車両リストの追加

緩行形電車のリストが、やっと整理出来たので追加をしました。やはり関西モノに偏った集め方ですね。でもこのくらい思考を持っておかないとキリが無いですから。

先日のレイアウト変更ですが、一旦これにて終了と言いながら、あれからまだ見直しを続けています。理由は以下の通りです。

●友人と運転会をするときにお互いの路線の運転を邪魔しないような線路配線にしていた。

→1人で運転するときは却って運転がしづらいものになっている。(B本線の両方向から、A本線の両方向に自由に行き来が出来る事が良いと思っていたが、分岐ポイントが非常に多くなり切り替え操作が煩雑すぎる)
→ポイント・給電の切り替えに追われて運転を楽しめない結果になっている。

模型ならではのエンドレスを生かした良いやり方と思っていたが、運転を楽しめないのはマイナスであるので、現実に即した運転形態の配線に変更しようと思います。まずは個人で十分楽しめる形に考え直しているところです。
欲張りは禁物とは良く言ったものです。しかし抑え切れるか・・・?

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2014/05/31 09:07 ] 雑記 | TB(0) | コメント(0)

緩行形電車編

緩行形電車リスト

レイアウトを見つめ直して

資金不足も何とか今月末までかな?という状況になってきたので、前回に引き続いてレイアウトをもう一度見つめなおしています。
ベース構成図
分割ベースは初回構想から変えていません。
実際これ以上の大きさは部屋の広さ・収納条件等により無理です('◇')ゞ

上が初回案、下が今回の訂正案です。
レイアウト案
レイアウト変更
あんまり変わってないじゃないか?と思われるとは思いますが、線路の引き回しを減らし、緩和曲線を入れてます。

A・Bブロック以外は変更していません。まずA・Bブロックでの変更点です。

まずメインステ-ションからのB本線は距離を稼ぐためにAブロックの見えないところで敷き回していましたが、どうせ見えない中をいくら列車が回っても意味がないと思えるので、すっきりとしたエンドレス形に直し、ほぼ壁面周回みたいな形になりました。距離は短くなりますが、走っている風景はより見えるようにしました。

次にA・Bブロック内を周回するA本線は、駅の位置を変更し、こちらも列車が見えなくなる距離が出来るだけ短くなるように考え直しました。私はポイントフェチ(笑)なので、それをより見えるところに移動させて列車の通過を楽しめるようにしました。A本線は結果的にやや初回案より路線距離は長くなりました。

Bブロック内を巡る支線については、ループで1周の距離を稼ぐのを止め、支線周回は単純にエンドレスとして駅をエンドレス内に入れないよう独立させました。これで支線周回エンドレスに、メインステーションへの連絡線+支線の駅への接続線+リバース線が繋がっています。これであれば、『メインステーションからやってきた列車は一旦支線周回線に入り、何周かして支線の駅への接続線を通り支線の駅に到着する』という形に出来、支線の駅からそのまま進んで支線周回線に戻れるので、これを繰り返して距離の不満と周回のたびに駅を通過する(特に距離が無いとき、頻繁に通過する)というのが無くなります。

地鉄風の路線については、ほとんど見えない中をA・Bブロック内を無駄に周回してましたが、これも止めてAブロックの左部のみで走行風景を見えるようにしてみました。距離はかなり短くなりましたが、見せ場が出来たと思います。メインステーション下に予定しているヤードへの連絡線もこの地鉄線途中から分岐させていましたが、無駄な周回を止めるためB本線途中から最短で分岐するようにしました。


本線系もこの駅をエンドレス内に入れないというのをやりたい気持ちはありますが、少し難しいかと思ってます。まあ本線系はそこそこ周回距離もありますので、無理はしないでおこうと改良案は一旦終了です。
テストピース作成に入る前としては、ここまででしょうか?


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

[ 2014/05/24 12:08 ] 考察ごと | TB(0) | コメント(0)

緩和曲線について考える

この日曜日は風邪の回復に努め、体を休める傍らにレイアウトについて考えてみました。

一度は決定させてA・Bブロックの必要なPECOの線路を直輸入したのですが、実際には高低を繰り返す場面が多くて車両を安定して走らせるには過酷なレイアウトとなっていました。それでも出来るだけ走行距離を長~くという概念で作るとこうなってしまうとこうなるのですね(判っていたことですが…)また線路を引き回した挙句に、コントローラーを離れて走る列車を鑑賞しようとした場合に、見せ場が少ないことに気付いてしまいました。この方向から見た時にこのように列車の走行風景が見えるという事を考えずにこのシーンを取り込みたいとテンコ盛りした結果が逆にどれも中途半端に終わっていました。緩和曲線もありません。折角のフレキシブルレールを使ってこれでは情けなく、メインとなるA・Bブロックの本線2系統を大幅に見直すことにしました。ポイント類は、まだ駅構内の分は未購入ですので、既購入分との調整もまだまだ可能な内に解決しておこうと思う次第です。

1.とにかく勾配の連続は避ける(水平での走行が視界に入るようにする)

2.緩和曲線を作って、列車の挙動を出来るだけ自然なものにする

これを守ってレイアウターでシュミレーションし直してみます。

昨日はそれに先立って、緩和曲線の効果を実感したくて組線路を使ってテストしてみました。
レイアウト見直しに伴い、最急カーブを285㎜ぐらいまで許容(90度内では45度区間内のみ使用)したので、それの意味もあります。
まず280㎜カーブを直接つないだ緩和曲線無しの状態は、ひどいのは判るのですが一応テストを…
C280緩和曲線なし1

カーブへの侵入具合を見てみます。

[ 2014/05/12 12:54 ] 考察ごと | TB(0) | コメント(0)

GW終わって

GWも終わりましたね

3歳の子供と嫁さんと祭りに出掛けたり、公園にピクニックに行ったりと前半は元気だったんですが、後半は子供の風邪をもらい、体調壊してました。そういう時は、寝てばかりもいれずネットをウロウロ。

見つけてしまいました(笑)KATO旧国電の飯田線です



発売時に我慢したのに台無しです(x_x)

これはヤバイと思って手を出さなかったのですが・・・とはいえ、欲しかった物ですので、良しとしましょう

付属のエアホースを付け、ホース部分を黒で色差しし、モーター側のコンデンサを取り常点灯化。



病気のため写真もブレブレです


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 Nゲージへ
にほんブログ村
[ 2014/05/07 16:00 ] 車両紹介 | TB(0) | コメント(0)