架線張りの第3弾へ (テストピース10 その7)

架線張りも第3弾となりました。
製作にストレスを感じない・経年変化を抑えたいという材料選定に試行錯誤が続いています。

しかし、光明が見えてきました (^-^;

まず、ポリエステル製とフロロカーボン製のテグスの巻き癖を直す所から仕切り直しです。
新たにテグスを2mくらいカットして準備します。
両手で引っ張りながら、ドライヤーの熱にくぐらせ、テンションを掛けたまま冷やしました。
長くても持ち替えながら、熱する+冷やすを3回程引っ張りながら行いました。

すると・・・巻き癖が取れました! (^^♪

既に塗装を行ったテグスも、一緒にドライヤーの熱に通してみましたが、塗装した分伝わり方が悪いのか、十分に真っ直ぐにはなりませんでした。でもほぼ巻き癖は無くなってます。

新たに真っ直ぐに伸ばしたテグスを、棚と端材に張り伸ばして塗料を塗りました。

架線の材料6

一晩おいて乾いたので、取り外したのが下の画像です。

架線の材料7

1番上が前に塗装してしまっていたポリエステル製のテグス。
まだ緩く曲がっているのが分かると思います。

以下はすべて今回新たにドライヤーで真っ直ぐにしたものです。

2番目 ポリエステル製   0.285mm
3番目 フロロカーボン製  0.285mm
4番目 フロロカーボン製  0.235mm

2~4番目は巻き癖が取れているのが分かると思います。
なお、4番目は追加で購入したフロロカーボン製の一つ細いものです。比較テスト用です。
もちろん漁業者専用のキャッチのものです(笑)
これは後程使います。


トータンさんより、ランナー引き伸ばし線は経年変化でボロボロになるという情報いただいたので、
この架線での使用を止めて、すべてテグスで行うテストに切り替えました。
ハンガー線には、まだランナー引き伸ばし線を使うつもりでしたが中止します。


3度目の架線張りです。
トロリー線にはポリエステル製を張り、次に吊架線にはフロロカーボン製を張って、
ハンガー線にはトロリー線と同じポリエステル製を使って施工してみました。

架線設置11

架線設置12

架線設置13

ほぼ予定通りに張れました。
まだハンガー取付時にボンドの付け方が多いので、この辺りは慣れが必要でしょうか?!(^-^;

ポリエステル製は硬いので、ハンガー線に使っても問題無いですね。
使用感は、ランナー引き伸ばし線と変わりません。


複線の奥側はすべて張り終えてみました。片側だけですが、雰囲気はバツグンです (*^^*)
まだ未熟過ぎて、画像では恥ずかしい点も多々ありますが、作業に慣れてくれば解消できる感はあります。

全体の施工作業性は、第1弾のランナー引き伸ばし線と変わらない感じです。


これで架線施工の材料は、ほぼ決められました。

①トロリー線とハンガー線:ポリエステル製0.285mm + 吊架線:フロロカーボン製0.285mm
②トロリー線と吊架線:フロロカーボン製0.285mm + ハンガー線:ポリエステル製0.285mm

①も②もどちらも可能です。(第2弾・第3弾で立証済み)


プラス③を最終確認したいと思います。 ③の組み合わせは・・・
トロリー線:フロロカーボン製0.285mm または ポリエステル製0.285mm
吊架線:フロロカーボン製0.235mm
ハンガー線:ポリエステル製0.285mm

この③の組み合わせで、比較用に用意した少し細めの0.235mmを吊架線に使って手前側を
施工してみたいと思います。
吊架線の緩み具合の施工をより行いやすくするのと、少し細く感じられる実物の辺りが表現出来ればと思ってます。


最終回へ続く・・・


ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

やはりカッコイイ

ついにがおう☆さんのところも架線が・・・・。

やっぱりカッコイイ。

なんか架線張りが標準化されそうな勢いですねえ。

材料はフロロカーボンとポリエステルと・・・・・φ(。。;)メモメモ
[ 2015/02/16 16:55 ] [ 編集 ]

いや~これは根気との戦いですね~ でも出来上がりを見ると疲れも吹っ飛びそうですね 感じ最高!(^^
[ 2015/02/16 18:53 ] [ 編集 ]

Re: やはりカッコイイ

凡人オヤマダさん、ありがとうございます。

元々これを表現したいって思ったところからスタートしておりまして(^-^;
私は完全標準装備です(笑)

凡人オヤマダさんのように架線柱まで拘れないですが、いろんな形の架線柱を
取り入れたいとは思っています。

> 材料はフロロカーボンとポリエステルと・・・・・φ(。。;)メモメモ
釣具のテグスは強くて(ナイロンじゃない物)、紫外線にも強いです。
架線以外の電線ケーブルにも使えるかと・・・
[ 2015/02/16 19:07 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

トータンさん、ありがとうございます。

息を止める時間が長いので・・・酸素不足に・・・(笑)
少し慣れてきたというか、コツが分かってきたので息止めは短くなってきました。
それより頭に付ける、またはメガネの拡大鏡がほしいです(^-^;

出来上がったのを見上げるとニンマリします。
ついつい寝るのが遅くなります(*^^*)
[ 2015/02/16 19:13 ] [ 編集 ]

かなりいいと思います。

こんばんわ。

かなりいいと思います(^^)
提案しといて、うまくいかなかったらどうしようと思ってヒヤヒヤしていました(^^;
がおう☆さんの技術力が実りましたね。
架線がキラキラしてないのがまたいいと思います。
テンションかける重りとかつけても大丈夫な感じですね。
あとは、ハンガー線の標準化ってとこでしょうか?
[ 2015/02/16 19:31 ] [ 編集 ]

Re: かなりいいと思います。

ぼち吉鉄道さん、ありがとうございます。

いただいた釣具屋さんの情報のおかげでここまで来る事が出来ました(^-^;
本当に感謝しています。改めて御礼申し上げます。

この前いただいたバスのラインは、あいにく私が行った店ではありませんでした。
でもその前に仕入れたもので、ほぼ考えていた形と強度は達成できました。

塗装もテグスが透明だったので必然でしたね。
ランナー引き伸ばし線だったら、もともと色があるって事で無塗装にしかねないですから(笑)

錘は歓迎かも知れません。テンションそのまま掛けられるので、架線切り替え部の表現や終端部でのテンションに使えるほどの強度です。
面白いことになるかも知れません(^^♪

[ 2015/02/16 19:51 ] [ 編集 ]

すごい!

こんばんは。
すごくいいですよ、これ。
錘でテンション?いよいよ本格的ですね。
最後は架線集電まで行ったりして・・・それにはパンタグラフを何とかしないと、ですね(^^;;
[ 2015/02/16 22:27 ] [ 編集 ]

Re: すごい!

nari-masaさん、ありがとうございます。

まだ粗いところばかりなので、恥ずかしいです(笑)
テンションを手で掛けても、そこそこ行けるので、やり方次第で軽めの錘を実際にテンション用として使える可能性はあります。
架線集電はご勘弁を(笑)パンタグラフの仕掛けを考え実行していたら、10年経ってもレイアウト完成しませんよ(^-^;

[ 2015/02/16 23:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://katetsuki.blog.fc2.com/tb.php/107-00d8d2e7