレベル3で再び本線に合流します。
このリバース線を通って折り返し、連絡線を使えば第2本線に戻ってこれます。
これでメイン駅を中心とした第2本線+中間駅を含む第1本線のロングランが可能です。
また主要となるメイン駅は、連絡線を使うことで、周回でメイン駅を何度も通過する事を避けられます。

以上がレベル2~3の路線説明です。


レベル4~5
レイアウト支線2-5

本体B内を巡る、黄色のローカル駅が中心となる非電化単線です。
ローカル駅は最上段のレベル5に位置しています。
レベル1のメイン駅からレベル2へ上ってきた連絡線(紫色)は一旦左側で見えるようになり、その後、再び第1本線(レベル3)の内側でスパイラルを描きながら、レベル4まで上ってきます。
レベル4(緑色)はリバースを含むエンドレスとなっています。
メイン駅から上ってきた列車は、しばらくエンドレスを周回して、ローカル駅への分岐を経てレベル5に上り、ローカル駅に入ります。
駅出発後は、反対側から再びレベル4の周回線に下ります。
ローカル駅への分岐を入らず、レベル4で周回を続ければローカル駅を何度も通過しなくなります。
またリバースを通り、向きを変えれば、再びメイン駅からの連絡線を通ってメイン駅に戻れます。
リバースを作ったのはSLの転回・着回しがローカル駅の設備上出来ないからです。


ここまでが、現在の予定レイアウトの線路配置の説明です。


勾配は3%を基本とし、可能なところは2%で計算しています。

線路をグルグルと引き回していますが、エンドレスでありながら、2つの本線を行き来することでロングランと単調さを解消し、主要駅またはローカル駅にはエンドレス周回で何度も通過をしないように配慮しています。
よって、線路の交錯・多層の構造となっています。


自分の欲求を詰め込んだプランなので、欲張りと言われるでしょうし、先人の方からするとお話にならないプランかもしれません。

プランを見て、アハハと笑われる方も多いかも・・・(^-^;


まだまだポイント数もまだ多いので、これで行くかは多いに悩んでいます。
プラン変更修正でどう変化したかは、特にポイント類は、エクセル表にまとめてあるもので検証をいつもしています。


次回、エクセル表を使いながら、現保有ポイントとのすり合わせをして、このままプランを採用した場合、A/Bブロックの建設に入れるかどうかを検証に入ります。



ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/03/15 08:00 ] 考察ごと | TB(0) | コメント(10)

凄いプランてすね!

おはようございます。

どんな風景が作られるのか楽しみです!

[ 2015/03/15 10:34 ] [ 編集 ]

きゃ~、私の以上に複雑な路線 驚きです(^^; そうですよ~考えようによっては鉄道模型ファンとしては 周りのシナリーを重視して線路を少なくするのも一考ですが そのシナリーを作っていると私は鉄道模型ファン? 建築模型ファン?なんて変な気分に やっぱり鉄道模型は走らせて楽しみたいです
[ 2015/03/15 11:43 ] [ 編集 ]

Re: 凄いプランてすね!

大佐さん、コメントありがとうございます。

まだ踏ん切りつかないんですよ。
欲張ったレイアウトは成立するのか?(^-^;
こんなプランはダメだよ~って聞こえるんですよ。

風景は次回の記事で触れるようにしますね。
[ 2015/03/15 11:43 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

トータンさん、コメントありがとうございます。

トータンさんのところのように広さがないと、折り重ねるしか方法が無いんです。
トータンさんに驚かれるのも無理ないプランです(^-^;
特定の一地域を再現する訳では無いので、運転重視で出来れば不自然さをシーナリーでカバー出来れば・・・というところです。走らせてナンボは良く分かります。でもその踏ん切りがつかないんです。これが自分の今の欲求なんだって思ってはいるんです(^^)
もう少し悩んでみます。
[ 2015/03/15 15:24 ] [ 編集 ]

夢のような

こんばんわ。
夢のような線路ですね。
ですが…すごすぎてレイアウトの完成、分からないです(^^;)
小生も大概の階層レイアウトと思いきや…はるかに上ですね(笑)
これギャップその他が大変ですね。
早くはんだごて買わないといけませんね。
配線めっちゃ大変ですよ!
それと、Rの設定はどれくらいなのですか?
[ 2015/03/15 18:13 ] [ 編集 ]

Re: 夢のような

ぼち吉鉄道さん、コメントありがとうございます。

夢であってほしいと自分も思うプランです。
出来ますかね?って人に聞いてる場合じゃないですよね(笑)

ギャップもPECOなので相当多いですよ。
って、まだそこまで考えてませんけど、多いに間違いないです(爆)

はんだゴテ、いよいよ要ります。レイアウトより車両工作に使ったりして(^-^;

Rの設定は、見えない処で最少R290程を設定しています。
緩和曲線を多用していますので、見えるところ・カーブへ入るところは緩い曲線の設定です。

それと台枠の端、直線に対しては平行の線路は一切排除しています。(モジュールを除く)
これで奥行感に錯覚を起こさせ、広がりを持たせようとの狙いもあります。
[ 2015/03/15 19:26 ] [ 編集 ]

 まず第一に思うことは「羨ましい!」の一語です。
 これだけのスペースを使ってレイアウトを作る事自体男のロマンですね。

 これなら緩和曲線の自由度も高そうですし見せたくない部分に急カーブを集中させる事でかなり雄大な風景造りも出来そうですね。

 トラックプラン自体はロングラン前提の多層構造に惹かれますね。これにどんな風景が組み合わされるのか興味は尽きません。

 
[ 2015/03/16 22:39 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

光山市交通局さん、コメントありがとうございます。

片付けられるというのが前提ですが、もう死ぬ前に作るには最後のチャンスと思うんです(笑)
この年齢になるまで<作りたい>はあっても、具体的に動いて来ませんでした。
PECOの線路を先買いしたのも、ブログを立ち上げたのも、全て前に進める為でした(^-^;

見える部分を上手く生かし、走りと見せるを上手く調和させたいですね。
多層に線路引き回し過ぎて、先人の方々からは笑われるプランですが、欲求は満たしています(^_^)v
でも公開前に随分悩みました。公開止めようかと(笑)
もう少し検討は重ねてみます。
[ 2015/03/16 23:57 ] [ 編集 ]

ようやく理解できました

こんにちは。
階層ごとに分解した解説で、私にも路線の配置がようやく理解できました。
なかなか凄い夢のようなレイアウトになってますね。
私が一番萌えたのが、ヤードからの出入りのデルタ線、おしゃれですね~これ。

見てるうちに第一本線に逆向きのリバースが欲しいとか、他人事ながら欲が出てきます(^^;)
あれこれ考えだしたら、きりがないですけど、こうして考えてるのも楽しいですよね。
[ 2015/03/17 08:36 ] [ 編集 ]

Re: ようやく理解できました

お気楽おやぢさん、コメントありがとうございます。

パズルのようなプランで申し訳ないですm(__)m
ようやく理解いただけました(爆)
お気楽おやぢさんみたいに雄大にプランニング出来れば良いんですが、詰め込みテーマパーク状態です(汗)
今少し改良を加えてますが、基本は変わりなくって感じです(^-^;

デルタ線に萌えて貰えましたか(^^♪ これは、固定編成の44系やリバースしてメインに戻ってきた車両を方転するのに、ポイント数を増やさずに出来る方法でデルタになりました。
関西には京都と大阪にデルタがありますが、京都の梅小路のデルタは新駅開業で無くなるそうです。寂しいもんです。
実は、第1本線には当初両側からリバース出来るようになってました。第1と第2本線の連絡線も双方から行けるようになってましたが、ポイント削減で片方向のみにしました。実際には複雑すぎて、登坂の%もきつくなる事、運転コントロールの面など複合的にマイナス要素が大きくなったことも原因です(^-^;
[ 2015/03/17 08:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/124-ff1e5811