KATO 381系「ゆったりやくも」の入線

腰痛の治りが遅いです。やっぱり歳かな?(笑)
そんな事で動きが鈍っております(^-^;
ちょっと仕事も忙しかったので、皆様の入線報告から遅れましたが、我が鉄道にも381系「ゆったりやくも」が入線しました。

381系は、「しなの」「くろしお」に続き3編成目となります。
この出雲市と岡山を結ぶ陰陽連絡特急は、出雲大社に旅行に出掛けた際に、松江手前の宍道湖沿いで、車運転中に何度も並走して、当時から「良い色だなぁー」と思っていました。
ベージュの車体色に茜色の帯が、マッチしていると思っています。

381系ゆったりやくも (1)


私は、サロ改造の展望先頭車はあまり好きでは無かったのですが、この先頭車はまとまっっていると思います。


381系ゆったりやくも (2)

381系ゆったりやくも (3)


先頭の台車にもスノープロウが付いています。

381系ゆったりやくも (4)

前面から続くサイドの帯の処理も、国鉄時代の面影を感じます。


もう1つの先頭車はお馴染みの顔です。

381系ゆったりやくも (5)


JR西日本の塗色変更車のデザインを踏襲しています。

381系ゆったりやくも (6)


中間車もパンタグラフ横のベンチレータを追加して違いを出しています。


381系ゆったりやくも (7)
381系ゆったりやくも (8)



せっかくですから、支線連絡線の上で走らせてみました。




スマホの動画では、ピントが上手く合いませんね(笑)
見にくい動画で申し訳ありません。

片付けてから気が付いたんですが、私はPanasonicのウェアラブルカメラを持っていたんでした(^-^;
次回はそれで撮影してみます。
あれは、前面展望を撮るための秘密兵器と思い過ぎて、普段でも使える事を失念していました(笑)



あっ、それとこれも昨夜到着しました(^^)

32系客車


KATOの32系客車の単品です。
とりあえず、2両ずつ押さえました。
アーノルドカプラーを装備しているので、これもE10-5のカプラー交換と合わせて、作業しましょう。




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。











スポンサーサイト
[ 2018/02/16 10:00 ] 車両紹介 | TB(0) | コメント(10)

マイクロエース E10-5 米原機関区の入線

マイクロエースから出たE10-5米原機関区が入線しました。

E10-5 米原機関区 (1)


このメーカーは本当にダメです。何がダメかを書きます。
J社は、当初の予約を昨年5月に「1年以上経っても発売目処が立たない」との事で、予約取り消し処理がされました。
それが、1月30日に発売日が確定したから、再注文を受け付けますと連絡があったのです。
「あーようやく発売予定が決まったんだ」と単に思ったんですが、その日が2月3日入荷!!!
こんな急な話はありません。もっと前もって連絡をメーカーとしては販売店(問屋)に入れるべきでしょう。
買ってくれる消費者あってですよ、マイクロエースさん!
出荷日のコントロールも出来ませんか???
その連絡が来た直後に、マイクロエースのHPも確認しましたが、2月2日発売と表示してます。
よくぞこんなマネが出来るものだと思います。

これが最後の購入だな。このメーカーのは・・・(-_-メ)


このE10は以前の発売分をオクなどで狙ってましたが、中々めぐり逢いがありませんでした。
こんな車種は他からは望めないので買いました。

E10-5 米原機関区 (2)


この機関車は、こちらが後位です。

ライトは見た目はもう少し明るいです。


E10-5 米原機関区 (3)

E10はこちらが前位です。
でもライトが・・・
銀で塗ってあるだけ・・・
ライト点灯化も出来ないのか、このメーカーは!

E10-5 米原機関区 (4)


サイドビューです。
基本的に以前の再版なんでしょう。

太いボイラーがE10の特徴です。
5つの動輪も迫力があります。


E10-5 米原機関区 (7)


従台車の上は空間がポッカリと空いてます。
分かりにくいでしょうが、白く運転窓(半月みたいに写っている)が見えています。

そんな構造ゆえに、カプラーは従台車の首降り。


E10-5 米原機関区 (5)


前後の従台車は、引っこ抜けるものでは無く、動輪を止めているパーツをネジを外して取らないと、抜けません。


E10-5 米原機関区 (6)


第3動輪がフランジが無くて、Nゲージでの走行性を確保しています。



さて、通常ならカプラー交換を始めたいところですが、こいつは色々と問題があります。


E10-5 米原機関区 (8)


前位側は台車マウントですが、KATOのものより位置が低いのです。
MT-7、MT-10などを組み込むと位置が低く、トリップピンが線路面より下がります。
もちろんナックル部も低くなります。

かといって、客車と同じようなカプラー構造ですから、No.2004を使うにもどうするか???
検討が必要です。


E10-5 米原機関区 (9)


後位側は逆に高いです。
こっちは、NO.1015を使えばナックルの高さが抑えられるのですが、それでも少しスペーサをかます必要がありそう。

ライトの点灯化もしたいが、色々とレイアウトでもやる事があって、考えが回りません。
あー悩ましい機関車だわ(+_+)

改造必至の1万円越えって・・・
入線して、これほど気持ちが上がらないのも珍しい入線記でした。




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。










[ 2018/02/05 12:00 ] 車両紹介 | TB(0) | コメント(23)

2018新年

2018新年

2018年のスタートです。
旧年中は皆様ありがとうございました。
本年もよろしくお願い申し上げます。

少しお正月ふうに日章旗を掲げた写真でスタートしました。

これは年末に入線したDD54中期形の紹介に絡めてです。
写真はお召し仕様として発売された初期形。

今回の主役は中期形です。

DD54中期形 (1)

DD54中期形 (2)


DD54を全部出してみました


DD54中期形 (3)


一番右が先ほど述べた初期形。
58を挟んで、次がブルートレイン牽引機、京都の博物館にありますね。

その次がTOMIXのDD54。
かなり古いものです。

一番左が今回の中期形。

ちょっとTOMIXとKATOを中期形で比較してみましょう。


DD54中期形 (4)


右がTOMIXです。
スカートと白の手すり・解放てこを、KATOのAssyパーツに交換・追加していますので、下側の印象は同じですが、意外に造形も遜色がない印象です。


DD54中期形 (6)


屋根上。
奥がTOMIX、手前がKATOです。

KATOの方がモールドがくっきりとしていて、好印象です。
ファンは表現は違いますが、昔からのTOMIXもカッコいいです。

TOMIXのホイッスルは、金色でモールドに色差しがしてあるだけです。

中間のボデー継ぎ部は、TOMIXのにもグレーで色差しをしているので、KATO機に並んでも引けは取りません。


DD54中期形 (5)


このTOMIX機の印象が好きなので、以前のKATO発売時に手を入れて見栄えを向上したのです。
それで、今回のKATO機の購入は、ずいぶん考えたのですが、やっぱり買って良かったと思います。

KATO機は静かにスムーズに走り、ヘッドライトも明るく点灯します。
走りにおいては、TOMIX機は往年のウォームスプリングでディーゼルっぽい音を奏でてくれます(笑)

あまり外観に差異が無く、好きな造形の機関車が増えたことで、より愛着が出てきたと思います。




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。










[ 2018/01/03 13:45 ] 車両紹介 | TB(0) | コメント(14)

トミーテック 京阪石山坂本線700形の入線

京阪石山坂本線700形 (1)


トミーテックから発売の京阪石山坂本線700形が入線しました。
パッケージでは、京津線を入れた総称の「大津線」となっています。

鉄コレも溜まってしまったなぁー(^-^;


京阪石山坂本線700形 (3)


これが動力化しないまま、保管中の京津線・石山坂本線の電車達です。

それぞれ被らないように1種ずつ揃えています。

京阪石山坂本線700形 (4)


左から、350形・600形1次(特急色)・600形2次です。
特急色は、浜大津駅に朝から並んで買ったのが懐かしい。
600形の1次型と2次型では、前面窓の形状に変化があります。


京阪石山坂本線700形 (5)


奥が京津線が京阪三条まで地上だった時代に活躍した80形。
このヨーロピアンタイプは、今見てもカッコいいし洗練されたデザインだと思います。


京阪石山坂本線700形 (2)

京阪石山坂本線700形 (6)


700形は唯一のスカート付きなんですが、色が白っぽいんです。
この色がおかしい訳ではなく、こんな感じです。
少し白すぎる感もありますが、プラ感を無くすようにすれば、これでも印象把握は良いと思いますね。

鉄コレ動力もあるのに、どれもN化しないのは、如何にも怠慢です。
来年の抱負の1つとして、少しはN化出来るように頑張ろうかと思います。

これで年内入線はDD54中期形残しです。




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。










[ 2017/12/26 10:00 ] 車両紹介 | TB(0) | コメント(4)

TOMIX チキ7000の入線

世間では、高級品「四季島」の入線で賑わっております。
わたくし目の入線は、至って庶民派 チキ7000です(笑)

チキ7000 (1)


一応奮発して、2両セットにさせていただきました。
クリスマスですしね(^^)/

この貨車、本当に初入線なんです。
工臨にはいい車輛ですし、2両ぐらいでも様になるので、この機会に入線させました。


チキ7000 (2)


柵柱とレールがセットになっていて、柱は自由に挿すみたいですね。

ネットで画像を調べてみると、柱の付き方は色々とあるようで、つまりは雰囲気で良いという事。

チキ7000 (3)


パッケージ裏面も、柱は全部挿してません。

そこは天邪鬼・・・
一応全部付けたら、どうなんでしょう???

・・・で


チキ7000 (4)


「全部付け」してみました。

接着している訳では無いので、後で間引きは出来ます(笑)
ちょっと多いですかね。

レールも赤錆び系に塗らないと様になりません。
カプラーも含めて、お正月にでも弄ってみましょう(^^)/


年内はあと数日ですが、年内入線予定はDD54の中期形と、おけいはんの石山坂本線700形だけです。

明日はクリスマス・イブ。
息子はそれより3日後のお誕生日を気にしているようですが(スウィッチ待ち 笑)、サプライズがあるのを知りません(^_-)-☆
少しドッキリみたいで楽しみです。




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。










[ 2017/12/23 16:40 ] 車両紹介 | TB(0) | コメント(10)

TOMYTECバスコレクション「阪急バス」

秋以降は、入線が途切れていますが、いいのか悪いのか?(笑)
年内の大物もありませんので、ここは来年2018に向かって備えの時期と言えるでしょう。

そんな中、今年最後の入線(入車?)になりそうな・・・

バスコレ(阪急バス)1


TOMYTECバスコレクションの「阪急バス」です。

関西にいる身としては、外せないバスと言えるかも知れません。


バスコレ(阪急バス)2

バスコレ(阪急バス)3


「十三・梅田」行に表示はなっていますね。
京都よりの人間からすると、他の幕も欲しいところですが、「梅田」行は止むを得んでしょう(^^)


バスコレ(阪急バス)4

バスコレ(阪急バス)5


サイドビューです。

良く出来ていますね。
走行システムを入れれば走るというのも魅力ではあります。

レイアウトがもっと進んで、バス走行の線もいずれ検討したいですね。
どうも針金を仕込めば、それに沿って走るようですから・・・




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。










[ 2017/11/27 10:00 ] 車両紹介 | TB(0) | コメント(8)

Fトイズ セスナ172 スカイホーク JA4182

Fトイズ セスナ


先日、ヤフオクで手に入れたとお話したセスナを組み立ててみました。

http://katetsuki.blog.fc2.com/blog-entry-568.html

Fトイズ セスナ172スカイホークJA4182 (5)


完成させてみると、なかなかカッコ良い~(^^)

小さいながらも塗装もしてあって、簡単に組み立てるだけです。


Fトイズ セスナ172スカイホークJA4182 (1)


こちらがパッケージから開けた状態。

パーツ数は少なく、サクサクと接着しながら、完成出来ます。

パッケージの右下のところに、無塗装のフィギュアも2体入っていました。
これは他でも使えますね。

プロペラも後ろから留め具パーツを挿すので、実のところ可動式なんです。
ヘリのバージョンでもローターが回転出来ましたから、同様の考え方ですが、こんな小さなものが回るギミックは楽しいです。


光山市交通局さんのブログでも書かれていたんですが、重心が後ろにある為に前が浮き上がってしまいます。
それで、透明の台座も付属したりしています。
実機はエンジンという重いものが前にありますからね(笑)

何とか自立出来ないかと、組む時に操縦盤のパーツを組む前のエンジン部の空洞に板鉛を詰め込んでみました。
結果的には、もう少し積めれば立つんですが、微妙に少し足りません。


Fトイズ セスナ172スカイホークJA4182 (3)


写真では、お尻がちゃんと浮いているでしょ?
ウェイトを少しでも積んだおかげで、ほんの少し地面を傾けてやると立つんです(^^)/

Fトイズ セスナ172スカイホークJA4182 (2)

Fトイズ セスナ172スカイホークJA4182 (4)


付属の台座に載せてやると、飛んでいるように見えますね。
なかなか良い買い物をワンコインでしました。

最初にサクサクと組み立てられると申しましたが、組立後にデカールを貼る時にへまをしています。
少しずつ切り分けて、水につけてデカールを貼ろうとしたのですが、朝日航空のデカールがピンセットを離れて飛んで行きました。
そんなに細かくないものですが、行方不明です。
それゆえ、ボンネット横にあるべき、「朝日航空」の文字がありません(笑)
名無し航空になっちゃいました(^-^;


これVol.1のようです。
ということは、Vol.2・Vol.3と続いて行くんでしょうか?

1/144とNゲージサイズですから、将来レイアウトの一端に居てもおかしくないです。
次回も、どれか1機買ってみようと思えるセスナでした。




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。










[ 2017/11/11 10:00 ] 車両紹介 | TB(0) | コメント(6)

TOMIX コキ106後期型 ヤマト運輸コンテナ 入線

昨日からの雨模様でグッと寒くなりました。
寒いの嫌いなので、だんだん嫌な季節に向かってきます。

明日はまた気温が上がってくるそうですが、乱高下は体調崩すんですよね。
皆さま、お気をつけください(^^)

レイアウトは、寝る前に先日の記事の脚部分の三角の切り出しのみを行っていて、とても進んでいる状況ではありません。
明日は明日で、せっかくの連休もゴルフコンぺに出なくちゃいけないし・・・(>_<)



この前は、ムーンライト九州の入線でしたが、今回はいつも宅配でお世話になっているヤマト運輸のコンテナが発売されたので、買ってまいりました。

クロネコヤマト (1)


本当はズラッと並べて、レールエキスプレスでも再現出来れば良いんですが、それは資金的に無理(笑)
コンテナは現代の貨物機に牽引させるには必要なものだけど、この購入スパイラルは怖いんですよね。

4両のコンテナ増備だけど、勘弁してもらいましょうか(^-^;
これでも4両並べれば、大したもの。
コンテナを分散して5両・6両にする手も・・・(セコイ)


クロネコヤマト (2)


これは新しいコンテナ(ネコロジー)ですが、ヤマトの前のコンテナも欲しいところです。
あっ、また買う話になっていますね。
怖い、怖い。


クロネコヤマト (3)


日頃、宅配便の皆様にはお世話になっていますので、感謝の気持ちを込めて入線です。

ちなみに私は佐川よりヤマト派です。
家のエリアの配送員の方は、ヤマト運輸の方がすごく良い人なんですよ。
佐川の人ごめんなさいね。
私のエリアは、そうだという事で・・・(^-^;

でも、やっぱり人って大事なんです。

私はお客様にどう思われているんだろう???(笑)

そんな事思いながら、今宵もソーホースブラケットの脚部、三角のスペーサーをギコギコと切り出している私でした(^^)/




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。










[ 2017/10/07 09:00 ] 車両紹介 | TB(0) | コメント(10)

TOMIX 14系200番台「ムーンライト九州」 入線

巷では牽く機関車サイドが人気のようですが、私は「牽かれる方」の増備です(笑)

TOMIXから発売の14系200番台「ムーンライト九州」です。

ムーンライト九州 (1)


入線したのは基本4両セットと増結セットの2両です。
ブックケースに共に納めていますが、元々最大8両編成だったんですね。
増結をもう1セット必要だったみたいです。

でも6両ぐらいでも良いでしょう(^-^;
資金も無いし・・・(笑)


さぁ入線整備です。

基本カプラー交換が主工事です。

今回は節約からマグネ・マティックカプラーNo.1015を付けてみようと思います。

少し線路から高めに付けたいので、ベースのダミーカプラーは取り外して、ジャンパー表現のパーツだけを、ゴム系ボンドで床に直付けします。

ムーンライト九州 (2)

それぞれのパーツを付けるとこんな感じです。
元々の付けるスペースに填まるので、床面が先端までフラットになります。

別付けのジャンパー線も、栓を除いて、成形色を黒くアクリルペンで塗っておきます。


ムーンライト九州 (3)


乾いて固着したところで、センターにピンバイスで0.9mmの穴を開けます。
マグネ・マティックカプラーの付属1mmネジで締めて固定します。


ムーンライト九州 (4)


思惑通り、ピッタリの高さです。


塗っておいたジャンパー線パーツを飛ばさないように・・・

ムーンライト九州 (5)


取付完了!
ふぅー 息を止めての作業です(笑)


ムーンライト九州 (7)

ムーンライト九州 (8)


中間部はいつものKATOカプラーのJP-Aを使っています。


ムーンライト九州 (6)


車体ナンバーは画像では見えませんが、付属インレタをはってあります(^^)/


さぁーこれで牽かせる客車にも、選択肢が増えましたね。
このムーンライト九州は、京都発着していたそうですから、ご当地物がまた確保出来ました。




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。










[ 2017/10/03 10:00 ] 車両紹介 | TB(0) | コメント(10)

TOMIX サロンカーなにわの入線整備

関西で、臨時列車等でも活躍中の「サロンカーなにわ」が、TOMIXで再販された為、入線させました。

サロンカーなにわ (1)


ずいぶん迷ったんです。
この山吹色が、当時あんまり好きじゃなかったんです。

それで今まで買わなかった編成なんです(^^)

でも・・・

サロンカーなにわ (2)


好きだった初期の金色編成は、持っていたんですよ。
これで「サロンカーなにわ」は新旧の2編成体制となりました。

最近の臨時列車で、山吹色も良いかな?と思い始め(心変わり)購入したんですが、金と山吹それぞれ違いがあって、よろしいんじゃないかと(^-^;

サロンカーなにわ (3)

サロンカーなにわ (4)
サロンカーなにわ (5)

再販とは言え、時期が違うので、テール部の電飾の違いがあるぐらいで、基本構造は同じのようです。
ただ塗り分け線は、最新の方が真っすぐで綺麗です。


では早速、連結面のマグネ・マティックカプラー化を行いましょう。

サロンカーなにわ (6)

元々のカプラーポケットは切断して、準備完了。
床下の面と、ボディー最下部(車端・ヘッドマーク直下)との段差が、ノギスで測ると0.5mmありました。
それをプラ板で埋める事にします。


サロンカーなにわ (7)


プラ板は、見える面とサイドを黒マジックで簡単に塗りつぶし、マグネ・マティックカプラーはいつものNo.2004です。
ブレーキホースやジャンパー線は、この前のカニ21などから引っ剥がした物を再利用します。


サロンカーなにわ (8)
サロンカーなにわ (9)

プラ板を車端下部まで被るように床下に接着してるのが、ボディーから外すと分かります。
マグネ・マティックカプラーは、付属の1mmネジでいつものように穴を開けて止めています。
ネジ穴の位置は、床下先端のギリギリぐらいですね。

ジャンパ表現のパーツは、床下先端にゴム系接着剤で付けてあります。
KATOのはジャンパー線が多いので、適当に間引きして着用しました。


サロンカーなにわ (10)


正面からは、こんな感じです。


サロンカーなにわ (11)


旧の金色のサロンカーなにわと連結。
カプラーの高さはOKのようです。


サロンカーなにわ (12)

中間部は、KATOジャンパー線付カプラーNに付け替えました。




これで入線整備は終わりなのですが、旧の金色の「サロンカーなにわ」は、中間部が普通のKATOカプラーNでしたので、これも序に取り替える事に・・・

サロンカーなにわ (13)

しかし・・・

サロンカーなにわ (14)

古い初期ロットなので、中間車両は集電装置無し!
そこで昔の転がらない、TOMIXあかつき編成から外した台車から、集電パーツを強奪。

台車も一新してあげたいけど、勿体ないのでリサイクル。

7両中、5両が旧集電でも、なんとか牽けるでしょう(^-^;


サロンカーなにわ (15)


金色も中間部カプラー交換と集電パーツ組み込み終了。

これからも両編成とも、大事に走らせてあげたいと思います。
室内の電飾などは、まだまだ先になりそうです(笑)




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。










[ 2017/09/08 12:00 ] 車両紹介 | TB(0) | コメント(8)