テストピース8 その7と次への準備進行中

今年も残すところ3日となりました。
仕事は何とか関係先のご協力もあり、29日を仕事納めと出来そうです。

今年も後僅かの中、ポチッと最後にしたのは「鉄コレ20弾のクモル145-12+クル144-12 」です。
年内に手元にくるかどうか?年末の配送状況から微妙ですが楽しみにしています。

さて、テストピースの方ですが接続方法の確立も出来たので、バラスト撒きの再度アタックが待っています。
接続点の作成28

3mmの三角プラ棒を張り付け、バラストが広がらないように止めのプラ棒を貼り、準備は出来ました。
今回、最終の見極めを行うのですが、撒き方も考え直す事も課題です。
1/87サイズのバラストを以前使った時に、肩の表現のプラ棒に上手く乗せるのに苦慮しました。
もちろん先に慌てて進め過ぎというのがありますが、それ以上に「下のプラ棒が見える」というのも一つありました。
そこで、今回はそこに色付けしてから望むことにしました。
接続点の作成29

これで精神的に撒き過ぎることなく、作業できるのでは?と考えています。線路のサイドも塗っていないので、それが終わってからのバラスト作業になります。
まず先に三角にボンドで先付けを行って乾燥させて、それから線路内に撒き過ぎないように注意しながら進めます。

あと、この上段と下段の高さ約6cmの壁面なのですが、本番でも線路が接近しすぎてこのような絶壁の壁面処理が現れると思います。この壁面には市販や様々な材料での加工表現が見られますが、ここはテストという事で以下なるものを準備しています。
接続点の作成30

コンクリート表現の絵を、特殊厚紙の粗目紙面側にプリントした物です。
手抜きです(^-^;
本番では、勿論ウェザリング等にも挑戦いたしますが、一部にこんな手抜きも使えないかと?
トンネルの内側とか、他にも応用できないかなぁという所です。

年内は大掃除も控えているので、どこまで年内手を付けられるか分かりませんが行けるとこまで行きたいと思ってます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

D51を分解してみます

Tさんからのリクエストもございましたので、決して分解が得意なわけではありませんが、ゆっくりと私なりの常点灯化するための分解手順をまとめさせていただきました。私よりもっと上手い方はたくさん居られると思いますので少々お恥ずかしい限りですが、自分がやりやすい・気にして行うところを記述します。

但し、これは教本ではありませんので、あくまで分解は個人の責任の範疇でお願いいたします。
当方は責任が取れませんので・・・あしからずm(__)m

それでは分解してまいります。
分解時の途中写真の前に作業説明を入れて行きます。先に説明を読み、次に写真をご覧ください。
D51分解1

長くなりますので、この先は下部よりお入りください。
[ 2014/12/26 12:30 ] 車両紹介 | TB(0) | コメント(8)

D51 1次形なめくじ (東北) 入線です

ようやくD51 1次形の整備が終わりましたので、入線報告をしたいと思います。
相変わらずのKATOの渾身の出来。
スタイル自体申し分がありません(^^♪

D51 1次形1
D51 1次形2

実は当初は、別売りテンダーが出るからと・・・というならで買うつもりだったんですが、案内も出ないままで中止。テンダーの大きな重油タンクがどうも気に入らなくて。1号機にこだわった訳では無いんです。
でも皆さんの購入、入線報告を見ると・・・最近このパターン多いです(笑)抑えが効きません。

D51 1次形3

ナンバーは76を選択。4つの中で、東北を出て九州へ行ったのがこの76。九州も7年住んだ(博多)愛着のある土地なので、このナンバーを選択しました。
ちなみに重油タンク引っぱったら・・・

D51 1次形4

取れました(^-^;
どうするかは今後考えます。

まずは常点灯させるためにバラします。それでコンデンサを除去。
バック運転の時にチラつきますが、結構暗いので大丈夫かなと・・・

D51 1次形5
D51 1次形6

次にテンダーのカプラーを交換しないと、当局ではどれも連結出来ません。

D51 1次形7

ケディカプラーNo.1015を装着します。カプラーのカバー諸とも外すと穴が見えますので、その穴を利用してNo.1015を付属ネジで締めます。ネジは長すぎるので予めカットして短くして使います。カプラの開口部は若干カットして首振りに影響が無いようにしています。

D51 1次形8
D51 1次形9

お約束の高さ確認もOKです。若干低い感じもしますがOKの範疇でしょう。

D51 1次形10
D51 1次形11

短いテスト線で、常点灯の様子を・・・短い動画で。
線路の汚れで決してスムースでは無いのですが・・・次回動画は線路掃除してから行います(>_<)



これで入線整備完了です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[ 2014/12/24 13:00 ] 車両紹介 | TB(0) | コメント(16)

TOMIX しまかぜ(通常品) 入線報告

しまかぜ5

通常品のしまかぜ入線しました。基本+増結の6両です。
先に発売の限定品6両セットを手に入れられた皆様に刺激を受け、止めようかなと思って予約しなかった理性を振り切り、まだ限定品の残っている所もある中、出来るだけ安く手に入れたいので、基本+増結に絞ってポイント残高や割引率を駆使して導入しました。

しまかぜ1

ケースは限定品のような、カッコいい絵など入っていない、きわめて普通のケースです。
数日前より、ピースの接着待ち時間を利用して、カプラーをアーノルドからKATO密連カプラーに変えました。

しまかぜ7

ネットでUPされている限定品のTNカプラーに比べると、若干広いようですが私には十分な車間になりました。

しまかぜ4

このしまかぜ、確か伊勢神宮遷宮&おかげ横丁散策の時か、スペイン村に家族で行った時かに、鳥羽を出た後の志摩赤崎~船津間で道路と並走している区間があり、そこでピッカピカの新車のしまかぜと並んで走ったのです。
助手席から嫁さんがしまかぜに向かって手を振ると乗客の方々が手を振り返してくれたのです。嫁さん喜んでましたが、私は運転中なのでチラ見が精いっぱい、でも衝撃的な偶然のランデブーでした。

しまかぜ8
しまかぜ9
しまかぜ10

サイドもカッコいいんですが、やっぱりこの顔。フロントガラスがデカくて印象的な顔。
他の方もやられているように内側の支えている柱のブルーが気になりますので、ここを黒マジックで手軽に塗りつぶしてみました。表に出ないので簡略方法にて。

しまかぜ11
しまかぜ12

さっさと表・サイド・念のため裏側を塗って、はいOK!内側のブルーの柱は見えなくなりました。
ジョイフルトレイン全盛の時の車両達と似ている感じもしますね。
この手の顔の車両は当管理局では初入線です。
室内照明などは、ハンダこてを買ってからゆっくり考えましょう。どうせ市販のオプション品なんか予算的に買えないので、自作して自分の時間を使ってやるしかないので・・・(^◇^)

しまかぜ13
しまかぜ6

この「しまかぜ」、鉄道を使っての旅行をしない(費用節約で私がマイカー運転・あとは現地での機動力と自由性からという理由)嫁さんが、乗りたいと言っている唯一の車両。京都発も出来たみたいなので、来年家族で乗りたいですね(^^♪

そして実は、しまかぜ我が家にもう1編成忍ばれております。プラレールの・・・
24日の出番待ちで隠れておりますとも・・・完全包装・戸の届かない遥か上のクローゼットの奥に(笑)

息子よ!今しばらく待たれよ!!!(^_-)-☆


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[ 2014/12/21 10:00 ] 車両紹介 | TB(0) | コメント(2)

テストピース8 その6

さて失敗の連続ですが(笑)前に行きましょう。

接続点の作成11

前にホームセンターで買っておいたフックを取り付けました。
上の状態で填めこんだ時のロック状況です。コルク面は完全にピッタリと水平が取れています。

反対側は差し込む(スライド気味)形です。
接続点の作成12
接続点の作成13
接続点の作成14

フック側は・・・
接続点の作成15
接続点の作成16
接続点の作成17

これでフックを掛けてロック完了です。トラス橋を持って持ち上げましたが、ビクともしません。なかなかの強度です。縦横のズレや上下のズレも全くありません。
Z型のアイデア案をいただき、N様誠にありがとうございました。

それではフレキシブルレールを張り付けます。
接続点の作成18
接続点の作成21

そして接合点の境界ラインで線路をハイパーカットソーで切断します。
位置は差し込み側はやや接合ラインより内側で、ロックする側は少し外側にはみ出し気味(本当に少しだけ)にしてカットします。

カットが終わって、填めこみの最終確認です。

差し込み側
接続点の作成25
接続点の作成26

ロック側
接続点の作成22
接続点の作成23
接続点の作成24

何度も填めては外すを繰り返して確認をしましたが、問題は無いようです。
ロック部分は実際の本番ではシーナリー的に見えない部分にあります。今のテストピースでは幅が狭い上に丸見えの場所ですが(笑)
機能優先で全く問題ありません。填めこんだり、外したりというのは丁寧に行ってもアッという間に完了です。逆に最後ロック側に最後の一押しで上からポンと押すと気持ちよくピッタリ入ります。

接続点の作成27

さぁ次は…あっ!線路張る前にレール側面塗装するの忘れた(T_T)
かなり強固にくっ付いて・・・
テストピースだからトラスの間は側面色なしで!(^-^;
本番は間違えないようにしないと・・・メモメモ・・・

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テストピース8 その5

昨日は寒い1日。滋賀の大津でも軽く雪化粧でした。

接続点の続きです・・・
両側の填めこみ構造を作って接着も完全固着しましたので、トラスを間に組み込みます。
このまま接着しても強度不足もありますので、真鍮線を穴をあけて差し込み、固定時の強度を上げます。

接続点の作成6

とりあえずベースに固定して確認をします。
接続点の作成8
接続点の作成7

問題は無いようです(ホッ) このまま寝て固着を待ちます(-_-)zzz


朝になって、早速取り出し・填めこみのテストを・・・と思いましたが・・・
接続点の作成5-2

写真のこの部分が干渉して持ち上げることも出来ません。
構想の絵の時点で、この部分引っかかるのを分かっていた筈なのですが、完全に忘れてましたね(^-^;
急遽出勤前に、サイドの方も斜めに再加工しました。
接続点の作成9
接続点の作成10

取り外して、接着剤の乾燥待ちです。続きは帰ってから・・・

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テストピース8 その4

寝る前の少しの時間ですが、作業をおこなっています。

なにぶん接着してしまったものを、もう一度切っては接着をしているので、毎度乾かす時間が掛かります。

トラス入れる6

コルク2mm厚を貼ったものと橋との高さは前回工程でOKになっています。

接続点の作成1

まず差し込み固定の方から、斜めに切り込み入れて切り離します。

接続点の作成3

ちょっとテストの幅が狭いのですが、道床のコルク幅を残して、左右の三角をカットして、切り込みを入れた側に接着します。まだ接着直後のため触れませんが、これで差し込む方の加工はOKかなと。

次は反対側を加工していきます。

接続点の作成2

こちらは逆斜めに切り込み入れて切り離します。
水平面が綺麗に切れませんでしたので、ガタガタなのは見ないようにスルーしてくださいm(__)m
本番のレイアウト製作では、後から切り込む事はこれを教訓に「いたしません!」ので(大門風)

接続点の作成4

こちらは幅が広い(端材ゆえです)のですが、同じように道床幅以外を三角にカットして、切り込みを入れた側に接着します。

こちらはフックを掛ける事をテストするので、ネジ切りの為にスタイロの上にプラ板を適当に切って上に接着します。

接続点の作成5

これで接着剤の乾き待ちになりました。
これで今夜はストップとなるので、少し他の事をやってから寝ようかと・・・

しまかぜ2

TOMIXのアーノルドカプラーをKATOの密連に変えるんですが、いつもカプラーポケット側の出っ張りを削って、KATOカプラーを挿入していたんですが、TNカプラーの連結面の狭さに迫ろうとKATOカプラー側の後ろをカッターでカットしてみました。僅かな事なんでしょうが、どっちもひと手間掛かるのは同じなので、少しでも効果の見込める方を選択しました。

アーノルドのまんまです
しまかぜ3

KATOカプラー交換後です
しまかぜ4

TNとの比較もやろうかなと思って探したのですが、ちょっとすぐには見つからなかったので次の待ち時間にやってみようという事で・・・今夜の作業は終了です。この作業の車両買っちゃいました(^-^;

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テストピース8 その3

忙しない時期になってきました。
今年も残り2週間と少しです。仕事で考えるとギョッ!としますが、私的に考えれば感慨深く思います。
日曜日も出かける用事が無くとも、何かと家の用事・年始に向けての準備があります。

テストピースも絵ばかり描いていても進まないので、少ない時間の中で作業を行ってみました。
前準備として、スタイロの残りを積層させていたのですが、よく考えれば上から填めこむ予定の箇所は、積み重ねて張る必要がありませんでした(T_T)
また切り込みを入れて外すというお粗末な作業を作ってしまいました。切り込みを入れて外す前に出来る事をやっておきます。

まずトラスを填めこむところの土台をカットして、橋台なる部分を作ります。トラスの端の高さをノギスで測り、フレキシブルレールの下のコルク厚2mmを差し引いて、下書き線に沿ってカットしました。
トラス入れる2

トラス入れる1

トラス橋がピッタリと填まるようになりました。
道床のコルク板2mmを張らないと線路面が合っているか確認できないので、今日はコルクまで張って確認するところまで進めます。

トラス入れる3

2mm厚のコルク板を片方に張り付けて・・・
トラス入れる4

もう片方にも張り付けて・・・
トラス入れる5

トラス橋とコルク面との平滑を確認して日曜日の作業は終了です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

KATO 新583系 入線です

先日ポチッておりましたKATOの新しい583系が我が鉄道にやってきました(嬉々)

この583系子供の頃から大好きで、KATOでもリニューアルされるたび・・・とは言えませんが頻繁に買い直している車両です。
今回出るのは知っていたのですが、「もうTOMIXもきたぐに入れて5編成もあるしパスしよう」と思っていたのですが、体調悪くしながらも仕事で遅くなり、帰って寝るの繰り返しでストレスから、ついつい見てしまいました皆様の入線紹介を・・・

とても我慢できるものではありません(笑) ほ ・ し ・ い !

で、2か所からの合わせ技で何とか確保しました(値引き率の良いところは消えかけていました)こんな時も予算は重要ですので・・・と言いつつも無ければ諦めがつく訳ではありません。でも出来るだけ安価にポイントも最大限利用して上手く手に入りました。

11両編成&変換マーク(文字・イラスト)です。
新KATO583系1

11両買っていますが、今のところそれを展開する路線がありませんので(T_T)、6両ぐらいを並べてみました。
早く走らせられるレイアウトを作りたいなぁ。

上からTOMIX 583系
真ん中KATO 旧583系
下が KATO 新583系  となります。
新KATO583系2

各車両のUP等は他の方も色々丁寧にやられていますので、それ以外で。
カプラーの関係はありますが、車両単体で見ても旧583系は新583系に比べて車両長が長いようです。
並べて気が付きました。

新KATO583系3
新KATO583系4

手前が新583系です。カッコいいです。前の連結器カバーもTOMIXは飛び出てるのがKATOでは抑えられています。
色がちょいと白気味ですが・・・

新KATO583系6
屋上部はやはり最新のKATOが一番細かい表現になっています。今まで車両系の色入れはしてないのですが、触手が動きますね。そのうちに各所色入れしてみましょう。

新KATO583系11

旧KATOやTOMIXの一編成には、銀河モデルのベネシャンブラインドを内側から張り付けてあります。旧KATOはガラスがブルーでしたが、今回の新583系は透明になっていますし、寝台パーツが丸見えで違和感ありますので、お手製ベネシャンブラインドを紙で作ってみようと思います。近い色の紙は入手出来たので、ブラインドの線を印刷にて表現しようと思います。窓間はバラバラっぽいので、車体をスキャニングしようかな?
今までもKATOの付属シールを使ってTOMIXも行先表示をしていたので、この新しい583系にも行先表示シールをはってやりましょう。
う~ん、やること結構いっぱいあるなぁ~まぁ楽しめそうです。

最後に前からの御顔のショットを3者分
新KATO583系9
新KATO583系8
新KATO583系7

旧も何気に手を入れたし、どれもいいなぁ~新はライトの形状も良くなったし。
ダメだ。この583系に関しては批評は客観的に無理です。
 
こだわり派の方には、あそこが良くなった・ここが違う等とあるのでしょうが、私はうん良いね~で終わってしまいます(^-^;
583だけは勘弁してやってください。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
[ 2014/12/09 01:00 ] 車両紹介 | TB(0) | コメント(12)

カニ解禁

カニ解禁を受けて、この土日予約しているのを忘れとりました。
まあ何とか体調も戻りつつあったので、土曜日ゆっくり目の時間に出発することにしました。
滋賀からは、高速もつながり便利になりましたね。2時間少しで天橋立まで来ることが出来ました。
ちょうど着いたのがお昼時で、たまたま天気も雪が止んでいて、近くのビューランドへモノレールで登ることに・・・
丹後カニ旅行1

どんよりとした雪雲ですが、妙に天橋立だけすっきり見えます(汗)
なんせ今季一番の寒波!!!奇跡でしょう。

丹後カニ旅行2

ほぼ頂上付近より1枚。下に天橋立駅が見えています。

丹後カニ旅行3

側線に留置されているのは、381系6連の特急はしだてです。この列車で行きたかったなぁ。
更にカニ宿のある網野まではタンゴ鉄道のディーゼル列車なんかに乗ってなんて・・・(妄想)アハハ

景色を見て、股覗きして(股から逆さに見ると龍が天に昇って行くように見えます)、ドッと雪が降ってきました(笑)
まさにセーフ!
いやそこから網野まではみるみる積雪していく道路に冷や冷やしながら、何とか早めに宿に到着。

ゆっくりとお湯に入って、冷えた体を温めて・・・
丹後カニ旅行5

カニ姿茹で・・・堪能しました。

丹後カニ旅行4

カニすき・焼きカニ・カニみそ・せこがに・間人カニの刺身・カニあん団子・カニ茶碗蒸し・最後のカニ雑炊。
堪能しました。(2回目)

左に少し見えているお寿司の乗ってるプレートは3歳の息子のディナー。でも俺のばかり欲しがり・・・お寿司もカニ身入りで美味しかったです(食べてます)
せっせと茹でガニをほぐして、息子に与える私でした(^-^;

カニ尽くし最高でした。
体調戻りました。本当かいな・・・(^-^;

家を出る前に583系が届きましたので、日曜帰ったら写真撮ります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[ 2014/12/08 13:00 ] 旅行・お出かけ | TB(0) | コメント(4)