電子パーツの各種調達

指の怪我の方は、人差し指は完全に傷口は塞がりました。
親指は、どうしても普段の仕事や生活で、うっかり力を込めたりする事もあって、時々裂けた爪が開いたりしますが、ほぼ塞がりました。
痛みも無理に押さえたりしなければ、ほぼありません。

でも、まだ作業とかは止めています。
しばらくは早寝で、回復に努めています(#^.^#)


そんな訳で、気になるレイアウト製作の今後ですが、構内のフレキ敷設&フィーダー装備、自作アンカプラーの埋め込み等と、順に進めていく訳ですが、ずっと私なりに回避してきた電子関係も、そろそろ構築しないとなりません。

パーツは、C・D・Eモジュールでの必要数は、まとまってきました。

2017年3月7日 (1)

2017年3月7日 (2)


1枚目は秋月電子さんとエルパラさんから調達したものです。
リレー関連・ユニバーサル基盤・CRD類、それに1608サイズのチップLED(白色・緑・黄・赤)・超小型ブリッジダイオード。
他にコンデンサ類も仕入れてあります。

2枚目はアマゾンからのテープLEDの白色300連と電球色300連の2タイプです。

2017年3月7日 (3)


これは導電性銅箔粘着テープ。
nari_masaさんが、色々と電飾で使われているので、真似をしてみようと思い調達してみました。

車両の電飾化作業は、未開発の部門ですので、我が鉄道の多数の車両群を施工すべき、出来るだけ単純な方法を選択したいと考えています。
そうでないと、あまりの数に心が疲弊してしまう恐れがある為です(^^)


2017年3月7日 (4)


1608のチップLEDは小さいですね~(+_+)
エルパラさんから届いた時はあまりに少ない量だったので、「あれ?少なくない?」と思ったのですが、小さいから少なかったんですね。


2017年3月7日 (5)


この小ささ。
胡麻ですよ!ごま! これって(笑)

ほんとにポリウレタン線を、私はハンダ付け出来るのだろうか???
不安感マックスです(笑)
とにかく、ジュンパパさんから分けていただいたポリウレタン線で、いよいよトライしてみようと思ってます(^^)
信号の色灯の間隔で2個を繋げれるようにならないといけません。
マイナス線はまとめて1本にしたいので、2個のチップLEDを並べてハンダ付けするという難度の高さ(私のレベルでは)に、目も眩みそうです(^-^;

ポリウレタン線って、ハンダを事前に通して被服を剥ぐように書いてるものと、そのままハンダ付けすれば良いものとか、製品によって違うのか?二通りあるようですね。
これも実際にやってみれば色々と分かるでしょう。

リレーの方は、解説の通りに配線し、電流を流すと切り替わる事を実際に確認してみました。

今回エルパラさんから購入したチップLEDの緑と白色が20mA、黄と赤が10mAなんですね。
緑/赤、黄/赤の二通りが存在するので、小さい方に合わさないと壊れるような・・・
この組み合わせだと、信号で使う場合は、最高10mA以下のCRDで使わないといけないのかな?

まずは本線に組み込むTOMIXの信号の照度がどのくらいかを、CRDの数値を変えて検討する必要もありそうです。
一応テスト用にCRDは、10mA、5.6mA、1mAの3種を用意しておきました。

ポリウレタン線に、無事にハンダ付けが成功したら、ブレッドボードで色灯の明るさテストをしたいです。




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。










スポンサーサイト