Nゲージレイアウト製作 ~構内フレキシブルレールの敷設開始~

18日の土曜日は、息子の幼稚園卒園式でした。
泣かす演出もあるのでしょうが、泣かしていただきました(^-^;
担任の先生も、私たち親以上に号泣でした。

土曜は怒涛の感動の一日でした。
しかし感動して涙するって、体力的にも疲れますね(笑)
日曜日は結構夫婦そろって、お疲れモードでグッタリでした。

日曜は、その息子と二人でせっせと自作ゲーム作りに自転車乗り練習。
月曜の祝日に、ようやく少しレイアウト作業を行いました。


ホームの干渉を見るために、都会型の方はホームを組んでいたのですが、ローカル型の方もホームを組み立てました。

ホーム作成1-3


それでは、中央駅構内のフレキシブルレールを敷設を始めます。


中央駅 (14)-7


番線的には、2番線~4番線のPC枕木の所からスタートです。

Dモジュール側との接続となる、フィーダー線もレール下にハンダ付けしながら、1線1線とゴム系ボンドで敷設していきます。
直線は、60cmの金尺をガイドに使って、クネクネしないように慎重に調整します。


ここで一つミス発生...
ネオジム磁石でのアンカプラーを設置忘れました。

慌てて、敷設したところのレールを剥がし、コルクを横幅多い目にカットして、磁石をセットしました。
全部を剥がすのは無理だったので、コルクを取り除いて線路を戻し、再度真っすぐになるように調整しました。
その後、コルクの余分にカットした横の部分、レール横のスペースから、磁石をスライドするように設置しました。
ゴム系ボンドだったので、セーフでした(^-^;
磁石をレール横から下に入れた後に、余分にカットした分のコルクは、埋め戻しています。


中央駅 (14)-6


アンカプラーの緊急設置を無事終えて、これからの所をまた忘れないうちに、先にセットする準備を行いました。
今度はちゃんと必要分だけ、コルクをカットして、中央に3mm角棒をセットして、その左右にネオジム磁石を埋め込みます。
Cモジュール側では、あと1箇所アンカプラーを設置しておきます。


中央駅 (14)-8


レイアウト製作の方も、少しバタバタとしましたが、無事にCモジュール側の2~4番線のフレキシブルレールが設置出来ました。
2番線・3番線は、Dモジュール側に跨いで設置しましたので、ボンド乾燥後に接続部で切断しました。
切断はいつものハイパーカットソーです。


中央駅 (14)-9


ちょっとホームを入れて、ニンマリ( ^ω^)・・・
作業後の至福の時です(笑)

まだまだ構内のフレキ敷設は始まったばかりですが、今週いっぱいでどこまで出来ますかな?(^^)




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。










スポンサーサイト