TOMIX サロンカーなにわの入線整備

関西で、臨時列車等でも活躍中の「サロンカーなにわ」が、TOMIXで再販された為、入線させました。

サロンカーなにわ (1)


ずいぶん迷ったんです。
この山吹色が、当時あんまり好きじゃなかったんです。

それで今まで買わなかった編成なんです(^^)

でも・・・

サロンカーなにわ (2)


好きだった初期の金色編成は、持っていたんですよ。
これで「サロンカーなにわ」は新旧の2編成体制となりました。

最近の臨時列車で、山吹色も良いかな?と思い始め(心変わり)購入したんですが、金と山吹それぞれ違いがあって、よろしいんじゃないかと(^-^;

サロンカーなにわ (3)

サロンカーなにわ (4)
サロンカーなにわ (5)

再販とは言え、時期が違うので、テール部の電飾の違いがあるぐらいで、基本構造は同じのようです。
ただ塗り分け線は、最新の方が真っすぐで綺麗です。


では早速、連結面のマグネ・マティックカプラー化を行いましょう。

サロンカーなにわ (6)

元々のカプラーポケットは切断して、準備完了。
床下の面と、ボディー最下部(車端・ヘッドマーク直下)との段差が、ノギスで測ると0.5mmありました。
それをプラ板で埋める事にします。


サロンカーなにわ (7)


プラ板は、見える面とサイドを黒マジックで簡単に塗りつぶし、マグネ・マティックカプラーはいつものNo.2004です。
ブレーキホースやジャンパー線は、この前のカニ21などから引っ剥がした物を再利用します。


サロンカーなにわ (8)
サロンカーなにわ (9)

プラ板を車端下部まで被るように床下に接着してるのが、ボディーから外すと分かります。
マグネ・マティックカプラーは、付属の1mmネジでいつものように穴を開けて止めています。
ネジ穴の位置は、床下先端のギリギリぐらいですね。

ジャンパ表現のパーツは、床下先端にゴム系接着剤で付けてあります。
KATOのはジャンパー線が多いので、適当に間引きして着用しました。


サロンカーなにわ (10)


正面からは、こんな感じです。


サロンカーなにわ (11)


旧の金色のサロンカーなにわと連結。
カプラーの高さはOKのようです。


サロンカーなにわ (12)

中間部は、KATOジャンパー線付カプラーNに付け替えました。




これで入線整備は終わりなのですが、旧の金色の「サロンカーなにわ」は、中間部が普通のKATOカプラーNでしたので、これも序に取り替える事に・・・

サロンカーなにわ (13)

しかし・・・

サロンカーなにわ (14)

古い初期ロットなので、中間車両は集電装置無し!
そこで昔の転がらない、TOMIXあかつき編成から外した台車から、集電パーツを強奪。

台車も一新してあげたいけど、勿体ないのでリサイクル。

7両中、5両が旧集電でも、なんとか牽けるでしょう(^-^;


サロンカーなにわ (15)


金色も中間部カプラー交換と集電パーツ組み込み終了。

これからも両編成とも、大事に走らせてあげたいと思います。
室内の電飾などは、まだまだ先になりそうです(笑)




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。










スポンサーサイト
[ 2017/09/08 12:00 ] 車両紹介 | TB(0) | コメント(8)