KATO ED70の入線整備 後編

今週末は卒園式なので、何かと準備でバタバタしております。
それに今日はホワイトデー。
昨日買っておいたフルーツチョコを嫁さんにプレゼントしておきました(^^)

先日の日曜も、朝から15時頃まで家の用事であたふたして、そんなに作業時間も取れませんでしたが、ようやくED70も仕上がりましたので、ここらで締めたいと思います。


前回のカプラー交換、エアホースの取り付けに続いて・・・
細かいところの色差しを行います。


ED70 (8)


エアホースのコック部分に白を挿し、運転室の椅子を青で塗りました。
ここらも、いつもの工程です。


ED70 (9)


電暖表示灯も、手が震えないように頑張りながら、黄を挿しています。


ED70 (10)


パンタグラフは、いつものライトガンメタルでEF70と一緒に塗り、碍子はそれぞれ塗り分けました。

大体いつもの工程なら、これで全部組み立てて終わりなのですが、ここから先は今回が初の試みです。


ED70 (11)


ここは、nari_masaさんが言われていた、手すりのプラ感を消すために、私も色を塗ってみました。
メタルプライマーで下塗りした後に、ガイアの赤2号をちょいちょいと筆塗り。
もちろん、手すりを前に引っ張り出し、ボディーより浮かした状態で行いました。


ED70 (12)


次はこれ。
クレオスのウェザリングカラーです。

これで-薫風-さんの行われた、碍子の白っぽさを無くす作業をしてみようかと・・・

マルチブラックは、屋上の碍子とスカートの凹凸部分。
ステインブラウンは、台車・床下機器周りに、それぞれ使ってみました。


ED70 (13)
ED70 (14)
ED70 (15)


ちょっと碍子は汚すぎるかな?
もう少し拭き取ろうというのもアリかもしれません。

スカートの周りは墨入れ後に暈した感じ(気持ちでは)に。


ED70 (17)


墨入れは今までも本格的にやったことが無いのですが、この液はシュッと入っていくので、かなり楽しい作業でした。


ED70 (16)


ナンバーは2号機にしておきました。
なんとなく、数字の並びが他よりも良かったので、これを選択しました。


これでED70の入線整備は終わります。
台車のブラウンは、ほとんど分かりませんね。
すこし落とし過ぎたか、もうちょっと研究をしたいです。


さて、指もOKなので、レイアウト製作の方に戻りますかな(^^)/




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。










スポンサーサイト
[ 2017/03/14 09:30 ] 車両紹介 | TB(0) | コメント(10)