Nゲージレイアウト製作 ~Dモジュールのポイント設置完了~

7月のKATOの新製品発表がありましたが、再生産が多く、すでに導入している車両ですので、全くのスルー状態となりました。
最近KATOは、目玉が無いですね。
こういう静かな状況は、この秋から年末にかけて、少し不気味ではあります(^-^;
何が出てくるか予測は出来ませんが、一気や連発は止めましょうね!KATOさんお願いします(笑)


しかし、レイアウトを建設している身からすると、車両投資が抑えられることは非常に予算面で有難い事です。
パーツや部品など、何かと費用が出ていくので、決して余裕がある訳ではありません。

エアブラシも狙いどこですが、まとまった費用が必要な為に、まだ様子を窺っています。

PECOポイント類も在庫が少なくなってきて、本体工事に移ると足りない状況になってきています。
過去は下手な店舗より、在庫を持っておりましたが・・・(笑)

また大英帝国から仕入れをしないといけません(^^♪
日本で買うより、半額以下ですからね!
そう思うとPECOは高くない、良い製品ですよ~。



ところでポイント設置は、あと2基を残してでしたが、無事に完了しました(#^.^#)


中央駅 (13)-20


少し奥側の分岐につながるところが、やや「カックン」接続な感じがします。
機回し線ですから、そんなに気にするところでもありませんが、出来るなら少し修正したいです。

その為の”武器”も作成中です。
市販の矯正器代わりに、手元にあるもので製作中です。
出来上がったら、失敗でも紹介しようと思います(#^.^#)
完成後にこの場所で、テストを兼ねて修正を試みてみましょう~。


中央駅 (13)-21


Dモジュール最後の2基のポイントの位置は、上から見るとこんな感じです。

場所は支線側の終端部になります。
これより左側にターンテーブルが居て、それの入出庫線がつながります。


ポイントの設置も終わったので、配線処理の裏方に回りましょうか?(笑)


中央駅 (14)-1


ポイント裏側に回り、ポリスチレンフォームに溝を掘って、配線を地下線を跨ぐようにします。

画像では下側が地下線が無い地中部分になります。
その方向へ配線を逃がしています。


中央駅 (14)-2


溝の終端では、テープで一旦仮止めしています。
ポリスチレンフォームが填まると、それが抑えになりますので(^^)

昨夜は2つだけでしたが、やり出すと「出来るだけ綺麗に逃がしたい」と欲望が出るのですが、「見えないよ!」って叫んでいるもう一人の自分も居ます(笑)

前にGutさんに紹介してもらった、外国の方のモジュール製作で、ベース裏の配線がまるで回路図のように、メチャメチャ整然ときれいにされていたんです。
あれ程とは言いませんが、”少し”は見習いたいと思います(^-^;




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。










スポンサーサイト