ワールド工芸 川崎20t凸型電気機関車を組む その4

昨夜は帰宅も遅かったので、大したことは出来てませんが、ワールド工芸 川崎20t凸型電気機関車の動力ユニットが交換されて帰ってきたので、続けて完成まで頑張る事にします。


まずは、モーターと遊車輪側の接触ショートを避けようと、アセテートテープをモーター周りに撒いて養生するような形にしようとしたのですが、結論からすると辞める事にしました。

もちろん一旦は施工しています。モーターと遊車輪を支える金具との隙間に無理なく差し込みながら、モーターを海苔巻きにしたのです。
直後の走行テスト(以後は動力ユニット側に何かした場合は、すぐにテストすることを必須としている)では、もう走行に不安定な部分が出始めました。
アセテートテープを除去すると、走行具合は元に戻るので、危険性を予防しようとしたのですが諦めた次第です。


そこで次にボディーの車高落としするかどうかの検討です。
カプラーの高さは、現状ではどうなのかを最初に確認します。

川崎20t凸型機関車21


ゲージで比較すると、現状でも少し低い感じの気がします。
客貨車のカプラーは若干低めになるので、貨車でも比較しておきます。


川崎20t凸型機関車22


ケディーカプラーはNo.1015を取り付けたいのですが、スペース面では頭が痛いところです。
それは一旦先送りするとして…

高さに関しては、へたに下げない方がカプラー取付で四苦八苦しない様に感じるので、車高落とさずに下部に追加で取り付けるタンクで視覚的に誤魔化す方法を取ることにします。


そこに行く前にまずは穴埋め。


前の動力不調の時にモーターを外側に振ると良い結果が出る時があったので、ボディー前部の内側を徹底的に削ったんです。
やり過ぎで一部隙間というか、穴が開いています。
両側とも…


川崎20t凸型機関車23


そこをこれまた買っておいた黒い瞬間を使って穴埋めすることにします。


川崎20t凸型機関車24


取り敢えず内側から消すように盛ってみました。
乾いてから様子を見る事にします。


昨夜は、ここまでです。
瞬間接着剤の状態が良かったら、次は下部タンクをどうするか検討に入ります。




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ







スポンサーサイト

友人らと下呂温泉へ

この土日、友人ら5名と一緒の旅に、我が息子を連れて参加し、下呂温泉へ行ってまいりました。
これで年内最後の旅行です(^^)/

家族との旅行と時期が重なって、旅行ばかり行ってるように見えますね。

土曜日は美濃岐阜にある「日本昭和村」という所へ行きました。
明治村は知っていたのですが、この施設は全く知りませんでした。


日本昭和村 (9)


因みに息子に常に絡まれているので、写真はボケているのが多いです。

ここは昭和時代の建物を使いながら、全体として昭和初期を演出している様です。
昭和生まれとしては、幼い頃に目にしている物も多数あり、なかなか楽しかったですね。


日本昭和村 (2)


体験も色々とあるようで、家族で来ても楽しめる感じです。
実際、家族連れも多かったです。


日本昭和村 (6)
日本昭和村 (5)


昔にあった木造の小学校の校舎、色は違えどこんな感じのものが、うちの小学校にもありましたね。
今は取り壊されて、無くなっているようですが…

この建物内でウルトラマンシリーズの展示をやってました。


日本昭和村 (8)
日本昭和村 (7)


表ではウルトラマンとの記念撮影会と握手会がイベントでありましたが、この日の登場は初代ウルトラマン。
チビッ子らが並んでますが、「ギンガが来るの?」とか最近のウルトラマンを期待していたようです。
うちの息子は完全スルーでした(笑)


その後、最奥の動物広場のポニーやアルパカ、ヤギ等がいました。


小さなアーチェリー場もあったので、友人らの激で挑戦。
これでも大学時代、アーチェリーの選手でしたので、息子の前でちょいと良いところを…(^^)/
なかなか中心にすべて的中とは行きませんでしたが、的9時方向に見事に10本の矢がグルーピング。
お隣のカップルや家族連れから、称賛の拍手をいただきました(^-^;
息子も凄い!と言っていたので、父の威厳確保です。


この後出口付近まで移動し、ずっと息子が村内を走っている機関車の形のバスに乗りたいと言っていたので、皆が土産を見ている間に、二人でバスで再度村内1周です。
さんざん後でと焦らしてきたので、これが一番喜んでいたかな?(笑)


この後、下呂温泉に移動して、旅館にチェックイン。
食事まで1時間半程あると言うので、先に全員でピンポンしてから風呂へ。
下呂温泉の湯は、柔らかくていいお湯ですね。疲れた体も癒されます。

食事の後はカラオケへと移行して、みんな飲み続けでした(笑)
息子もアンパンマンのマーチを唄ってました(^^♪ なかなか上手かったぞ。
そんなこんなで夜は更けました。





翌日は朝食時に全員が行った事が無い高山へ行く事に決定。

ほんの5日前に行った私は、反対票を入れたのですが否決でした。
1週間のうちに2回も遠い高山に来るとは思いも寄りませんでした(笑)

前回と違うのは、通りを封鎖して「味まつり」なるイベントをやってましたので、多くの露店が出て賑やかでした。


宮川 (1)
宮川 (2)


寝ている息子をおんぶしていますので、ブレブレです。橋はレイアウトの参考用にと。



しかし今回は疲れましたね。
大人旅の中で、子連れで付いて行くと、ペースが全く違うので、合わせよう(息子をおんぶしたり、次へ進むタイミングなど)とする私がヘトヘトになりました。
買い物で商店に入っても、皆が出てくるまで待っているのも、1人では気にならないのですが、今回は疲れて寝ている息子おんぶ状態ですから、「早く出てきてくれー」と何度も心の中で絶叫してましたね(笑)

家族だと中心が息子になるので、同じことをしているようで、疲れ方が全く違いますね。

嫁さんは一人家でリフレッシュしたようですが(笑)

さぁ嫌な疲労感で辛いですが、今日から再び頑張っていきましょう。





ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ







凸電機の動力ユニット不調からの帰還

明日からの土日は、高校時代の友人男女5名と下呂温泉へ1泊旅行です。
このメンバーとは腐れ縁で、年に3・4回は飲み会をして、しゅっちゅう逢っているんですが、ちょうど2年前くらい前に初めて泊まりがけで、北陸の片山津温泉に行ったんです。
その時に仕事の関係で参加できなかった者がひとり居りまして、毎回飲み会の度にもう一回行こうとうるさいので(笑)、急遽企画となりました。

ただ嫁さんから伝わった「温泉に行く」という話に息子が一緒に行きたがり、皆の了解を得て連れて行く事になりました。
しかし、これでは思いっきり酔えんな(笑) でも飲むでしょう(^-^;


ワールド工芸 返送2
ワールド工芸 返送3


さてご帰還です。 ワールド工芸 川崎20t凸型電気機関車の動力ユニットが帰ってきました。
例のごとく、段ボールの中に入って。


昨日帰ってくるまでに、ワールド工芸さんから診断結果のメールは頂いていました。
動力不調の原因は2つ。

①車軸端部にボンドが回り込んでいた。
②モーターマウントの亀裂

これが空転と不動になる原因だったそうです。

①については、台車中央にしかゴム系ボンドを付けていないのになぜ回り込んだか?
再チェック時も車輪外してボンドが行ってないか検品したんだけどなぁ。
いずれにせよ、これは私の責任ですね。

②については、私がいじり過ぎた為か?というワールド工芸さんのクエスチョン付きです。
私がいじり過ぎたと言われれば、何とも言えません。


ワールド工芸さんに予備品があるので、そちらを送るという事で、昨日の我が家にご帰還となりました。



とにかく、まずは走行テストです。

ワールド工芸 返送4


うーんまずまず動きますね。


ワールド工芸 返送5


どちらにせよ、再度台車枠を付ける際は細心の注意が必要です。
交換という形で済んだので、余計な追加費用が出なかったことを良しとしましょう。

せっかく凸形電気機関車が好きになって買ったので、最後まで頑張って完成させることにします。
ただ動力ユニット近辺は気を使いますね~

少し車高落とすのボディー側で上手く加工したいです。


動力は填め込むだけの腫れ物さわる感じで(笑)
調整しているときにnari-masaさんからアドバイスのあったショートも経験しているので、アセテートテープで保護する必要もあるかなと思います。ついでにモーターを止めている部分も緩くなって動く可能性もあるので止める効果も持たせれればと考えてます。


何なら車高落とさずに、下側に付ける予定のタンク部を腰高感を消すように設置してもいいですし。

凸電機も再開するかな(^-^;




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ







Nゲージレイアウト台枠製作 その1 ~夢の旅立ち~

連休は非常に良いお天気でしたが、反動で今日からは少し下り坂です。
少々体が怠いです(笑) 
飛騨高山への日帰りダメージですな~(^-^;
どうしても日にちを置いてからダメージがやってきます。
帰った翌日の方が元気でした。
嫁さんから「私は運転もしてないのに疲れているけど、なんでそんなに元気なん??」って言われてましたから。


さて予告通り(事件か?!)、シルバーウィーク最終日の昨日、念願のホームセンターに行き台枠の木材を調達しました。

ロケ先1


昼食もそこそこにホームセンターに突撃。
まずは、まっすぐに工具売り場で、今日の作業に必要なクランプ等の工具を購入。
それから、桐材コーナーに行き、床を使っての反りの検品をしました。

床が平らなのが前提ですが、平面・側面を裏表すべてチェックして、良いものを選んで行きます。
枚数が多くあったので、上手く検品して良品を揃えられたと思います(^^)

さぁカットサービスです。

木材カット割り一覧 最終 修正確定


今日の店員さんは以前の方とは違うのですが、更に年配ベテランの方でした。
すご腕の人でした(笑)

カットの取り分を上記表を見せて説明すると、「何をお作りになるのですか?」と聞かれました。
そこで台枠の図面を見せて、これを作りたいとお話しすると、無言のまま肯かれてカット作業開始。

こっちはドキドキです。


台枠製作1


次々にまずは幅の同じものをカットされていきます。
それが終わると、長さのカットへ…

手際の良さに驚きながらも、次々とカットが終わっていきます。
カットが終わると、黙々と清算書を記入されています。

ここは会員カードがあれば、20カットまでは無料サービスです。
でも少し越えているので材料費と共に清算をしないといけないんですが、ニッコリ微笑んで「20カットちょうどという事にしておきますね。がんばってください。」と声を掛けてくれました。
ありがたい事ですm(__)m

その後に工作室の一角をお借りする旨を伝えて、いよいよ欠き接ぎの切り込みを入れる作業です。


台枠製作2


工作室にはクランプの100mmの物が無かったので、購入した物を使って罫書き作業をしています。
やはりここは事前に用意した工程図があって良かったです。


相欠き接ぎ作業書1
相欠き接ぎ作業書2


店内が空いているせいもあるのですが、こんな作業図を広げて作業しているもんだから、先程の店員さんも見に来てくれたり、他のお客さんが何に使う?と質問されてきたり…
手際よくない中では少し迷惑でもありますが、「鉄道模型のレイアウトの土台なんです」というと皆さん「頑張って!」のご声援。
ありがたいのですが、これからノコギリを使う前にプレッシャーです(^-^;

罫書きの線より少しズレたりもしましたが、材料は揃えて切っているので、ズレは同じになるので気にせず、どんどん切り込みを入れて、次の材料をクランプで止めなおし、罫書き、切り込みを入れる…の繰り返しです。


罫書きの時に各材料の寸法をチェックしましたが、ほぼ要求通りの寸法切り出しでした。
寡黙な感じでしたが腕はバツグンですね。ラッキーでした(^^♪
お手伝いも色々いただき、誠にありがとうございました。


切り込みを入れた後にノミで切り込みをカットするまでを、今日のホームセンターの作業の予定としていました。
しかし意外にクランプでセットして罫書きを入れて、ノコギリで切り込みを入れるのに、夕方まで時間を取られましたね。
それに嫁さんが「息子がお腹が減ったと騒いでいるので早く帰ってきて~」と電話があり、全ての予定の切り込みを入れ終えたところで終了しました。


取り敢えず合わせて切った物がバラバラになっても分かるようにマーキング。
大まかに紐でまとめて、家に持ち帰りました。


台枠製作3


長手のものは、αとβで印を。


台枠製作4
台枠製作5


短い方はAとBで。


台枠製作6


部屋の中が材木置き場に変身です。
さて、あとは家で気長に溝の調整をして行きましょうか(^^♪


50を超えてレイアウトを作ろうとブログを立ち上げ、1年半すぎが経ちました。
少し感慨深いですね。これから苦難があるとはいえ…(笑)
ようやくスタートラインを越えて走り始めました~(^^)




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ







伊豆急100系をNゲージ化する 最終回

さて、伊豆急100系のNゲージ化も最終回です。

伊豆急100系6

伊豆急100系7


モーターのTM-14のカプラー交換をします。
付属のカプラーボックスを使って・・・


伊豆急100系8
伊豆急100系9


飛び出しました(笑)
手前側がモーター車です。

これは、KATOのカプラーを付けようとすると時々出る現象なので、可能性はありましたが笑えます。
しかしこれではイカンので・・・


伊豆急100系10


モーターの付属のカプラーボックスは勿体無いので保存して、元の台車のカプラーボックスの噛み合わせとモーター台車の噛み合わせを互いに削って、ゴム系ボンドでくっ付けました。
噛み合わせの分、短くなった事になります。

カプラーBタイプと同じ出っ張り具合になりました。



伊豆急100系11


あとは貫通幌を取り付けて完成です。


伊豆急100系12


ただ最後に、スカートが100系高運転台の方にしか付いて無かったのですが、顔のバリエーションを増やすために、一つを低運転台の方に移植しました。
ネットの画像検索でも、あったり無かったりするので、バリエーション優先しました。


さぁ今日は大工仕事だぁ~。




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ







日帰り飛騨高山

昨日は朝6時出発で、家族で飛騨高山へ行って来ました。

渋滞は一部あったものの、3時間半で到着。
市営駐車場もギリギリ満車前に止める事が出来ました。

20150922151258a89.jpg


はじめて飛騨高山に来ましたが、古い町並の長さにはビックリしましたね。
食べ歩きも楽しいアイテムです。息子に絡まれているので残念ながら写真が無いです。

2015092215130249b.jpg


飛騨牛すし、並んだ甲斐がある旨さです。飛騨牛串焼き、飛騨牛コロッケ、飛騨牛まん、思ってるより大きくて美味しかったです。

201509221513049b9.jpg


ここは旧酒屋の倉が多いようですb
もちろん酒蔵がいっぱい在り、試飲もあります。私は運転があるので、嫁さんが飲みまくりコメントしてくれてました(笑)
お前はコメンテーターか?(^-^;
息子はソフトクリーム等をプラスして一番食べてましたね。


まだ時間もあったので、飛騨の里というところもよってみました。

20150922151301e32.jpg


ここは古民家を保存している施設みたいです。想っていたよりショボかったのですが、自由に遊べるコマや竹馬、竹で作った水鉄砲などがあって、息子は大喜びでした。

2015092215125964e.jpg
20150922151648bbe.jpg

201509221516463ff.jpg


なぜか、こういう柵に目が行くんだよな~(^-^;
レイアウト用?

最後に外の体験館で、子供とサンドドームを一緒に作ってお土産として、帰路に着きました。帰りは山間部を抜けるまでと、米原から先が渋滞していて、途中八日市で高速を降りて抜け道で帰ってきました。
遅かったので、少ない予算のサイゼリアで晩餐。昼間の代わりにワインをたらふくいただきました(笑)

今日は一日息子とお出かけ。嫁さんはママ友とフリータイムです。
おかげで明日はホームセンター行き決定です(^^)/




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ







伊豆急100系をNゲージ化する 続き

鉄コレクション伊豆急100系の続きです。

伊豆急100系2


今日は先頭部のダミーカプラーをTOMIXのTNBMカプラーに変えて行きます。



左側が加工したスカート部、右側は外した状態のものです。

余計な突起を削り、干渉するスカートの厚さを少しずつ削って調整しています。



伊豆急100系3


左側がそれを取り付けた状態です。


右側のノーマルと比べると、スカートが薄くなっちゃってますが良しとしましょう。



伊豆急100系4


車体を載せて見ました。

先程よりスカートが薄くなったのが、気になりません。
視点が車体に行くせいでしょうかね?(^-^;


伊豆急100系5



先頭部の連結状態です。

さすがに格好いいですねぇ~。

低運転台側はスカートがないので、TNBMカプラー付け替えるだけですね。
さぁこれで動力を合わせて、ほぼ完成かな?(^-^;




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ







鉄コレのN化 カプラー交換を考える2

シルバーウィーク突入ですねぇ~私は今日は仕事ですが(笑)

月曜から日帰りでいくつか案が、家中で出ているようです。
折角の休みです。どこかで半日、自分にフリータイムがあれば良いです。
頼むからホームセンター行かせてくれ~(^-^;


さて、カプラー交換の続きです。

鉄コレカプラー交換4


試作テストの段階です。阪急の残骸を使ってチェックしていきます。
ポケットを支える手前でカットした所に0.5mm厚のプラ板を約2mmの幅に切り出して添わせました。

幅は良いようです。

鉄コレカプラー交換5


密連Bタイプのカプラーポケットの上下に余裕があります。 ストッパーの突起があるのでピッタリ感はありますが、このままではボンドで止めないといけなくなります。


そこで同じ0.5mm厚のプラ板を3mm幅に切り出し、2mm幅の上に貼り重ねます。
これで密連Bタイプの固定をしやすくします。



感じ的に行けそうなので、本番の伊豆急の台車でこの先進めます。

鉄コレカプラー交換7


1.5mmのピンバイスで穴を掘ります。
ここに密連Bタイプのストッパーが填まって抜けなくなるという訳です。
カプラーを差し込む側のプラ板の張り合わせに段差が見えると思います。
これはカプラーの差し込み具合の調整で、少しずつカットして整えます。


鉄コレカプラー交換6


上から見るとこんな感じですね。
カプラーの水平も取れています。


鉄コレカプラー交換8
鉄コレカプラー交換9


連結間隔は良い感じですが、半径がきついと厳しいです。

もう少し接ぎを伸ばして、作って行くことにします。
幌も付けたいですしね(^-^;


鉄コレカプラー交換10


動力はまだ仕込んでいないので、クモル145のカプラーと高さ確認すると問題無いようです。

次回に続きます。




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ







鉄コレのN化 カプラー交換を考える1

ちょっとヤル気を無くしていましたが、ボーっとしているのも性に合わないので、次なるターゲットを定めました。

伊豆急100系1


鉄道コレクションの伊豆急100系低運転台と髙運転台です。
関西系中心で買っている車両群の中で、関東系を買うのは珍しいです。

これは東京・横浜で仕事をしていた時に思い出のある車両達だからです。
伊豆は仕事でも遊びでも良く行きました。

この色はカッコよかったイメージが非常に強いです。リゾート色とはこのことです(笑)


京津線を中心とする鉄コレのNゲージ化に先立ち、この伊豆急100系を先に進めることにしました。



そこで早速に連結部のカプラー交換なんですが、あいにく在庫のKATOカプラー密連Aが2個しか残っていませんでした。
逆に色々机の上にあるAssyの袋を漁っている時に、密連Bタイプが余っているのに気が付きました。
(整理整頓しましょう・・・)


鉄コレカプラー交換1


そこで密連Aタイプの軸を削って差し込むのではなく、Bタイプを接続する形が取れないかなぁ~ってことです。


鉄コレカプラー交換2
鉄コレカプラー交換3


カプラ-ポケットの支えをカットして並べ(先般の阪急3000の動力車の残台車です)、様子を見ると裏側には内側に良い溝があります。
これにプラ板を接着、延長してBタイプを無加工で差し込む・・・

!!!( ◠‿◠ )  なんか出来そうな気が・・・(^^)/


もう誰かが既にやっているかも知れませんね。私が発想出来るくらいですから。

ちょっと今夜からやってみましょう。




下のパーツを漁っている(探している)時に出てきました。

assy 287


287系のライトが点灯しない側を付ける為に買ったようです・・・ってオイオイ!(^-^;

これも再度、記憶の彼方に行ってしまわない様に片付けてしまいましょう。
片付けるとはAssyパーツ軍に再度埋もれさせるのではなく、ちゃんと車両に取り付けます(笑)




追記(凸電動力ユニット)

ワールド工芸さんより、メールで言われていた「返送用のケースと封筒」なるものが届きました。

ワールド工芸 返送1


切手を貼った返信用封筒と段ボールの切れ端となぜかチラシ・・・
案内も添え文も何もない・・・

ーーーー(-_-)

なんだろうな~イラッと来るのは?

一応クレーム的なもんだし、メールでやり取りしてるとは言え、何も文書が添付されてないというのも如何なものかな。
私が逆なら、相手に対して謝る文面は差し控えたとしても、何か文章を添えさせてもらうと思います。

それにこんな返送用ケース???なら、「梱包して送ってください」で良くないかな?

まぁ状態を明記した文章と台車側にマーキングをして、この返送用段ボールに、更にプチプチをプラスして送ることにします。
送っている間に壊れちゃいますよホントに(>_<)
どこでもこんな対応なのかな~疑問。




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ







ワールド工芸 川崎20t凸型電気機関車 製作一旦中止!

凸型機関車製作の続きです。

川崎20t凸型機関車21


右が不調の台車です。
もう触り過ぎて、塗った黒塗装も剥げてきました。

この月・火曜と深夜まで調整を続けましたが、うまく行きません。
ギアのある車軸へのモーターの位置、遊輪側の接触具合、転がり具合・・・

上の写真はダメな方を、外側モーターにすると良い結果も出たので、これで行こうかと…

川崎20t凸型機関車22


でも車体枠に当たりそうで(すでに限界まで削ってます)、走行にも不安があります。

それでも何とかなると、腹をくくって台車枠を貼り付け…
(ピボット部に接着剤が付かないよう中央のみに接着剤を付けて)

なんと!今度はその不良側が動きません。
なぜ接触不良?
調子の良い方は台車枠を貼りつけても、そんなこと関係が無いかのように調子よく動いています。

ウゥーーーーーなんでだ?



台車枠を貼りつけると、影響が出るとなると金属部が歪んでいるのだろうか???

台車枠を剥しては、再度調整のやり直しの繰り返し・・・





もう限界です。

元々短気なのに・・・

結構ガマンしてたけど・・・

・・・もう限界。


夕べ深夜2時に、壁に動力ユニット投げつけそうになりました(-_-;)




ワールド工芸さんにも問い合わせているんですが、初期不良なら交換してくれるとの事ですが、ここまで弄っては???

取り敢えず、ワールド工芸さんにユニット送って片側だけでも交換してもらえるよう頼んでみます。
有償と最終言われても、なんか納得できない部分もあるが…



まだ車体の加工の「か」も行ってない時点で、ここまで楽しくないキットは初めてです(-_-メ)



という事で一旦製作は中止して、メーカーから送付パッケージを送ってもらって、動力ユニットを送る事にします。




数々のアドバイス・御心配をいただき誠にありがとうございました。
自身で修復出来なかったこと、どうかお許しください。m(__)m



動力ユニット、どうなるか分かりませんが(交換 or 有償)、治ったら今度はボディー側の加工をしたいと思います。
しばしこのワールド工芸のキットはお蔵入りです。




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ