Nゲージ テストピースを走れるように整備する

29日も良いお天気でした(^^♪

ふたたび朝から、息子と「自転車乗り練習」という名の死のロードワークに出掛けとりました(汗)
結構乗れてきたので、スピードも出してきます。
伴走者はそりゃもう大変!最近下半身に張りがあるのは、筋肉痛のせいです(^-^;


GW前半は予定もあり、あまり模型の事が出来そうにないため、この祭日を利用してテストピースを走行可能にするべく整備をしました。

テストピースは鉄道柵取り付けの最終記事以降は、整理棚の一番上の天井近くにずっと放置してありました。
久しぶりに降ろして、特に架線廻りの破損・崩壊などが無いかを確認しましたが、特段2か月弱では変化が見られませんでした(^-^;


このテストピースを周回するように組線路を組もうとしたのですが、KATOの組線路が足りずに(もっとあったが場所が分からない)、TOMIXも混ぜての準備となりました。
線路状態で言えば、バックヤードの組線路の方が悪路になっています。


最初はお気に入りの583系の離合シーンをやろうとしたのですが、組線路が無いので単線のみになったので、急遽新鋭EF71+ED78のレッドトレインにしました。

一応レールクリーニングもしたのですが、甘かったようです。
前照灯は点灯しているので「ヨシッ!」と思ったのですが、動画で50系のテールが点滅しっぱなしでした(T_T)


上から覗いたカットも撮影しました。
架線追従が上手く行っているかを、手動運転以外で見るのは初めてです。
もうちょっとアップで、架線とパンタグラフの位置を撮りたいですね。



それでは短編ですが、テストピース初走行の模様をどうぞ(^_-)-☆




今度は複線で離合できるようにしたいが、線路どこ行った???
GWにゆっくり探して見る事にします。



それと昨日近くのショッピングモールに行ったときにダイソーで買ったもの。

100均 草装飾1
100均 草装飾2

装飾グリーンモスという商品です。
どなたかのブログで見かけて、良さそうなので買って保管しておこうと思ったものです。
すみません元記事の方、忘れてしまいまして…本当に申し訳ございませんm(__)m

良さそうなものなので、転載みたいな形で載せさせていただきます。

ご覧のような、ほぼA4サイズの袋に入っている他に、丸形やリースのように形に固めてあるものもあります。

100均 草装飾3

本来はポッド等に入れたりするんでしょう。
感じがレイアウトに使えそうです。

100均 草装飾4

2袋買いましたが、袋に通風用の穴が開いていて、ポロポロ零れるのでタッパーに入れました。
パンパンです(^-^;



ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

京都駅での気になる物たち

昨日に続いて、京都駅での気になったものをお送りします。

京都駅はほぼ直線ホームですから、カーブという点では参考になりませんが、端の方は少し侵入に合わせてカーブしています。

京都駅1
京都駅2


湖西線折り返しに使われる3番線と東海道緩行線の折り返しに使う4番線に挟まれた2本の留置線。
入替信号機も点灯するとカッコいいけど…

京都駅3


信号機・ATS地上子・機械BOXなど

京都駅4
京都駅5
京都駅6


時計・案内看板類

京都駅7
京都駅8
京都駅9


この4・5番線ホームは昔ながらの京都駅の雰囲気を屋根も含めて残しています。

私のレイアウトの中央駅となるホームの屋根にぜひ再現してみたいもの…

京都駅11
京都駅12
京都駅13

この屋根の軒先にある飾り?です。
150分の1では、ほとんど分からない世界かもしれませんが、挑戦してみたいポイントです。


京都駅14

2・3番線ホームの先にある階段を降りたところにある運転士さんらの詰所。


京都駅15
京都駅16

2本のワイヤーで吊っている乗車位置案内。
隣の6・7番線には特急列車の名前がいくつも掛かっていてワクワクしたものです。


京都駅17
京都駅18

地下へ降りる階段ですね。こんなもの撮るの私ぐらいですかね(笑)


京都駅19


智頭急行の特急が留置線に入った所でタイムアップ!

また色々気になる物、ロケしたいですね(^^♪


ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
[ 2015/04/28 12:00 ] レイアウト資料 | TB(0) | コメント(8)

カーブホームを求めて、東海道本線 草津駅を見に行く

日曜日は、子供の自転車乗りに付き合って、結構走らせられました。
日頃運動不足の私にとっては、良い運動ですが、もう暑いのなんの!?すっかり初夏ですね (^-^;

午後からは髪を切りに行って、夕方から友人との飲み会だったので、京都へ出掛けました。

少し時間もあったので、カーブホームの資料的写真が欲しくて、京都駅に向かう前に草津駅に寄ってみました。
他にも石山駅・膳所(ぜぜ)駅とカーブホームの駅は多いのですが、規模も大きい草津駅を選びました。

草津駅0

この草津駅は、東海道本線と草津線の分岐始発駅となります。
写真はその草津線ホーム1番、2番線のものです。次の駅名が、草津線の「てはら(手原)」になっています。


草津駅1
草津駅2
草津駅3

写真のトンネルは、有名な草津川をくぐる!?トンネルです。
草津駅の京都方面寄りに存在しています。

草津川は、天井川となっていて、平地よりも高いところを流れている為に、このように”川をくぐる”形になります。
現在は、新河川に付け替えられて、もうこの上?には水は流れていません。


カーブホームや付随の物も、色々写真を撮ったので、続きよりご覧ください。

[ 2015/04/27 12:00 ] レイアウト資料 | TB(0) | コメント(8)

半径1250mmの曲線とは?

午前中にUPさせていただいたのですが、数値が間違っていたので中途半端に訂正するのを止めて、再度書き直しいたします。読まれた方には申し訳ありませんm(__)m
それでは改めて…


台枠の脚の件も解決したので、分解時の脚の収納を考えれば、いよいよ決行となります。

そこで本来は、台枠の完成後に考えなければならない事を、少し考えておきたいと思います。

私のレイアウトプランでは、本線にカーブしたホームを持つ中間駅があります。
プラン作成時には、R605や直線を使って作図しているのですが、実際はどのくらいのカーブになるのかを目にしていません。
そこで台枠の構造を考えた縮尺図を使って、どのくらいのカーブか?を確認してみました。

カーブの半径

赤の線がカーブの半径を調べる為に入れた線です。
ちょうど沿うようにあるのが中間駅です。
この赤線の半径が、1250mmとなります。

赤線に沿うのが一番内側の側線に当たります。
この側線から外側に、下り本線、島式ホーム、上下副線(折り返し用)、上り本線、片面ホームという順に並ぶ事になります。


今回この一番内側にあたる側線(半径1250mm)と下り本線(半径1278mm)をA3用紙にプリントして、実際のカーブを検証してみました。


R2300-1.jpg
R2300-2.jpg
R2300-3.jpg
R2300-4.jpg


横にTOMIXのR541の曲線がありますが、当然ながらそれよりも緩やかなカーブとなります。

カーブ外側に両面テープを貼って、仮止めしていますので、少しカントの付いた状態となっています。
本来側線はカントが付かないのですが、ここではカーブの具合だけに集中します。


ここからは画像も多いので、続きを読むよりご覧ください。

[ 2015/04/25 18:00 ] 考察ごと | TB(0) | コメント(2)

Nゲージレイアウト 続:取り外しする脚の再検討

前回大きなポカをやらかした結果、存在するベッドを回避すべく検討しました。

まずはベッド巾1,000mmに対し910mmの巾を内側に140mmぐらい広げてしまおうか?作戦。
面積が増えるので、線形的には余裕が出来て良い事と、これだと脚の真下にベッドが来なくなり回避出来ます。

しかし反面、モジュールの外周を含めての内側スペース(制御スペース)が狭くなってしまいます。
広げても良い事ばかりではありません。部屋の大きさは変わりませんから(笑)

うーん(ー_ー)

やっぱり広げるのは止めます。
その分、周りに少しでもスペースを取って、緊急時に対応出来たり、動画を撮ったり、眺めたりする隙間を広げる方にします(^^♪


一時はレイアウト全体を反転ミラーにして、左右を逆転しようかとも考えましたが、部屋の入口が図左下に存在する為、出入りに余計に不便になるのと破壊への危険性から断念しました。


そこでベッド奥側に脚を差し込めるスペースだけ開けて、下記図のようにコの字型の脚で回避することに決めました。

台枠・脚1

ベッド間はコの字で跨ぐような脚を下にして台枠側を挟み込む事で固定します。
ベッド以外の単脚は、横への衝撃対策と強度保持のために、かすがいを台枠と連結します。

コの字型脚はベッドに沿う形なので、これ以上の補強はしません。ベッドが梁の役割を補います。

下手な絵ではこうなります。

脚の構造2

接続時のネジは、差し込むだけでも良いかな?と思っています。
組み立て・分解の手間を減らしたいので。
緩そうだったらナットを付ければ良いと思います。


A/Bの両台枠は線路接続部のガイドを合わせる+ボルト・ナットで台枠に開けた穴を締結します。

そこでA/B間の近い2本のコの字脚を1本に纏めても可能かなと思い下記図に変更してみました。

台枠・脚1-a

ベッドを跨ぐコの字型脚は先にベッド側にセッティングしておき、単脚は立て掛け状態で台枠にセットして、最終合体という方法です。

コの字は、半分に蝶番で折り曲げられるようにするか、ダボを脚側と梁に作って差し込み式にして脚組み立て時にフックで止めて固定する方法等、もう少し考えたいと思います。

コの字のままだと保管に?!
半分に折り畳めても倍の巾で更に立たない形?!
バラバラなら、単脚と共に紐でまとめておく事も可能?!

場所を取らないは片付けの基本ですから、良く考えておかないと建設許可却下になりかねん~(汗)
GWもあるので良~く考えよう~(^-^;


ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

Nゲージレイアウト 取り外しする脚の再検討のつもりが・・・

色々と参考になるご意見をいただき、誠にありがとうございます。

そこで簡単な梁の設置方法やかすがいを入れる検討をしようと、下記のような台枠の図を書きました。

自分で組み立てる時の見本にもなりますし、ホームセンターでカットしてもらう時もこの完成図を見せて、カットのプレッシャーになれば(笑)と思ってます。

台枠の図

この台枠の図に脚をどうするか?書き込んでいこうと思って、書き始めようとしたところ…

大変な事に気付いてしましました(゚д゚)!


部屋の目の前にあるシングルベッドの高さを何度も測っていたので、昨日も最終確認していたのですが…
そこのシングルベッドの大きさ(広さ)をまったく考えてなかったのです。

なんという愚かさ…
ベッドに思わず倒れ込んでしまいました。


…ということは、前回考えていた脚の位置にベッドの大きさを投影してみると、

脚の位置2

右上が部屋のコーナー部です。
グレーの色がベッドの大きさです。

本来は壁際にくっ付けているのですが、少し離すことは可能なので、壁際には脚を入れる事は出来ます。
壁際に脚を入れれば良いという事は、前々から思っていたんですが、これが勘違いの要因でした。


しかし図中に×印を打った所は、そのまま脚という訳にはいきません(T_T)

15㎝程外側に構える方法を考えねばなりません。

右側の台枠の中央×印一つは、10cm程ずらしてやれば設置は可能ですが、奥の接続部に近い方はダメです。
壁際までずらして、強度が大丈夫かとも思います。

左の台枠は考えを改める必要がありそうです。

脚の梁、又はかすがいを入れるという事も含めて、脚を外側に回避させて成立する案。

それも取り外しで脚の収納スペースを取らないように・・・

うーん、頭痛い(>_<)


資金不足で台枠進まないので、ここはゆっくり考えるかぁ~

あぁ~(+_+)



ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

旧型機パンタグラフ 塗装の完了です

昨日も少し触れましたが、日曜日の空いた時間でパンタグラフの塗装を進めました。

これで旧型機の在籍車両の機関車部門は、塗り替え完了となりました(^^♪

旧型機パンタ塗装1

旧型機パンタ塗装2

旧型機のパンタ標準色は、nari-masaさん直伝の黒鉄色です。

ではKATOのEF58から見ていきます。

旧型機パンタ塗装3

左から、大窓・小窓Hゴム・上越形・青大将・お召し機です。

このうち、小窓Hゴムと青大将のみ、標準の黒鉄色では無く、焼鉄色を筆塗りしています。
これは時代的に、黒に近いより少しグレー気味の黒の方が似合うと判断しました。

お召し機は、メタルシルバー(TS-83)を塗装して、ピカピカ感を出しています。
このメタルシルバーは、KATOのEF30が入線した時にTOMIXのEF30のボディー塗り直しに使ったものです。
TOMIX機は勿論時代も古いですし、ボディーは只のグレー表現でした。
そこで、KATO機の光沢に合わせようと色々テストした結果、一番近かった色です。
お召し機については、もう少し細部に手を入れたいですね。また改めてやります(^^)/

旧型機パンタ塗装4

次はお召し機の隣より、KATO EF57-1・新EF57・旧EF57の3台です。

旧型機パンタ塗装5

最後はマイクロエースのEF59(ゼブラ警戒色)・EF52です。
EF59のデッキがヘロヘロですね(^-^;


以上で旧型機のパンタグラフ塗装は終わったので、次は新型機へ移りたいと思います。


ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[ 2015/04/21 11:00 ] 車両加工 | TB(0) | コメント(6)

日曜日の諸々・・・

今日は鉄ネタ無しです(笑)

昨日我が家に電子ピアノがやってきました。
怪獣くんが、リトミックから進級したピアノ教室に通う事になり、自宅練習用として購入という訳です。

4歳ですから、いつまで続くのか分からない中、購入は博打みたいなものですが、怪獣本人曰くヤル気満々です。
鍵盤の重さなどが近い物を選んだので、結構高くつきました。

心の中では「その費用を材料・工具の一部にほしい~」と叫びつつも、子供の為に我慢の日でした。

朝から私がピアノを組み立ててからは、楽しそうに先生に教わった場所を弾いてましたので、良しとしましょう(^-^;


頑張れよ息子! 父は音符は読めないが…(笑)


日曜の出費は続きます。

この夏は結婚10周年ということもあり、家族で沖縄に行く計画となり、旅行会社にも申し込みに行きました。

P1010733.jpg

P1010754.jpg

これは以前、沖縄に行った時の美ら海水族館の写真です。

当初はハワイ旅行を企画してましたが、このご時世無理な家計状況になり断念です。
ハワイ行きたかった~(T_T) 

そこで、沖縄へ行こう~という訳になったのですが、代わりといっても沖縄。
良いところですが、夏休みとあって費用もそこそこ。

まぁ家族みんなで楽しい思い出が出来れば、このぐらいの費用は頑張りましょう~って俺だよな頑張るの???


そういう私は、パンタグラフの塗装を合間見て少々。

なかなかレイアウト費用を捻出出来ずに足踏み状態なので、個人的にはストレスなんですが、我が家は太っ腹な出費が集中した日曜日でした。

働けど働けど我がレイアウトの費用まかなえず・・・(T_T)


ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[ 2015/04/20 19:00 ] 雑記 | TB(0) | コメント(2)

Nゲージレイアウト 取り外しする脚の検討

最近すっかり木工ネタが多くなってきましたが、更に木工ネタで…(^-^;

台枠の構造は決まったのですが、それに取り付ける脚を合わせて検討しておきたいと思います。
台枠自体は、1810×910サイズのそれぞれの台枠を立て掛けた上で、お互いを向い合わせにして(シーナリーは内に向くよう)、保管しようと考えています。

その為に、脚は取り外し可能にしておかなければなりません。

常時設置ではないにしろ、台枠の歪みや撓みの原因となってもいけないので、6本の脚で支える事にします。
位置は以下の通りです。

脚の位置

最初に脚の接続方法を、外枠の板材を挟み込む感じで脚を止めようと、下手な図を書いたのですが…

取り付け足

全部を同じ方向にすると、L字型に連結した時に干渉するので、一部は横に向けようという作戦です。

点線の部分は、中央に梁を挟む場合に隙間をあける部分と、端は横に向けた時に外枠の一部も乗るようにしたいので、点線部分を切り欠いて外枠が乗るようにとの作戦です。

取り外しが基本なので、見てくれは良くないかも知れませんが、まずは第一案という段階です。

脚の高さは90㎝を考えています。


もう少し見てくれの良い方法も考えてみます。

加工が難しくない程度に…(笑)


ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

Nゲージレイアウト台枠 内側の梁の相欠き接ぎ

材料を買うホームセンターで、寸法通りの材料切り出しをしてもらう訳だが、加工は自分でしなければならない。

木工作は嫌いではないが、決して得意なこともないという私。

広い場所の確保や切りくずで汚した後の処理も面倒なので、加工もホームセンター内の加工室をお借りして済ませたいと思っています。
ここで、外枠の角のネジ位置に下穴を開けておくことと、内部の梁の相欠き接ぎの加工を行います。
道具もお借りできるので、足りないものだけ持参すれば良いかと…(買ってあげなよ!)

難関は、恐らく相欠き接ぎの凹を作る事です。

合欠き継ぎ

図で書けば簡単なようで、なかなかハードルは高そう(^-^;

1本1本採寸して切っていっても、まずちゃんとした物にはならないだろう。

ゼットソー8寸目ライフソー電工ペッカー 90
お勧め頂いた鋸

継ぎの加工1

縦の梁は2本、横の梁は5本と、A/Bブロックの台枠とも同じです。
そこで上図のように、縦の梁を4本揃えて、クランプで止めてずれない様にして、のこぎりで切れば位置が合うかな?と。
横の梁は5本ずつをクランプで止めて、同じように切り込みを入れれば交差部でクネクネするような事は無いのでは…。

コーナークランプクランプ
固定等にクランプ類


切り込みを入れた後は、ノミで彫ってしまう。(多分少しの力で切断出来るだろう)
後は面が均一になるように掘り込みをノミ・ヤスリで調整して、その組む位置を数字で明記しておけば、家に帰ってから組み付ける時に同じ番号を合わせるように組めばOKという事になる。
面を均一に微調整するのはそれぞれ微妙に狂う筈(汗)なので、組み合わせが変わる事で微調整が無駄にならないようにしたいと思います。

スコヤ水平器
その他直角確認・水平器など


C型クランプ・コーナークランプ・ノミあたりはお借りする作業場に無い恐れもあるので、お借りできる工具類は事前に確認しておいた方が良いかも知れない。

昨日、皆さんから工具の紹介・おすすめを寄せていただいたので、効率よく作業出来る様に揃えたいと思います。

RYOBI CID-1100
一番安そうなインパクトドライバー


しかしながら、電動インパクトドライバーが一番高いです。
ドリルのビットも買わなきゃいかんのか~(^-^;

うーん予算取れるか???(>_<)


ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村