KATOの4月発売予定品は悩ましい

KATO 代表取締役会⻑ 加藤 祐治氏が、11⽉21⽇にお亡くなりになられたようです。(KATO HPに記載)
この方の功績は、Nゲージ鉄道模型の今日の隆盛を作られたと言っても、過言ではないと思います。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。


2017_4.jpg


4月の新発売は何とも悩ましいコンビが出ています。

まずは24系25形はやぶさ。

2017_4-1.jpg

オハネ25-1000ソロ
カニ24-0 マイクロスカート付
オハネフ25-0

これが新規の目玉のようです。

今は無きブルートレイン。私の憧れの車両であり、唯一東京~博多まで乗った車両。
想い出いっぱいの車両です(^^)


2017_4-2.jpg

こっちはキハ85系

関西に未だ、JR東海より乗り入れしているキハ85。
以前の基本編成のみ所有していますが、増結も欲しかったと思っていた車両です。

フル編成は難しいとしても、考えたい車両です。



はやぶさにひだ・・・目玉2つ、同じ4月は厳しいですね。
どうしようか?悩ましいです。




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。










スポンサーサイト
[ 2016/12/03 09:32 ] 雑記 | TB(0) | コメント(6)

C/Dモジュール 中央駅構内配線の再考 5 ~終了~

ホーム幅の設定ミスから発生した駅構内の図面書き直し作業が終了しました。
過去のを見直したのですが、最初の図面は完成まで17日間を要し、今回は14日間かかりました。
最初の半径を見直すこと、幅が広がった構内に分岐するポイントの位置を決めるのに、苦労しましたね。
書き直しと言っても、一から書くのと変わらないほどでした(笑)


過去に行った、大阪にあるアオバ模型さんのレンタルレイアウトでの、走行風景を引っ張り出してきました。
いつも線と白紙の殺風景な画像が多いので・・・(笑)

DD50-20系

20系を引くDD50です。実際には無かった組み合わせかも知れませんが、模型の世界は何でもアリです。
写真はもうずいぶん前の物です。
DD50はちゃんと動くかな?ちょっと心配になってきました(笑)
年越しになりそうなE10の入線で、旧北陸本線の交直セクションを再現する役者が揃うのが楽しみです(^^♪



では、前回に書き直せなかった残り部分です。

Aブロック本体へと続くEモジュール側の機関区を記入しました。


実寸レイアウター 27-9


手前右に伸びる2本の線は、機関庫を設置します。
現状は手元にあるTOMIXの機関庫に合わせ、37mm間隔としていますが、品番804グリーンマックスの車輛基地設備一式トータルセットがあるので、どっちにしようか迷っています。

yjimage.jpg4904810040125.jpg


TOMIXも全体の感じが良いし、GM製の扉も無い解放感・・・悩みますね(^-^;
両方とも内部の追加工事をすれば、なお良いようになりそうですが、どちらも捨てがたい感じです。
ここはキットを仮組みして、2つを並べて様子を見たいところですね。
GM製を使うなら線路間隔を30mmに縮める事にします。


実寸レイアウター 27-10


ターンテーブル付近です。
KATOのものを使います。前の案より少し角度を振って、自作しなければ入らない扇形庫を入りやすくしたつもりです。
ローカル線のホーム端の機回しスペースは、前回と同じ有効長を確保しています。


実寸レイアウター 27-11


最後に地鉄線の終端駅です。
以前は中央駅に対して並行にしていたのですが、広がり感が出ないので、今回の書き直しに伴い、5度台枠に対して斜めにしました。
わずかな事ですが、見た目上は大きなものがあると思います。
地鉄終端駅2線は相対式ホームなので、今回一連のホーム幅を気にする必要はありません(^^)


さて、これで書き直しは終了しました。

今日からは地面作業に戻れます。
まずは嵩上げ工事が途中になっているので、そこから再開ということになります。




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。










[ 2016/12/02 10:00 ] 考察ごと | TB(0) | コメント(4)

C/Dモジュール 中央駅構内配線の再考 4

ちょっとお疲れモードです。
土曜は記念祝賀会に出席、日曜は雨が降り続く中、お取引先のゴルフコンペに参加。
毎日仕事で残業の中、今週日曜も別のお取引先のゴルフコンペ。
休みが無いぞ~どうしたんだぁ~(叫)
大学アーチェリー部の50周年祝賀会は30年振りの先輩・後輩たちに会えて、非常に懐かしかったのですが、この体の重さを何とかしたいところです(笑)



そんなこんなで、書き直しの進みが更に悪くなっております。
でも手を付けないと、明日の活力も生まれないので、頑張っております。

まずは土曜に祝賀会出席のために、久しぶりに環状線に乗ったので、2枚ほどパチリ。

大阪環状線 (2)

大阪環状線 (1)


もうすぐ103系・201系も新型車両に置き換わります。
このオレンジの車体が見れなくなるのは寂しいですね。323系も帯じゃなく、全体をオレンジ色にすれば良いと思うのだが・・・
下手したらこれで見納めかも知れません。
他にも写真を撮っている方が、チラホラ居られましたね。



そんなこんなで、書き直し作業も進捗が遅いのですが、非常に苦戦していた上下本線のカーブがようやく決まりました。
この位置決めだけで、何回書き直しを行ったか分からないぐらいです(笑)


実寸レイアウター 27-5


半径は以前より5mm増えて、最急R320となりました。
申し訳程度ですが、緩和曲線も入れております。

これが決まると、内側の地鉄線、外側の機関区やターンテーブルの展開が可能となります。
ひと山越えたというところでしょうか?(^-^;


実寸レイアウター 27-6


本線の内側から、ホーム構内と接続できました。

PECOのエレクトロフログのポイントは、大型~小型まで全て分岐角度が10度なので、渡り線の組み合わせも自由(大型と小型・小型と中型など)で、プランを決めていく時に、選択幅があって非常に便利です。
逆に10度と分岐角度が緩やかなので、分岐後のホームへ続くカーブも、自然と緩やかにしないと、不自然になってしまいます。
TOMIXのレイアウターで製作したプランを、PECO使用で落とし込むのに苦慮しましたが、やっぱり採用して良かったと言える要素のひとつです(^^)/


実寸レイアウター 27-7


Eモジュール側も、カーブが決まったことで、上下本線・地鉄線への渡り線・第1本線への連絡線分岐、すべて書き込みが終わりました。
左端に下に重ねている旧図が見えますが、連絡線の有効長が少し短くなったのが分かると思います。
しかし僅かで抑えられています。


実寸レイアウター 27-8


構内の上下本線のすべてが、繫がりました。
一番外側に存在するターンテーブルや、Eモジュールの機関区への入出庫線も、これで書き込んで行けるようになります。

今週中にはこれらを書き込みたいと思います。
この作業からの脱出も、ちょっと見えてきました。
あー、早く地面作業に戻りた~い(叫)




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。









[ 2016/11/29 10:00 ] 考察ごと | TB(0) | コメント(10)

ちょこっとコンテナ貨車の増備

最近入線も乏しい我が車両区ですが、久しぶりのプチ入線です。

コキ増備1

コキ増備


TOMIXから発売された、コキ106とコキ50000(テールランプ付)です。
それも1両ずつ(笑)
節約、節約です!

日本海側へ向かう貨物列車を京都駅構内で見かけると、テールランプを装備しているんですね。
あの赤い灯りが、昔の車掌車を連結した貨物列車を彷彿させます。

コキ104の灯火付きは在籍しているんですが、見かける多くはコキ50000。
そこで今回の増備となりました。コキ106はバリエーション増備で・・・(笑)
コキはキリがありませんので(^-^;


コキ増備2

コキ増備3


良い感じですねー(^^)/
ちょっと無理して買って良かったなぁ。

早くまともに線路をひいた所に置いてやりたいものです(汗)
カプラーもマグネ・マティックカプラーに交換しないといけませんが、これは他のコキにも言えるので(サボり)、ちょっと落ち着いてから、作業しましょう~(笑)


さてさて、図面の書き直しですが、DとEモジュールの方に移っています。

実寸レイアウター 27-3


これでEモジュール側の下書きを終えて、カーブをDモジュールへ延長して・・・
はい!気付きました。


このまま行ったら、ターンテーブル入りません(+_+)
やり直しです。

前の作業を過去ブログで確認しながら、同じ順序で進めていたんですが、新たな欲が出ているのと、3WAYポイントが無くなった事が響いていてダメでした。


そこで、過去の図面をトレースして、重要な地点をマーキングして、それを大きく逸脱しない形で、Dモジュールの構内ポイントの方から書いていく方法に改めました。


実寸レイアウター 27-4


下書きが消しやすいように、まだ鉛筆書きなので見にくいとは思いますが、なんとなく収まる感じで、再々度の書き直しが進行中です。
Eモジュール側は一度消して、Dモジュール側のつながりで検討していくことにします。


今夜は大阪で、大学時代に在籍した体育会アーチェリー部の創部50周年祝賀会に出たりしますので、作業は日曜夜までお預けです。
同期に会うのも10年振り、先輩たちとは卒業以来の約30年振りぐらい(OB会行って無いので)。
どんなことになるのやら・・・それよりもお互いに誰か分かるのか?(笑)




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。









[ 2016/11/26 21:51 ] 車両紹介 | TB(0) | コメント(10)

京都 大原 三千院へ紅葉狩りに

昨日は寒かったですねー(+_+)
そんな中、家族でお出かけです。

まずは、浜大津の明日都で開かれていたふれあい市民活動のイベントへ・・・
お目当ては一つだけ。JAFがやっているキッズ免許書作り。
かなり長い時間待ちましたが、無事にゲット出来て息子は喜んでました。写真と名前を入れて、なかなか本格的な免許書でした(^^)/


紅葉狩りの行先は京都大原。
浜大津から堅田へ湖西沿いに向かい、途中峠を抜けていきました。
堅田付近では渋滞にあいましたが、それ以外はスムースに到着できました。


はじめは、滋賀東近江の永源寺へ出かけようという案もあったんですが、混雑で行く途中や周辺で、大渋滞にあいそうなので、それを回避。
京都大原の三千院に行くことにしました。


三千院 (1)


もう落ち葉始めという事で、きれいな紅葉は終わってましたね(笑)
とにかく寒かったー
気温は6度でした(^-^;


三千院 (2)


「あっ、あそこ少し残っていて、きれいだよー」と嫁さんが言った方を見ると、わずかに綺麗な紅葉が少し・・・(^-^;
やはり大原は、他よりも寒いので、紅葉の見頃は早いようですね。


三千院 (3)

三千院 (4)


最後に「わらべ地蔵」さんです。

なんとも穏やかな顔をなさっているので、気持ちが少しほっこりしました(^^)



家に帰ってから、少しだけ手直しを・・・

実寸レイアウター 26-5


ジュンパパさんより、カーブ途中でのポイントを改良した方が・・・とご助言をいただいたので、カーブポイントを引っ張りだしてきて検討しました。

実寸レイアウター 26-6


前はスペースの関係で、小型ポイントをかましていたのですが、カーブポイントでも上手く填まりました。
カーブポイントは、大きさが中型ポイントに近いことで回避していましたが、カーブ始まりの地点や半径を調整することにより、スムースな線形へと改良できました。

Cモジュールの図面の書き直しは、これで完了とします。
ホーム有効長はほとんど変わらない感じ、やや長くなったというところです。
カーブ半径は、見えない部分を以前より少しきつめにして、逆に見える部分を緩和しました。
これで書き直しのメリットが出たと納得したいと思います。




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。









[ 2016/11/24 10:00 ] 旅行・お出かけ | TB(0) | コメント(12)