明日から9月となりますね。
まだまだ暑い日が続きそうですが、少し朝晩は涼しげな感じもしてきました。

この間の構内信号の基板整理を続けています。

リレー配電基板 Eモジュール1


この辺りはスリップが入ってくるので、自分でも冷静に考えないと分からなくなります。
前回のフローチャートでは間違っていた部分もありました。
そんなのを修正しながら、整理をしています。


リレー配電基板 Eモジュール


これと並行して、地下ヤードの敷設工事は今後も続けて行きます。

合わせて、ぼち吉鉄道さんより、コントロール部の事も考えておいた方が、ケーブル接続本数とかで良いと頂いたので、それも考えて行こうと思います。
そのコントロール部でちょいと今後考えたいことがあります。

ちょうどスリップが出ています。
この部分はシングルスリップですが、2つのポイントマシンを動かす組合せで、進路を決定することが出来ます。
シングルスリップでは3パターン(4つの内の1パターンは使わないだけ)、ダブルスリップなら4パターンです。


シングルスリップとダブルスリップは、出来ればロータリースイッチで切り替えたいな~と漠然と考えていました。
先程のとおり、シングルスリップで3切替、ダブルスリップで4切替という風に・・・
要は開通方向で、切り替えをスリップの2つのマシンは連動させられないか?という事です。
組合せを覚えるより、開通方向図でここは行きたいと願ってました。


リレー配電基板 Eモジュール1-1


この切替の組み合わせで、ちょうど今のリレーの切り替え向きと絡んできます。
その中で浮かんできたことです。

上下本線は基本進行方向が決まっているので、上の画像右手の中央駅を出てきた列車は外回り線を走ってきて、シングルスリップを通って連絡線へ行きます。
逆に連絡線から帰ってきた列車は、シングルスリップをクロスに通り、T48の分岐で内回り本線に合流して、右手の中央駅へと向かいます。

ポイントの絵で再確認します。

(1)
SS-1
(2)
SS-3
(3)
SS-2


例えば(1)のパターンなら、内回り本線の分岐48も一緒に3つを同時に切り替える事が出来ると思いました。

それと第1本線と第2本線を結ぶ、連絡線のフィーダーに関して・・・

(1)と(3)が連絡線と絡む切替です。
この2つはそれぞれ進路が決まっています。

まずはダブルスリップフィーダーと、連絡線内のフィーダーは完全に同じフィーダー元としてしまいます。

そのうえで、(1)なら連絡線のフィーダーは、内回り本線のフィーダーと共に同調させ、(3)は外回り本線のフィーダーと同調することになれば、連絡線はポイント切り替えだけで、それぞれの入出のフィーダー切り替えが出来、進行方向も合わせて切り替える必要が無いんじゃないかと・・・

ポイントを切り替えれば、進行方向もフィーダーの切り替えも同時に出来れば運転が楽になるんじゃないかな?

今は思い付き状態なので、コントロールパネル側の検討をする時に、もうちょっと詳しく考えてみます。




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ







スポンサーサイト
盆休み中はどこも遠征はしなかったのですが、そのお盆の時に片山津温泉のお宿が取れたので行ってまいりました。

去年、恐竜博物館に日帰りで行こうとしたのですが、渋滞で断念したので1年振りのリベンジです。
あいにく台風10号の影響で、雨模様の予報でしたが、何とか雨に打たれることなく楽しんできました。

恐竜博物館1-1


正面はこんな感じなんですが、建物全体は銀色のたまご型です。
受付を通ると、ここは3階で、中央にある長いエスカレータで1階まで一気に降りて行き、トンネルを抜けると・・・

恐竜博物館2-1


これ!動いてます。
怖がる子供らは絶叫で泣いていたりします(笑)
確かにリアルでデカい。
うちの子はビビるかと思いきや、前でにっこりピースサイン!(^^♪


恐竜博物館3


これはT-REX、ティラノサウルスです(^^)
デカいので撮影もしにくい。

恐竜博物館4

首が痛くなるほど、真上を見ないと・・・(^-^;


恐竜博物館5


たまご型のドームを上手く区切っているので、薄暗い一角では、このように食べてる風景を・・・
これも動いております。


恐竜博物館7


外周の2階へ上がるスロープ上から一枚。
明かりも幻想的です。

恐竜の種類までは、子供もまだ詳しくないので、どうだろうと心配してましたが、結構楽しんでくれたようです。
一番楽しんだのは私かも・・・(笑)


この博物館を出た後、片山津温泉へと向かったのですが、途中ちょっと寄り道。

平松牧場1


温泉へ向かう途中に見つけたので、ここでソフトクリームとジェラートをいただきました。

ちょっと早めに着いた片山津温泉のお宿では、ホテルの庭にあったプールで水着に着替え、子供と2時間ほど遊びました。
曇り空だったので、水が少し冷たかったです。


次の日は、朝から好天。
関西は雨だというので、2日目もラッキーです。

温泉街から15分ほどで小松空港があるのですが、自衛隊の基地も併設なので、自衛隊機ばかり離陸していきます。
迫力ありますね(^^♪

そんな小松空港の横にある航空プラザに寄ってから帰ることにしました。

航空プラザ1


空港入口の向かいぐらいの位置です。

表に海上自衛隊のヘリがあって、中に入れるんです。

航空プラザ2


ヘリをこんなに間近に見る事もないので、ちょい興奮です。
子供も普段レゴなどで作っていても、実物は初めて。

航空プラザ3


操縦席も座れるので、私も座らせてもらいました(^^♪

外からの大きさに比べると、至ってコンパクト。
でも、ものすごい数の計器。

建物内にも古い戦闘機やブルーインパルス機があって、無料施設の割に見ごたえがありました。
管制官シュミレータは2回ほど、子供と一緒にやりました。
はい、一回目は見事に離着陸の順番を間違え衝突、ゲームオーバー(笑)
という訳で2回です。

YS-11の本格的操縦シュミレータもあったのですが、受付にて申し込み制で、午前中の受付時間が終わっていたので残念ながら出来ませんでした。
また北陸に来た時に寄ってもいいですね。


帰路は福井県に入ると雨になりました。
滋賀県に入るころには大雨に・・・

遊んでいる間だけ雨が降らずに済んだので、日ごろの行いの良さか(笑)
相変わらずの鉄分無しですが、久しぶりの楽しい家族旅行でした。




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ







先日来、地下ヤードの線路敷設を始めてましたが、配線コードの色分けをいたしました。

配線


コードの調達の関連もあり、色使いはこのように取り決めました。

ポイントマシン周辺は、こんな感じです。
PL-13を使う方は、周りはコンデンサのみ。
コンデンサは、PL-13を使わない場所においては1個になりますので、いちいち基盤というのもコスト高です。
そこでPL-13の時は、トータンさんの冷や水鉄道のように、紙筒を作ってそこにコンデンサを収める方法で、配線線は直接ハンダ付けしたいと思います。

フィーダー線は、青・白。
ポイントマシン関連は、緑・赤・黒。
リレーへの駆動配線、青。
信号電源線は、赤・黒。
リレーへの配線、定位は緑・反位は黄。

同じ色も含めて各線には、タグを付けてどの場所かを明記します。


構内信号切替のリレーは、基盤にまとめたいと思うのですが、いきなりは無理っぽい(^-^;
そんなわけで、Cモジュール側だけでも基盤内はどうなるかを図にしようと・・・


まずは、Cモジュール内のポイント事情。
地下ヤードは、構内信号を設けていないので割愛します。


リレー配電基板 Cモジュール1


上の図は、各マシンに付く番号です。
番号の頭、Rはリレー、TはPL-13を使うという印です。
数字の後のa・bは、2個同時切替の場所となります。


前に皆様方に手伝っていただきながら、完成したリレーの図を置きなおしてみました。
それが以下の図です。

※8/31付にて画像を各番号を記入したものに差し替えました

リレー配電基板 Cモジュール


フゥー、これ書くの大変だった(汗)

途中でまた意味分からなくなったり・・・(笑)
とりあえず、間違って無さそうなので、これを元に基盤を作れば、良いかな~って(^-^;

ユニバーサル基盤も大きさがあるみたいなので、まずはリレーをまとめる大きさが全部分からないとダメですね。
線路敷設の合間に、ほかのリレー集中させる図を書くことにします。




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ







現在、線路の電気配線のコードを入手中ですので、それが到着するまで少し線路敷設作業は中断です。


そこで少し今後必要なものについて、ちょいと試作をしてみました(^^)/

線路廻りの密度を上げるのに色々ありますが、ポイント周辺について言えば、ポイントモーターが大きな小物になります。
TOMIX製のポイントには、ダミーのポイントモーターが添付されていて非常に好感が持てます。


ポイントモーター (2)
ポイントモーター (TOMIX)


しかし、TOMIXのポイントを買わないと、別売パーツとしての販売はされていませんので手に入りません。

PECOのポイントをイギリスのHattonsさんから購入するときに、同じPECO製のダミーポイントモーター(SL-347)という商品を見つけたので、以前よりポイントやフレキシブルレールと一緒に買っていました。

ポイントモーター (1)

£2で6個入りです。
到着してから開封してなかったので、形状については最近確認しました。

日本のポイントモーターとは少々形が違うようです。

ポイントモーター実物 (1)



TOMIXのとPECOの製品を並べて比較してみました。

ポイントモーター (3)-1


日本の形は少しトンボみたいな形(^-^;
TOMIXは、スライドロッドが出る部分はカバー?と言っていいのか、その部分の長さが違いますが、PECOの場合は同じ長さです。

また日本の物は丸い突起が(写真下側)ついてますが、PECOではボックス自体が長くて丸い円柱型の物はありません。

この辺りを切って・付けてをすれば近づかないか?と思いました。

イメージ的にはこんな感じ・・・

ポイントモーター (3)-2


少しは日本的になって使えそうな形態になりそうです(笑)


ポイントモーター (4)
ポイントモーター (5)


PECOのダミーポイントモーターは、形こそ日本型ではありませんが、スライドの部分がちゃんと空洞のコ形になっていてカッコいいです。


ポイントモーター (6)

付け足さないといけない部分の大きさを計測しました。


エバーグリーン (1)


部材を調達して、試作品の製作をします。

ポイントモーター (7)


予めプラ材を必要な寸法に切り、PECOの詰める部分、切り離して継ぎ足す部分をカットしました。
製作イメージの図のとおり、まず本体のカバーの長い部分をカットして取り除いて詰めました。

スライドロッド部のカバーを伸ばすのは、せっかく空洞を表現してあるので、切った部分の間にプラ材を足してみました。

ポイントモーター (9)


ロッドと信号ケーブルは、まだ付けていませんが、それを付ければほぼ近い姿をしているように見えます。

ポイントモーター実物 (2)


細かいところは色々違いますが、無いよりある方がグッと良くなるポイントモーター。


ポイントモーター (8)


部材を切り出しておけば、タミヤセメントで接着するだけ。
昨日は初めてでも10分程の作業です。
慣れればもっと短い時間で出来るでしょう。

ただ、私のレイアウトはポイント数が多いので、たくさん作らないとダメですが・・・(^-^;

お気軽な感じで、良い効果を得られると判断したので、空いてる時間で量産したいと思います。
色も黒で塗れば、なお良い感じだと思います。
線路のそばに設置するときに、またお披露目します。




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ







オリンピックも終わりですね。
開会前は色々と危ぶまれる報道もありましたが、終わってみれば非常に盛り上がった大会ではなかったでしょうか。
オリンピック視聴も終わりましたので、そろそろレイアウト製作に集中していきたいと思います。

この日曜日は、修正と次の為の準備を行いました。


まずは修正。

洗浄線にする1線にコルクシートを貼ってしまったので、ここを洗浄線らしく真ん中に排水の溝を表現します。

本来ならプラ板でベースを作り、そこに枕木が乗る部分のみプラ棒で作ったりして溝を表現するんでしょうが、ここは全くイレギュラー的作り方になります。

地下ヤード (35)


まずはコルクシートのレール中心線に対し、片側2.5mmの5mm幅の切込みを入れて、マイナスの精密ドライバーで掘りながら、溝のスペースを作りました。

地下ヤード (36)


そこに0.3mmのプラ板を5mm幅に切り出して埋め込みました。
段差が大きめかも知れませんが、地下で暗い分においては、このくらいが良いと判断しました。


地下ヤード (37)


見え方としてはこんな感じです。
線路は仮置きですが、線路間の枕木をカットして設置する予定になります。
ベースは先にグレー系に塗っておいた方が良いですね。



修正の次は、ヤード侵入口のカーブの線路敷設です。


地下ヤード (38)


ゴム系ボンドで設置しました。
考えればここがR300mm、レイアウトの最小半径です。
この部分を敷設したのは、ポイントの固定位置を決めないと、ストロークの短いPL-13の切り替えが出来る位置にPL-12が設置できないからです。
テストはコンデンサの容量が直付けと変わるかどうかだけですので、それよりも設置位置の方が重要でした(PL-13を付ける為)


ここでベニヤとの反響音ですが、ちょっと気になりますね(笑)
ぼち吉鉄道さんからのご指摘どおりでした。
でもどうしようもないので、諦めて先に進める事にします(^-^;
ベースのベニヤだけに、今後スタイロなどを乗せて行けば、今の反響音が若干でも収まれば良いです。


次は配線の作業です。


地下ヤード (39)


各ポイントの裏側にフィーダー補助線をハンダ付けしました。
PECOエレクトロフログは、ポイント裏に接点の接続線があるので、そこにくっ付ける様にハンダしました。

この赤線に、PL-13またはリレーを通じて、+-のどちらかが給電されることになり、切り替えの集電不良を防ぐ役目をしてくれます。


地下ヤード (40)
地下ヤード (41)


ポイントの仮置き状態です。
カーブ部のレールが固着出来たら、PL-12の設置位置を決めて行く作業に移行出来ます。

カーブ部のフィーダー線の逃げる穴を開けるのを忘れてますね(^-^;
次の作業の前に、忘れずに開けておくことにします。

今週末は家族旅行ですから、平日の夜にどれだけ進められるかな?




ポチっと押していただくと嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ