Nゲージレイアウト製作 ~Cモジュールの台枠裏配線工事開始~

台風5号が近づいてきています。
朝の出勤時は普通でしたが、今後時間の経過と共にどうなるか?
とにかく被害が出ない事を祈りたいです。


前回つまらないんじゃないか・・・と書きましたが、皆さんからのお声もいただき、やはり自身の健忘録として作業記述することにしました。
変化に乏しい画像、どうかお許しください(^^)


それでは現状を・・・

Cモジュール配線 1-10


ポイントマシンからの配線については、流れ方の改良も終わり、台枠裏への各穴に収まっています。
この緊急メンテ時の態勢を取れるよう、各コードには余裕が取ってあります。
この間隔が動かないよう、台枠側または台枠裏でグルーガンで止めています。


Cモジュール配線 1-9


各ポイントからの配線を、コンデンサのプラス側にに接続しました。
あまりに一つの桟の中にコンデンサが集中するので、今回から基板上にハンダ付けで止めて、台枠裏面から浮かすように設置しています。
順に並べているので、各コンデンサにはどのポイント物かを表記してあります。

Cモジュール配線 1-11


マイナス側も黒コードをハンダ付けしました。

これでコネクタへの道筋の配線は、ポイントマシン側は終わった事になります。


続けて、フィーダー関連の整理を・・・

Cモジュール配線 1-12


とりあえず、裏のリレー基盤への取り付け作業に移れる準備は、整ったかな?という感じです。
コードは中間部では、スッキリしました。



ところで・・・

Dサブコネクタを入手しました。

Cモジュール配線 1-13


よく見ると、画像の右上から1、2、3・・・と番号が打ってあるんですね。
なるほど・・・

Cモジュール配線 1-14


裏側がコードをハンダ付けするところ。
これって、どう付けるのか?
YouTubeなんかでは、予備ハンダを先にして、そこにコードを刺して止めて行く感じだが・・・

台枠の近くでこのコネクタを固定する方法を考えないと。
台枠工事の時にクランプを買ってあるので、あれを使って台枠端に固定して、ハンダ作業するかなぁ?

いずれにせよ段取りは必要なようだ(^-^;




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。









スポンサーサイト