テストピース買出し準備

昨日、お得意先の帰りにボークス京都に寄って、テストピースを作る上で必要なものを調達してきました。

まずは、土台のスタイロフォームとバラストです。
7/25買出し

バラストの種類は悩みました。店内には諸兄の素晴らしい作品も数多く展示されており、参考に穴が開くほど見つめさせて(危ない人か?)いただきました。ネットで拝見するのと、実物を見させていただくのでは随分違いますね。やはり実物の方が訴えてくるものが違います。こんな作品が作れれば良いのですが、目標と致しましょうー。そこでバラストの問題に戻って・・・購入したのはモーリンのバラストです。
バラスト2種

購入する前は、N用のものと少し大きい粗目のものを比較していこうと思っていました。しかし店頭で拝見するとN用は非常に細かい。もちろんN用ですから当たり前です。カトーの純正バラスト等に比べるとまだ粗い方なのですが、どうなんだろう?と考え込んでしまいました。150分の1の世界ですから、出来るだけ正確にという基本はありますが、デフォルメも見た目の重要なポイントです。N用粗目は、1/87のバラストと大きさが変わらないような感じでしたので、これをローカルと準幹線の2種を買ってみました。

撒いた時の印象はこちらの方が良いように思うんですが・・・テストしてみましょう。その為のテストですから。それと見た目・デフォルメにプラスして、大きめを選んだのはバラストの量です。細かいとそれだけ量を多く使う恐れがあります。軽量化の阻害になるので、これも選択の理由です。もちろん撒く際の隙間埋めは別途考えています。
これでバラストの選定とバラストの盛り方、あと接続に合わせて架線の張り方も考えて行きたいと思います。

後、接続の問題も一緒に考えたいので、スタイロの土台をもう1つ今日買ってきましょう。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

博多の恩師に会いに行く

先週の休日を利用して家族で九州は博多に行ってまいりました。

まずは、最寄りのJR駅より快速・新快速を乗り継いで、やってきました新大阪駅。
新大阪1
新大阪2

そう言えば新幹線乗るのも久しぶりだな~。新幹線は興味外を自負しているので、友人が持っている500系フル編成・N700系フル編成・0系等を見ても「ええなぁ~」で済ましてしまう自分。
そこへ入線案内。自分らが乗るのぞみの前に、さくらがやってくる!

[ 2014/07/25 19:00 ] 旅行・お出かけ | TB(0) | コメント(0)

ディーゼル車編

ディーゼル車リスト

[ 2014/07/25 12:32 ] 車両紹介 | TB(0) | コメント(0)

特急型電車編

特急型電車リスト

国鉄・JRのみ、私鉄系は別項目。
[ 2014/07/18 19:00 ] 車両紹介 | TB(0) | コメント(0)

落ち着いてきました

仕事も落ち着いてきました。しかしながら日曜日は、予定満載となっております('◇')ゞ明日はバーベキュー大会、その次は福岡に恩師に会いに行く、8月第1週は浜名湖へ旅行と中々のスケジュールとなっています。家族も鬱憤が溜まっていたのでしょうね。計画が半端ではありません(笑)でも家族あっての私ですから、ここは流れに身を任せて一緒に休暇を楽しみましょう。

ところでレイアウト建設の方ですが、案も一旦は固まりました。
レイアウト修正 7月
後は建設時に不都合があれば、柔軟に変更していければ良いと考えています。
とりあえずA・Bブロックを第一次工期として土台を完成させ、レールを配置しての確認後にBブロックを先行して建設の入ろうと思います(山岳線のみでの運行も可能な事から)。

まずは、予定しているテストピースでの確認事項があります。これで確認したいの事が建設開始の前にあります。

1.分割するので、接合面での線路の確実な位置合わせ方法。

これは非常に重要で、予定でまともに接合面に垂直な路線は2か所のみです。後は微妙な角度だったり、カーブの途中だったりします。いかにスムーズに連結させるか?見える部分見えない部分、はたまた路盤を取り外し可能な工法を行っておられる諸先輩もおられますので、十分この段階で計画検討しておきたいと思います。運転が主ですから、簡単な接続・脱線のないレール連結が課題となります。

2.バラストの選定と着色

フレキシブルレールのPC枕木と木製を路線や番線に合わせて使う予定ですので、バラスト散布と着色は必須事項です。これも諸先輩方が行われていますが、バラストはずいぶんと色々な選択肢もあり、価格・見た目など主観の世界が多いジオラマでは、自分の目の選定が必要です。価格も重要な事です。また軽量化からバラスト少量化も考えたいと思います。

3.架線の設置

架線なんか張るとメンテナンスが大変になりますが、諸兄の架線を張られたレイアウトを見ていると効果の程が明らかです。手芸店などを巡り、素材などテスト出来る物を今集めています。これも張り方を含めてテストする予定です。

4.信号などのギミック

やはり信号の点灯、切り替わっていく情景は鉄道に不可欠です。しかしながら、PECOのフレキに対応したものなど有りません。市販のシステム(TOMIXなど)を分解して本線一部でも切り替わる信号を取付けたいものです。場内などはPECOのマシン切り替え連動で点灯切り替えを予定しています。またケディーカプラーの解放装置も磁石貼り付けと電磁石によるものを考えて行きたいと思います。

5.土台の構成

分割のシステムの為、軽量化と強固の2面性を考えて行かなければなりません。ホームセンター廻りをしていますが、いまひとつ決断出来ていません。桐材は軽量で魅力的ですが、弱さも気になります。井桁に組んでいけばそれほどでもないのでしょうが・・・もう少し迷ってみましょう。現状ではオープントップに台枠を組み、そこにスタイロフォームをかぶせる予定です。

まだ他にもあるとは思いますが、大きな項目はこの辺でしょうか?
楽しみであり、予算とのにらめっこになりそうです(笑)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
[ 2014/07/12 10:59 ] 考察ごと | TB(0) | コメント(6)